純水(軟水)洗車

別記事で導入した軟水器を使って洗車してみました。推奨流量が25L/Hと少量なので、散水器と細めのホースを用意して水洗い洗車をしてみました。

5Lの散水器は約2千円の手動式のもので、水圧があまり強くないですが水洗いでボデーに付着した砂や黄砂を洗い流す程度であれば問題なさそうです。噴水口の先端に角度が付いているので、ルーフや下回への散水も使い易いです。

5Lで十分車一台の水洗いが可能で、節水にもなるのと水道が近くにない場合はとても便利なものだと思います。アウトドアや断水時のシャワー代わりや除草剤の散布、エアコンの掃除などにも使用可能なので洗車以外にの色々と使えそうなのも購入した理由です。

細めのホースの方ですが、ホースヘッド流量調整可能なものに変えれば流量を抑えて使用可能で、散水器の給水・加圧の手間もかからないので、通常の水洗いはこちらを使用することになりそうです。

純水(軟水)であっても拭き上げはするので洗車の手間は変わらないですが、ウオータースポットの防止の他、節水の副次効果も期待できそうです。


散水器





散水器の開封・組立から使用テストの動画です。思ったより水圧もあり、水洗いには十分使えそうです。5Lの満水時でも片手で楽に持ち運べる大きさで肩に掛けるベルトも付いています

ホース





動画の最初は、軟水器のニップルのネジ部分からの水漏れ防止のため、応急処置としてエアツール用のネジテープをニップルのネジ部分に巻き付けてみました。ほぼ水漏れしなくなりましたが、まだ少し漏れているので、他にベターな方法があれば対策する予定です。


水道水と純水(軟水)を同時に利用可能とするため、細めのホースを購入しました。付属のホースヘッドは流量調整ができないので、手持ちのものに交換して使用することにしました。巻取りリールは付いていないのですが、吊り下げ用のフックが付いているので使い勝手は良さそうです。

分水器(ご参考)





シャンプー洗車の場合は、水道水で下回りやボデーの砂などを洗い流した後、シャンプー作りから濯ぎまでを軟水で行うことにしたので、水道の蛇口に2分水器を付けて水道水と軟水への切替が簡単にできるようにしました。

2分水のそれぞれに付いているコックを使って切替ることも可能ですが、通常はホースヘッドのレバーで流水・止水ができるので、このコックは流水側に固定して使用することになりそうです。

関連記事


洗車用の簡易純水(軟水)器を導入してみた
洗車と簡易コーティング

スポンサーリンク







セフティー3 散水ノズル 前レバー 7パターン SSN-2
セフティー3(SAFETY-3)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



タカギ(takagi) 三方コネクターコック付(FJ) G099FJ
タカギ(Takagi)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック