スポンサーリンク

楽しいセカンドライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS 葬儀

<<   作成日時 : 2018/09/28 16:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年末に父親が亡くなり、母親が以前から共済会に加入していた葬儀業者に葬儀を依頼しました。病院から紹介業者にお任せした場合、高額になる傾向があるようです。

自宅で葬儀の打ち合わせとなり、名目上は母親が喪主ですが、葬儀や法事は父親が仕切っていたので、初めてながら長男の私が事実上の喪主になりました。

基本的には葬儀業者が進めてくれるのですが、打ち合わせの場で相談しながら色々と決める事があり、意見の食い違いなどは殆どなくスムーズに進められました。

30人程度は入れる会場で親族までの家族葬でしたが、食事代等別にして100万円程度掛かりました。その他、僧侶へのお布施、戒名等で80万円程度、食事・飲み物代で20万円程度、総額200万円程になりました。

後で知ったことですが、これらの葬儀費用は相続税の控除対象ですが、初七日以降の法事費用や、お墓に関する費用も控除対象外です。

家族葬でしたが、後日、父親が呼んで欲しい人の連絡先メモが見つかり、年末でしたので、喪中はがきで連絡先の方々にお知らせしました。これが唯一の心残りです。

昭和1桁生まれの厳しい父親でしたが、長い間お世話になり、その存在は大きかったです。合掌

本位牌と香典返し


一般的に49日法要には本位牌が必要ですが、浄土真宗の場合は過去帳が基本で、位牌は「繰り出し位牌」という札が10枚程度入る位牌に戒名、没年齢と年月日、裏面に生前の名前を書いて位牌の一番前に入れるのが一般的のようです。既に札が一杯の状態でしたので、新しく本位牌を手配しました。

また、家族葬でしたので、お香典は多くはありませんでしたが、親戚の他、ご会葬いただいた方や、供花や弔電をいただいた方々をリストに整理して、香典返しの品を選んで、葬儀会社へ依頼しました。

遺品整理


法要後、家の中の父親の遺品整理をして、思い切って処分しました。トラック1台程度のゴミ処理となり、業者に頼みましたが、曖昧な見積もりで何度か交渉して最初の言い値の半分になりました。

それでも、分別し直し、家電品のリサイクル料金等を合わせて10万円です。2人で5時間程度、1万円/時間の計算になります。トラック利用料やリサイクル量を差し引いても作業内容に見合わない金額です。

メリットは手間と短期間で処分できることだけなので、個人で時間をかけて処分したほうがよいですね。高齢の方の生前遺品整理などのTV番組を観ましたが、明瞭な見積もりでやっているのか大変疑問です。

<関連記事リンク>
墓所移転
遺産分割
相続税申告

テーマ

関連テーマ 一覧

スポンサーリンク

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スポンサーリンク
スポンサーリンク
葬儀 楽しいセカンドライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる