PGA CHAMPIONSHIP開催コースラウンド

2018年 PGA CHAMPIONSHIP(第86回 日本プロゴルフ選手権大会)開催コースの房総カントリークラブ房総ゴルフ場をラウンドしてきました。50代の谷口徹プロが優勝し、年齢の近いプロが頑張っているのを見て、元気付けられたことを思い出します。

天気予報が雨予報だったのですが、晴れ間も見える絶好のゴルフ日和でした。8時前のスタートで5時起きでしたが、渋滞も無く途中のSAでゆっくり休憩して余裕でゴルフ場に付く予定でしたが、IC降りてから結構距離があり、スタート30分前の到着でした。

トーナメントは東コースで開催したようですが、ラウンドしたのは西コースです。距離が長めで適度な高低差があり、フェアウエーも平坦な所が殆どなく、砲台グリーンが多く手ごわいコースでした。

東コースは更に距離が長くなり(7.3Km以上)コースレートも74.2と西コースより3も多くなっていますので、かなり難しいチャンピオンコースのようです。いつかチャレンジしてみたいものです。

バンカーの状態もよ良く、何度か入れましたが、砂が適度にあるので一度もミスすることなく、リカバリーできました。50Y位のバンカーショットがピン傍30cmに付きOKパーもありました。まぐれですが、こういったラッキーがあるとリズムが良くなります。

グリーンはそれ程早くなかったですが、OBを打つと前進4打が無く、打ち直しになります。前半(IN)ショットが暴れて叩きましたが、後半(OUT)42の好スコアでした。前半スコアは秘密です。

昼食付きプランでしたが、珍しくメニュー全て差額なしだったので、ステーキ丼を頂きました。美味しかった。後半にスコア改善したのは焼肉パワーかも知れません。

アクアラインと直結している県央道の市原鶴舞ICから約15Kmと若干遠目ですが、スタッフの方々も活気があり、またランドしたいと思うゴルフ場でした。

唯一残念なのは、隣のコースから打ち込んできたプレーヤーが、声も掛けずに目の前で、先に打とうとしました。注意をして、こちらのプレー後に打っていましたが、終始無言でなんとも無礼な輩です。こういったマナー違反があると気分的にも良くなく、気を付けたいものです。

<関連記事リンク>
ホームコースとゴルフスイング
クラブセッティング(ウッド編)
クラブセッティング(アイアン編)

画像


展示していた、PGA CHAMPIONSHIPのブースです。米国PGAのCHAMPIONSHIPと紛らわしいですが「日本プロゴルフ選手権大会」ですね。

画像


クラブハウス前にも大きな看板でトーナメント開催コースであることをアピールしていました。

スポンサーリンク



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック