VWポロ(6R)の後付けフォグランプ取付け

嫁のVWポロ(6R)はフォグライト非装着車だったので、後付けフォグライトを取付ました。後付けと言っても純正オプションの位置に装着するもので、フロント回りのアクセントにもなるものです。ついでにナンバープレート後ろのセンターグリルもクロームラインの入ったものに交換して、フロントの印象が大分変りました。

3年程前に装着した時は、パネル、フォグライトユニット、リレー、純正のフォグライト対応スイッチ等がセットになったものが販売されていたのですが、記事作成時点で見当たらなかったので類似のものを、ご参考までにスポンサーリンクに貼っておきます。

バルブは悪天候時の視認性の良い黄色いハロゲンバルブに交換しています。通常走行時に光軸の合っていないフォグライトを点灯するのは対向車や歩行者に迷惑になり、場合によっては眩しさで事故を誘発しかねないので止めましょう。

注意事項


・オリジナルの状態に変更を加えるので、ディラーの保証が受けられなくなる可能性があります。
・また、誤配線などで車両に異常が発生する可能性も有りますので、あくまで自己責任です。
・当方、趣味の範囲で行っており、手順上の誤りもある可能性があり、サポートなども一切出来ませんのでご了承下さい。


フォグライトユニット取付け





・内張外しでバンパー下のパネルを外します。センターグリルとの境目当たりから浮かせると外し易いです。
・フォグライトユニットにバルブを取付けたものを車体側の配線に接続します。
※動画では省略していますが、事前にバッテリにリレーを接続して、コネクターをフォグライトの後ろに引き回しておきます。
・上側の爪2か所を車体側に合わせてフォグライトユニットを押し込んで、ユニット下側をネジ2か所で固定します。

配線





・リレーのスイッチ配線を運転席側のダッシュボードまで引き込みます。ボンネットからサイドミラーカバーの下を通す方法が簡単です。
・動画では省略していますが、ライトスイッチを押しながら回して取外し、コネクターをフォグライト対応のスイッチに付け直して元に戻します。
・コネクターのフロントフォグライトの配線(確か9番ピンです)にリレースイッチ配線を接続して、スイッチユニットに取付ます。
・スイッチはスモールライトの位置で1回手前に引くとフロントフォグ点灯で、ロービーム点灯位置でもう一度手前に引くとリアフォグ点灯です。

カーボンシート補修





パネルに貼ったカーボンシートが所々浮いてしまっていたので、補修しています。あまり目立たない位置なので、パッチで補修しました。ヒートガンがで熱を加えるとシートが伸縮するので貼り易いです。


点灯確認





取付けたフォグライトの点灯確認です。濃いめのハッキリした黄色で悪天候時の他車への自車位置アピールと視界確保に役に立ちます。

関連記事


VWポロ(6R)のHIDヘッドライトユニット換装
VWポロ(6R)のバックランプLED2灯化
後付けパドルシフト

VWポロ(6R)のHIDヘッドライトユニット換装

嫁のVWポロ(6R)のヘッドライトはハロゲンのものだったので、照度不足で夜間走行時の視界が悪く、GTI他のHIDヘッドライトユニットに換装しました。

HIDヘッドライトユニットとバラストはヤフオクで入手しました。スモールランプがLED(通称:つぶつぶ)になっており、見た目も大変気に入っています。ウインカーもついでにLEDに変更しています。

ハロゲンユニット装着車とコネクター形状が異なるので、ヤフオクで入手した変換コネクターを利用しています。「VW バイキセノン化用ハーネス Golf6 Kufatec相当品」というタイトルで記事作成時点で出品されています。

使用しているHIDバナーは、白すぎない欧州車で純正採用されている信頼性の高いフィリップスの5000Kのもです。青み掛かった白すぎるHIDは夜間の視認性が落ちるので6000Kまでのものを使用しています。

HIDヘッドライトユニットに換装後は、とても明るくなり夜間走行が楽しくなるほど、まったく問題なくなりました。
ついでにLEDスモールライトをデイライトとして点灯できるように、車内にON/OFFも可能な照度調整スイッチを追加して配線してあります。

デメリットは、光軸の車内調整が効かなくなることですが、通常の光軸調整で対向車に迷惑を掛けることはないので、使用上の問題ないはないです。また、コーナライトはピンアイン(配線)が分からなかったので、ハイビーム時に点灯するように変更しています。

注意事項


・オリジナルの状態に変更を加えるので、ディラーの保証が受けられなくなる可能性があります。
・また、誤配線などで車両に異常が発生する可能性も有りますので、あくまで自己責任です。
・当方、趣味の範囲で行っており、手順上の誤りもある可能性があり、サポートなども一切出来ませんのでご了承下さい。


ヘッドライトユニット取外しと配線





・ボンネットを開けて、ヘッドライトユニット上部のネジ2本を外します。
・ヘッドライトを前方に引き抜きます。ユニット下に爪があり破損しないように注意します。
・コネクターを外します。動画では省略していますが、変換コネクターを車体側に取付けます。
変換コネクターは、ゴルフ6用のものためか、そのままでは点灯しないので、ピンアサインを調べて配線変更しています。
※バラストへの電圧変動防止のため、配線に電源安定用リレーハーネスとキャバシターを追加しています。
※ウインカーをLEDに変更する場合はハイフラ防止用の抵抗を追加します。
※スモールライトのデイライト用配線を追加する場合は、整流ダイオードを配線に追加しないとテールランプも点灯します。

ヘッドライトユニット取付け





・HIDバラスト、バナー、ウインカーバルブ、ハイビームバルブをヘッドライトユニットに取付けます。
※ハイビーム用バルブは、HIDにすると反応速度が遅いので、HIDの色に近いハロゲンを使用しています。
HIDバナーはユニット取付時に押しながら回して固定します。固定不十分だと光軸が出ないので注意します。
・あとは取外しと逆の手順で車体にヘッドライトユニットを取付けます。
※ヘッドライトユニット上部のネジの長さがハロゲンユニットのものと異なるので、長いものに変更しています。

点灯確認





スモールライト、ヘッドライト、ハイビーム、ウインカー全て点灯OKです。
交換後は必ず光軸調整します。

関連記事


VWポロ(6R)のバックランプLED2灯化
後付けパドルシフト

スポンサーリンク










IPF ハロゲン SUPER J BEAM XENON WHITE 4800K H1 XE15
IPF
2012-10-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト









エーモン LED調光ユニット 10段階調光+OFF 2857
エーモン(amon)
2017-04-10

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



エーモン 整流ダイオード 6A 2個入 1556
エーモン(amon)
2012-05-09

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


VWポロ(6R)のバックランプLED2灯化

嫁のVWポロ(6R)のバックアップは左テールユニットのみの片側点灯です。照度不足のため、夜間バックでの車庫入れ時の明るさ確保のためLEDで2灯化しました。

右テールユニットはテールフォグが入っており、この部分の赤色のプラスチックの反射板をニッパー等で割って取り除き、バックフォグはユニットに穴あけして、ネジ止め式のLEDに変更しています。かなり加工するので、中古のユニットを入手しました。

ついでにウインカーもLED化しているので、ハイフラッシャー防止の抵抗をテールユニット内に納めてあります。

LED2点化でかなり明るくなり、夜間の車庫入れが大変しやすくなりました。ウインカーのLEDは昼間の視認性が落ちないよう明るめのものを入れています。

注意事項


・オリジナルの状態に変更を加えるので、ディラーの保証が受けられなくなる可能性があります。
・また、誤配線などで車両に異常が発生する可能性も有りますので、あくまで自己責任です。
・当方、趣味の範囲で行っており、手順上の誤りもある可能性があり、サポートなども一切出来ませんのでご了承下さい。


左テールユニット取外し





トランクルームの右側内装の点検穴を開けて、バネのついた白いプラスチックの蝶ネジを外します。
後はユニットを後方に引き抜くだけですが、コネクターの配線があるので勢いよく引き抜かないよう注意します。
動画では省略していますが、コネクターの上下の爪を外しながらユニットから外します。

ユニット分解・配線





テールライトユニットを取外したら、裏側の白いカバーを4か所の爪を折らないように外します。
白いカバーを裏返して動画の左下のリヤフォグランプをLEDのバックランプに入替えます。後は基板の配線にジャンパー線をハンダ付けして、バックフォグのネジ式LEDの配線にもハンダ付けしておきます。

右下がウインカーバルブなので、これもLEDに入替えます。ウインカーのプラスとマイナスの基板にハイフラッシャー防止の抵抗をハンダ付けして、抵抗をユニット内に耐熱両面テープで固定します。抵抗はかなり熱を持つので注意が必要です。

照度不足で動画が不鮮明ですが、左側テールライトユニットのバックランプの配線からを右側のコネクターの下から2番目に配線して接続します。

使用したLEDは、かなり前の物ですので、ご参考までに、類似の物をスポンサーリンクに貼っておきます。バックフォグ用のネジ式LEDは、もう少し照度のあるものの方が良いと思います。

点灯確認





右テールユニットを元に戻して点灯確認してます。一応全てのランプが点灯するか確認しています。
ブレーキランプ、テールランプ、バックフォグ、ウインカー、バックランプ全て点灯OKです。
バックランプはかなり明るくなり、夜間の車庫入れ時の視界確保に強い味方になります。
ウインカーも点滅のキレが良くなり、視認性が良くなります。

関連記事


後付けパドルシフト

スポンサーリンク














純水(軟水)洗車

別記事で導入した軟水器を使って洗車してみました。推奨流量が25L/Hと少量なので、散水器と細めのホースを用意して水洗い洗車をしてみました。

5Lの散水器は約2千円の手動式のもので、水圧があまり強くないですが水洗いでボデーに付着した砂や黄砂を洗い流す程度であれば問題なさそうです。噴水口の先端に角度が付いているので、ルーフや下回への散水も使い易いです。

5Lで十分車一台の水洗いが可能で、節水にもなるのと水道が近くにない場合はとても便利なものだと思います。アウトドアや断水時のシャワー代わりや除草剤の散布、エアコンの掃除などにも使用可能なので洗車以外にの色々と使えそうなのも購入した理由です。

細めのホースの方ですが、ホースヘッド流量調整可能なものに変えれば流量を抑えて使用可能で、散水器の給水・加圧の手間もかからないので、通常の水洗いはこちらを使用することになりそうです。

純水(軟水)であっても拭き上げはするので洗車の手間は変わらないですが、ウオータースポットの防止の他、節水の副次効果も期待できそうです。


散水器





散水器の開封・組立から使用テストの動画です。思ったより水圧もあり、水洗いには十分使えそうです。5Lの満水時でも片手で楽に持ち運べる大きさで肩に掛けるベルトも付いています

ホース





動画の最初は、軟水器のニップルのネジ部分からの水漏れ防止のため、応急処置としてエアツール用のネジテープをニップルのネジ部分に巻き付けてみました。ほぼ水漏れしなくなりましたが、まだ少し漏れているので、他にベターな方法があれば対策する予定です。


水道水と純水(軟水)を同時に利用可能とするため、細めのホースを購入しました。付属のホースヘッドは流量調整ができないので、手持ちのものに交換して使用することにしました。巻取りリールは付いていないのですが、吊り下げ用のフックが付いているので使い勝手は良さそうです。

分水器(ご参考)





シャンプー洗車の場合は、水道水で下回りやボデーの砂などを洗い流した後、シャンプー作りから濯ぎまでを軟水で行うことにしたので、水道の蛇口に2分水器を付けて水道水と軟水への切替が簡単にできるようにしました。

2分水のそれぞれに付いているコックを使って切替ることも可能ですが、通常はホースヘッドのレバーで流水・止水ができるので、このコックは流水側に固定して使用することになりそうです。

関連記事


洗車用の簡易純水(軟水)器を導入してみた
洗車と簡易コーティング

スポンサーリンク







セフティー3 散水ノズル 前レバー 7パターン SSN-2
セフティー3(SAFETY-3)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



タカギ(takagi) 三方コネクターコック付(FJ) G099FJ
タカギ(Takagi)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ウッドデッキの防水再塗装

5年程前にDIYで作成したウッドデッキの防水のため再塗装をしました。毎年梅雨入り前の5月連休に再塗装しているのですが、今年は連休中の仕事があるので前倒しでやりました。

以前のウッドデッキは、半畳の大きさの半完成品を組み立てて作成したのですが、殆どメンテナンスをしていなかったこともあり、10年程で木材が腐ってしまいました。

このウッドデッキは防水処理済のSPF材(北米産の針葉樹からきりだされた木材)を使用して作成しており加工しやすい半面、防水処理済とはいえ材料としての対候性は期待できないので毎年防水塗装をしています。

因みにSPFとは、スプルース(トウヒ)、パイン(松)ファー、(もみの木)それぞれの頭文字を表しているそうです。

作成時は、ホームセンターで設計図の寸法に合わせてカットしてから庭に持ち込んで、電動ドライバーを使って組み立てるだけですので、半日程度で完成しました。材料費のみで8万円程度だったと記憶しています。

このサイズのウッドデッキは工事込みで15~20万円程度ですので、半額以下で作成することが出来ました。

水洗い





BBQの片づけ後に塗装の前準備として水洗いしました。ブラシで木目に沿うように擦って、隙間の汚れを浮かせてから再度水を掛けて汚れを洗い流します。


下地処理





水洗いの翌日、乾燥後にサンダーで下地処理をしました。100番の紙やすりで表面を削って塗装の乗りを良くします。
半分程使用して紙やすりがボロボロになったので、交換しています。両側の金具に紙やすりを挟み込んで金具を固定するだけです。

汚れも酷かったので粗目の紙やすりを使用しました。室内のフローリングの場合は340番位が良いようです。
削りカスやゴミをホウキで落としておきます。

塗装





塗装前にサンダーの削りカスを水を固く絞った雑巾で良くふき取ります。ホウキで落ちなかった削りカスがかなり雑巾に付着するので、3回程、雑巾を濯いでいます。気温が20度以上あったので直ぐに乾きました。

塗料は、浸透性ある油性のものを使用しました。通常はDIYでも使い易い水性のものを使用していますが、今回は下地処理もしたので、より高い防水性を求めて油性にしています。ホームセンターオリジナル製品でしたので、ご参考に類似のものをスポンサーリンクに貼っておきます。

いよいよ塗装です。刷毛で木目に沿って塗っていくだけです。ムラにならないように気を付けます。2度塗りして見た目も綺麗になりました。あとは自然乾燥させるだけです。

関連記事


すこし早めのお手軽BBQ


スポンサーリンク

新興製作所 サンダ SDS200D
新興製作所

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



カンペハピオ 油性木部保護塗料 チーク 0.7L
カンペハピオ(Kanpe Hapio)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


少し早めのお手軽BBQ

気温が20度を超えて過ごしやすくなりました。いつもはゴールデンウイークにBBQをするのですが、少し早めに自宅の庭でやることにしました。家族で食べるだけなので騒いだりしないですが、近所迷惑にならないよう夕方にやります。

炭火起こし





自宅でのBBQの場合は、短時間で火を起こせるので炭火起こし用の鍋を使ってガスレンジで炭に火を入れています。5回程、鍋で火入れした済をBBQコンロに移して一通り火が上がるようになるまでウチワで仰ぎます。

焼き鳥ほかの肉料理





魚介を先に焼くと匂いが付くので、肉から焼きました。食材は焼き鳥(ねぎま、砂ぎも)、手羽、スペアリブ(豚)です。BBQに限らず肉には「黒瀬のスパイス」を使っています。ほどよい辛さで食材の旨味を引き出してくれます。

スぺアリブも一緒に焼いていますが、中に火が通り難いので、火力の弱い所でじっくり焼いたほうが良いです。
今回は表面が焦げかかったので、後で電子レンジに掛けました。豚肉の生は寄生虫が心配なので気を付けましょう。

魚介料理





肉料理が一通り終わり、魚介類を焼きました。食材は定番のホタテ、イカ、エビです。今回は手軽な食材ですが、焼き蟹は最高に旨いです(特にタラバ蟹)

ホタテに醤油を垂らして、香ばしい匂いがして食欲をそそられます。貝類では、ハマグリやサザエも旨いですね。
気温が上がると貝類は腐り易いので、賞味期限内に焼くまえに匂いを嗅いで確認したほうが良いです。

上がりの焼きおにぎり





炭火がまだまだ残っているので上がりの焼きおにぎりです。固めに握らないと崩れます。焼き面が固まってから醤油を垂らします。刷毛があれば均等に塗ったほうが良いですね。

後片付け





一晩、放置して炭火が消えているので、灰をゴミ袋に移して、動画では省略していますが網をタワシで掃除しておきます。炭が残っている場合は燃えるゴミに出せないので、次回利用するようにしています。

後かたずけは面倒ですが、特に外出先では次回も気持ちよくBBQが出来るように指定の方法で片付けたいものです。

炉端焼き器(ご参考)



画像


因みに、画像のガスボンベで使用できる炉端焼き器で家の中で焼き鳥をしたことがあり、手軽にできるのは良いのですが食材を選ばないと肉の油が垂れてかなり煙が出ます

画像の小型の消臭器では全く間に合わず、車中泊用に車に積みました。秋刀魚はさらに煙がでるので、外でやったほうが良いです。焼肉用に家の中に煙排出用のダクトを設置する方もいるようですが、今の所そこまでやる予定はないです。

スポンサーリンク

キャプテンスタッグ バーベキューコンロ BBQ アプローズ 650ツイン [5~6人用]M-6425
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
2007-08-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキュー用 ハンディ火起こし器 炭焼き名人
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
2012-03-09

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



黒瀬食鳥 黒瀬のスパイス 瓶 110g
黒瀬食鳥

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト








久しぶりにホームコースでランウンド

久しぶりにホームコースでランウンドしてきました。クラブハウスからコースへ行く橋の両側の桜が綺麗なのですが、4月中旬でも葉桜が残っていました

画像


このホームコースで今秋、米国のPGA開催予定です。まだ時間があるためかコースセッティングなどはこれから整備していく状況のようでした。トーナメント開催前後はラフが伸ばされて、グリーンも半端なく早くなり、あるで別コースのようになります

NEWクラブでのラウンドでスコアは秘密ですが、ショットはまあまあで、課題はアプローチ・パットです。
特にアプローチはザックリ、トップすることがあり、9.5フィートの早目のグリーンでスコアメークになりません
でした。

EPIC FLASH他NEWゴルフセット番手別飛距離の再測定





ゴルフシーズンインして気温が20度以上になったので、NEWセット番手別飛距離を再測定しました。やはり、ドライバーを除いて5~10yd飛距離が伸びています。

ドライバーの伸びを期待しましたが、撮影の為、連続測定のためかヘッドスピードが上がらなかったため伸びなかったようです。言いわけです(笑)。

①LW MD4:ロフト 58度+MODUS3 TOUR120(S):長さ 35.0インチ
HS:30.3m/s、初速:31.3m/s、飛距離:50yd、ミート率:1.03
HS:31.3m/s、初速:30.7m/s、飛距離:52yd、ミート率:0.98
HS:32.9m/s、初速:32.9m/s、飛距離:56yd、ミート率:1.00
補正キャリー:55~60yd+ラン:0yd=トータル:55~60yd
前回キャリー:55~60yd+ラン:0yd=トータル:55~60yd

②SW MD4:ロフト 56(-2)度+MODUS3 TOUR120(S):長さ 35.25インチ
HS:32.9m/s、初速:34.8m/s、飛距離:75yd、ミート率:1.05
HS:34.5m/s、初速:35.5m/s、飛距離:80yd、ミート率:1.03
HS:34.5m/s、初速:37.5m/s、飛距離:80yd、ミート率:1.08
補正キャリー:80~85yd+ラン:0yd=トータル:80~85yd
前回キャリー:70~75yd+ラン:0yd=トータル:70~75yd

③AW MD4:ロフト 50度+MODUS3 TOUR120(S)長さ 35.5インチ
HS:37.1m/s、初速:37.8m/s、飛距離:110yd、ミート率:1.01
HS:35.1m/s、初速:36.7m/s、飛距離:102yd、ミート率:1.04
HS:34.6m/s、初速:37.2m/s、飛距離:100yd、ミート率:1.07
補正キャリー:105~110yd+ラン:0yd=トータル:105~110yd
前回キャリー:85~100yd+ラン:0yd=トータル:85~100yd

④PW APEX COMBO:ロフト 45度+N.S.PRO 950GH(S)長さ 35.75インチ
HS:40.3m/s、初速:41.6m/s、飛距離:131yd、ミート率:1.03
HS:34.5m/s、初速:42.0m/s、飛距離:108yd、ミート率:1.21
HS:34.5m/s、初速:42.0m/s、飛距離:108yd、ミート率:1.21
補正キャリー:115~135yd+ラン:5yd=トータル:120~140yd
前回キャリー:110~125yd+ラン:5yd=トータル:110~125yd

⑤9I APEX COMBO:ロフト 40度+N.S.PRO 950GH(S)長さ 36.0インチ
HS:35.2m/s、初速:43.2m/s、飛距離:120yd、ミート率:1.22
HS:36.0m/s、初速:47.3m/s、飛距離:132yd、ミート率:1.31
HS:35.2m/s、初速:44.1m/s、飛距離:123yd、ミート率:1.25
補正キャリー:125~135yd+ラン:5yd=トータル:130~140yd
前回キャリー:120~130yd+ラン:5yd=トータル:125~135yd

⑥8I APEX COMBO:ロフト 35度+N.S.PRO 950GH(S)長さ 36.5インチ
HS:35.6m/s、初速:46.1m/s、飛距離:133yd、ミート率:1.29
HS:36.3m/s、初速:44.3m/s、飛距離:128yd、ミート率:1.22
HS:36.0m/s、初速:48.4m/s、飛距離:139yd、ミート率:1.33
補正キャリー:135~140yd+ラン:5yd=トータル:140~145yd
前回キャリー:130~135yd+ラン:5yd=トータル:135~140yd

⑦7I APEX COMBO:ロフト 31.5度+N.S.PRO 950GH(S)長さ 37.0インチ
HS:37.7m/s、初速:51.1m/s、飛距離:153yd、ミート率:1.35
HS:46.5m/s、初速:46.7m/s、飛距離:140yd、ミート率:1.28
HS:47.1m/s、初速:49.6m/s、飛距離:145yd、ミート率:1.33
補正キャリー:145~155yd+ラン:10yd=トータル:155~165yd
前回キャリー:145~150yd+ラン:10yd=トータル:150~160yd

⑧6I APEX COMBO:ロフト 27.5度+N.S.PRO 950GH(S)長さ 37.5インチ
HS:37.2m/s、初速:50.3m/s、飛距離:156yd、ミート率:1.35
HS:37.9m/s、初速:50.9m/s、飛距離:158yd、ミート率:1.34
HS:36.4m/s、初速:47.7m/s、飛距離:148yd、ミート率:1.31
補正キャリー:155~160yd+ラン:10yd=トータル:165~170yd 
前回キャリー:155~165yd+ラン:10yd=トータル:165~175yd

⑨5U EPIC STAR:ロフト 23度+Tour AD HY-85(S)長さ 39.5インチ
HS:39.0m/s、初速:53.9m/s、飛距離:167yd、ミート率:1.38
HS:39.4m/s、初速:52.2m/s、飛距離:162yd、ミート率:1.32
HS:39.4m/s、初速:53.0m/s、飛距離:164yd、ミート率:1.34
補正キャリー:165~170yd+ラン:10yd=トータル:175~180yd
参考APEX5I :160~170yd+ラン:10yd=トータル:170~180yd

⑩4U EPIC STAR:ロフト 20度+Tour AD HY-85(S)長さ 40.0インチ
HS:40.5m/s、初速:55.0m/s、飛距離:177yd、ミート率:1.35
HS:40.5m/s、初速:53.7m/s、飛距離:173yd、ミート率:1.32
HS:38.7m/s、初速:51.9m/s、飛距離:167yd、ミート率:1.34
補正キャリー:175~180yd+ラン:10yd=トータル:185~190yd
前回キャリー:175~180yd+ラン:10yd=トータル:185~190yd
※前回シャフト:N.S ZEROS7(S)

⑪5W EPIC FLASH:ロフト 18+1度+Tour AD PT6(S):長さ 42.5インチ
HS:43.0m/s、初速:56.3m/s、飛距離:186yd、ミート率:1.30
HS:43.0m/s、初速:56.3m/s、飛距離:186yd、ミート率:1.30
HS:40.7m/s、初速:57.3m/s、飛距離:191yd、ミート率:1.40
補正キャリー:190~195yd+ラン:15yd=トータル:205~210yd
前回キャリー:180~185yd+ラン:15yd=トータル:195~200yd
※前回シャフト:Kurokage TiNi60(S)

⑫3W EPIC FLASH:ロフト15+1度+Tour AD PT6(S):長さ 43.0インチ
HS:41.2m/s、初速:58.2m/s、飛距離:199yd、ミート率:1.41
HS:39.1m/s、初速:57.8m/s、飛距離:197yd、ミート率:1.47
HS:39.8m/s、初速:57.3m/s、飛距離:195yd、ミート率:1.43
補正キャリー:200~205yd+ラン:20yd=トータル:220~225yd
前回キャリー:195~200yd+ラン:20yd=トータル:215~220yd
※前回シャフト:Kurokage TiNi60(S)

⑬1W EPIC FLASH:ロフト 10.5度+Tour AD PT6(S):長さ 45.25インチ
HS:42.8m/s、初速:60.0m/s、飛距離:212yd、ミート率:1.40
HS:42.5m/s、初速:58.7m/s、飛距離:207yd、ミート率:1.38
HS:42.2m/s、初速:59.3m/s、飛距離:209yd、ミート率:1.40
補正キャリー:210~220yd+ラン:30yd=トータル:230~250yd
前回キャリー:210~225yd+ラン:30yd=トータル:230~255yd

関連記事


EPIC 4Uのクラブバランス調整
EPICユーティリティのリシャフト
EPICユーティリティの追加
EPIC FLASHフェアウエーウッドのシャフト交換
キャディーバッグの入替
GOLFクラブのNEWフルセット完成
ユーティリティの入替
アイアンセットの入替
ウエッジを3本にしてみた
ウエッジ3本化計画
GOLFクラブの番手別飛距離測定
EPIC FLASH 5Wレビュー
EPIC FLASH 3Wレビュー
EPIC FLASH衝動買い
ノーメッキウエッジの黒染め他のゴルフクラブメンテナンス
ゴルフクラブのDIYグリップ交換
ホームコースとゴルフスイング
クラブセッティング(ウッド編)
クラブセッティング(アイアン編)

スポンサーリンク

ユピテル ゴルフスイングトレーナー GST-5 GL
YUPITERU

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



【国内正規品】FlightScope mevo(フライトスコープ ミーボ)
FlightScope(フライトスコープ)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



BMW X3(F25) セキュリティアラーム(ダミー)をDIYで取付け

愛車のBMW X3 F25(CIC)には純正セキュリティアラームオプションが付いていないので、ルームミラー下の赤色LEDを点滅させることができるクラフトマンのARMED FLASHERをDIYで取付けました。

セキュリティアラームオプション無しでもルームミラー下の赤色LEDは付いているので、このLEDをドアロックで点滅可能にするもので、アンロックで消灯するので純正と同じ点灯パターンです。

あくまでもLED点灯のみですので、車体振動や窓ガラス破損など、本来のセキュリティアラーム機能は付きません。あくまでセキュリティアラームが動作するように見えることでの、盗難防止となります。この手ものは保険のようなもので、気休め程度と割り切っているので当面この状態のままでいく予定です。

最近では電子キーの電波を中継して開錠・始動する手口が増えているようなので、リモコンキーの電波が外部に届かない所に保管しておいたほうが良いです。

取付け


製品に車種別取付け説明書が付いているので、配線をするだけですが、パネル取外し方法の説明は無いので動画を撮影しました。



①給油口アンロック/ロック線への配線


取付け説明書では運転席サイドハーネスに接続するよう指示がありますが、ハーネスが通っている樹脂の蓋を外すことが出来なかったので、給油口側のリヤクオータパネル内側のハーネスに接続しました。
・トランクルーム右側のカバーを外します。
・内張を固定している車体後ろ側の割ピンを抜き取ります。
・内張をめくって、ハーネスにアクセスします。
・製品の黄色線をハーネスの灰/白色(給油口ロックモーター線)に接続します。
・製品の青色線をハーネスの緑/茶色(給油口アンロックモーター線)に接続します。
・配線を延長しているので、クオータパネル内側から運転席足元までサイドシルのパネル内に通します。

②ルームミラー下LEDへの配線


・ルームミラー奥のカバーを左右に引っ張って取外します。上側から外すとやりやすいです。
・製品の本体ユニットの灰色線を運転席Aピラーを通してルームミラーまで通します。
・ルームミラー台座から10ピンコネクターを外し、コネクターを2つに分けます。
・製品の灰色線を10ピンコネクターの9番口に差し込みます。
・コネクター、カバーを元に戻します。

③OBDコネクターの常時+12V電源への配線


・運転席足元横のボンネットオープナー穴のプラススクリューネジを外してオープナーを取外します。
・パネルを固定しているプラススクリューネジが見えるようになるので外します。
・パネル後方がサイドシルのパネルに挟まれているので、サイドシルパネルを外して挟まっている部分を浮かせます。
・トランクオープナー裏側のコネクターを外します。
・あとはプラスチックのピン2か所で止まっているだけなので、アクセルペダルを押しながらアクセルペダル側に引いてから手前側に引いてパネルを外します。
・製品の赤色線をOBDコネクターの16番端子(常時+12V電源)に接続します。
※この車両ではレーダ探知機のコネクターをOBDに接続しているのでOBDコネクターを二股にしてあります。
純正コネクターとピンをディラーから入手しており、レーダ探知機を接続中もパネル側からOBDにアクセスできるようにしています
・パネルを元に戻します。トランクオープナーを取り付ける時にワイヤーをマイナスドライバー等で手前に押し込みながら取り付けるのがコツです。

動作確認





暗くて見にくいですが、ロック後、ルームミラー下の赤色LEDが点灯しアンロックでLED消灯しています。
動画では見にくいですが、肉眼では夜間10m程度離れた場所からもLED点滅がはっきり見えます。

関連記事


CarplayでGoogleMapが使える!?
ナビSSD化とAndroidナビ導入
Bluetooth他DIY追加
コーディング
BMW X3(F25) COMBOX Retrofits

スポンサーリンク

ARMED FLASHER BMW-F
クラフトマン
■品名:ARMED FLASHER BMW-F ARMED FLASHER®は有限


楽天市場





洗車用の簡易純水(軟水)器を導入してみた

ウオータースポットの主原因となる水道水のカルシウム成分を除去可能な陽イオン交換タイプの浄水器を導入してみました。

この陽イオン交換カートリッジ単品でも購入可能ですが、25%食塩水を15分程度通すことで、再生可能と購入先に確認できたのも購入の決め手になりました。

因みに、見た目は同じ観賞魚用浄水器は、水道水の主に残留塩素を取り除くものでカルシウム除去効果はなさそうです。残留塩素を除去していまうと浄水器内の水を使用の都度排出しないと腐敗する恐れがあります。

硬度指示薬で確認しましたが、確かに軟水になっていることを確認済です。ただしこの製品の処理能力は25L/Hと少量使用向けなので、高圧洗浄機等は400L/H程度とのことで、直接使うためには、連結するなどして容量を増やす必要があります。

純水洗車用の純水器も売られていますが、個人で導入するには10万円弱と非常に高価なので、色々調べてこの製品を見つけました。ブラケット付きで7.7千円と手ごろな価格で、楽天ポイントが貯まっていたので試験的に購入しました。

この製品には付属していない、ホース接続用のメタルニップル2個(約1.6千円)と水道水供給用のホースジョイント2個(約0.8千円)を別途購入しましたので、合わせて約1万円のコストです。

ただし、製品の推奨流量が25L/Hと少量利用向きなので、ホースヘッドの流量を抑えて使用するか、バケツに少量づつ軟水を作って、高圧洗浄機で吸い上げる方法で使用してみようと思います。

水道水でも洗車後吹き上げれば問題ないのですが、カルシウムやマグネシウムといった、ミネラル分が多く含まれていると洗剤の一部がミネラルと結合して、「金属石鹸」と呼ばれる洗浄力のない石鹸カスに変化するらしいです。洗剤の洗浄力がミネラルによって削がれるのを避けるためも軟水化が効果がありそうです。

コーティング効果を落としたくないので水洗いで済ませることが多く、隙間に入り込んだ水道水をエアガン等で毎回吹き飛ばす手間がぶける(通常ここまでやっていませんが)のも良いかも効果の一つですね。

浄水器開封・組付け





浄水器の開封確認です。ハウジング(上下)と陽イオン交換フィルター、取付ブラケット、ブラケット取付ネジ×6とワッシャー×6が入っていました。

組付けはハウジングに陽イオン交換フィルターを入れて締め付けるだけです。ハウジング上部のブラケット固定用ネジ穴4か所を使用してブラケットを固定します。

浄水器設置・効果確認





カルシウムとマグネシウムの硬度指数薬で効果を確認しました。右側が水道水、左側が処理済の軟水です。色が青色に変化しているので確かに軟水になっている事を確認できました。

実際に洗車に使用してみて何か分かったことがあれば、また記事にします。

関連記事


純水(軟水)洗車
洗車と簡易コーティング

スポンサーリンク

イオン交換カートリッジ 陽イオン交換タイプ ブラケット付き IRC-10FC-B
水処理用品オンライン
【型番】IRC-10FC-B【規格】出入口径:3/4インチ、ブラケット付き【簡易説明】内容量:672


楽天市場



カクダイ メタルネジニップル 567-041
カクダイ(KAKUDAI)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト








BMW X3(F25) DIYでルームランプ他をLED化

BMW X3(F25)のルームランプ他の電球を全てDIYでLED化したので、その取付方法と夜間点灯確認の動画を撮影しました。

内張外しとマイナスドライバーがあれば作業可能ですが、取外しの時にプラステックの爪を破損しないように慎重に行う必要があります。

あまり明るすぎない電球色(ペールイエロー)のLEDにしたので、見た目は殆ど変わりませんが電球より明るくなり、消費電力も大分少なくなりました。因みに、コーディングなしでエラー等やチラつきは発生していません

使用したLED電球


使用したLED電球は、電球色のT10電球型が13個、スポットライト用の明るめT10電球型が4個、バニティミラーランプのT10×37mmバー状型が2個です。使用したLED電球のスポンサーリンクを貼っておきますので、ご参考にして下さい。

・カーテシーランプ:ユニット交換タイプ×4個
・フットランプ:前席2か所、後席2か所で4個(T10型LED)
・トランクルーム:左右2か所で2個(T10型LED)
・ルームランプ:前席1か所、後席2か所で3個(T10LED)
※前後スポットライト4個は手持ちの明るめのT10LEDを入れています。
・バニティミラーランプ:左右で2個(T10×37mm)

交換手順





カーテシーランプ


ドアを開けた時に点灯するカーテシーランプの交換です。ユニット一体型のかなり明るいものに変更したので、夜間足元を良く照らしてくれます

内張外し、またはマイナスドライバーで車体後方側から押し込みながら下へ引いて取外します。この部分はライトユニット一体型なのでコネクターを外して交換して元に戻します。

前席フットランプ


カーテシーランプと同形状のユニットですが、明かす過ぎない電球色のT10型LEDに交換しました。

内張外し、またはマイナスドライバーで手前側から押しながら下へ引いて取り外します。T10電球をLEDに交換して元に戻します。

後席フットランプ


前席と同じく明かす過ぎない電球色のT10型LEDに交換しました。交換方法は前席フットランプと同じです。動画では省略していますが、トランクルームも同じです。

後席ルームランプ


後席のルームランプも明かす過ぎない電球色のT10型LEDに交換しました。スポットランプは少し明るめのものにしました。

内張外し、またはマイナスドライバーで車体前側から強く押しながら下に引いて取外します。金属の強い爪になっているのでカチ音がするまで強く押すのがコツです。

前席ルームランプ


後席と同じく明かす過ぎない電球色のT10型LEDに交換しました。スポットランプは少し明るめのものにしました。

内張外し、またはマイナスドライバーで隠し蓋を外します。金属の爪が見える穴にマイナスドライバーを差し込んで内側に爪を抑えながら側面を浮かせます。

両側を浮かせたら、動画では省略していますが、車体前方の2か所の爪を外して、ライトユニットを前方に押すようににて取外します。LED電球に交換して元に戻します。

バニティミラーランプ


バニティミラーを開けると点灯するバニティミラーランプも電球色のLEDに交換しました。この電球は形状が異なりバー状の両端に電極があるタイプです。

サンバイザーを下げて、ランプユニットを内張外し、またはマイナスドライバーで車体前側から軽く押しながら下に引いて取外します。電球を交換して元に戻します。

夜間点灯確認





関連記事


CarplayでGoogleMapが使える!?
ナビSSD化とAndroidナビ導入
Bluetooth他DIY追加
コーディング
BMW X3(F25) COMBOX Retrofits

スポンサーリンク









BMW X3(F25) Androidナビで利用できる機能

別記事に記載した、愛車のBMW X3(F25)にAndroidナビをDIY追加して出来るようになった機能を動画で撮りましたので記事にします。

導入した主な目的は「CarPlayを利用してみたかった」で、CarPlayの確認動画は別記事に記載済ですので、Androidナビ本体の機能についてレビューします。

導入当時、日本では入手出来なかったので、米国のサイト"https://avinusa.com"から直接購入しました。
記事作成時点でSALE価格$340(Android 4.4。Android 7.1+$40、Android 8.1+$60)と大分安くなっています。

サイト内に取付動画他のプロモーションビデオが掲載されています。サポートは期待できないので、導入は自己責任で解決するしかないですが、液晶が若干大きくなり、オリジナルと切替えて使用でき、タッチパネルになるのも導入メリットですね。

ただし、オリジナル機能はタッチパネルに対応していないので、当然ながらAndroidナビ使用時のみ有効です。また、Plagin接続なので、簡単にオリジナルに戻すことができます。

このAndroidナビ導入後に別記事に記載のCOMBOXを追加したので、CarPlay以外の機能は現在未使用ですが一通りの機能をレビューします。COMBOXやTVオプションなしの場合は利用メリットが多いと思います。



メニュー


オリジナルメニューの外部機器から「フロントAUX」を選択して、iDriveのメニューボタンを長押しするとAndroidナビのメニュー画面に切替わります。

EVO初期バージョンのメニューに非常に似ていますね。設定でEVO後期バージョンの大きなアイコンメニューに変更することもできます。

音楽再生


本体メモリ、microSD、USBメモリ内の音楽を再生できます。カバーアートも表示されます。128GBのmicroSDを利用していますが、相性問題なのか読み込めない時があります。通常、iPodで音楽再生しているので、この機能は使用していません。

BT電話


スマホとブルートゥースでペアリングするとマイクも付属しているので、ハンズフリー電話を利用できます。これもオリジナルの方を使用しているので未使用です。

カーナビ


GPSアンテナも付属していますが、オリジナルのアンテナから分岐させて接続しています。設定で使用するナビソフトを選択して、スマホ経由でネット接続することになります。これも、オリジナルやCarPlay側のカーナビを利用するので、未使用です。

File Manager


本体メモリと外部メモリ(microSD、USBメモリ)の使用状況等を確認できます。

ブラウザ


スマホ経由でネット閲覧する機能です。この機能も利用していません。

HDビデオ


本体メモリ、microSD、USBメモリ内の動画を再生できます。iDriveダイヤルで動画選択可能です。通常iPodのビデオを使用しているので未使用です。

TV


テレビ入力端子にチューナーを接続すると利用できます。これもオリジナル機能を使用しているので未使用です。

設定


ナビ設定他の設定機能です。システム情報画面から、メニュー表示形式等の初期設定が可能です。

Dash Board


オリジナルと同様のデジタルスピードメーターとタコメーターです。

インターネット電話


スマホ経由でネット接続するための機能です。WiFiミラーリングでスマホの画面をナビ画面に表示することが出来ます。

アプリ


インストールされているアプリのメニューです。AndroidOSであることが分かります

関連記事


CarplayでGoogleMapが使える!?
ナビSSD化とAndroidナビ導入
Bluetooth他DIY追加
コーディング
BMW X3(F25) COMBOX Retrofits


BMW X3(F25) COMBOX Retrofits

別記事に記載した、愛車のBMW X3(F25)にCOMBOXをDIY追加して出来るようになった機能を動画で撮りましたので詳細を記事にします。

画像


機器や配線を追加後、コーディングが必要です。海外のサイト他を調べて、一度COMBOX内の車両ID(VIN)に変更することで、COMBOXのコードが追加され必要なオプション項目のコーディングをします。

注意事項


・コーディングは、オリジナルの状態に変更を加えるので、ディラーの保証が受けられなくなる可能性があります。
・また、誤操作などで車両に異常が発生する可能性も有りますので、あくまで自己責任です。
・当方、趣味の範囲で行っており、手順上の誤りもある可能性があり、サポートなども一切出来ませんのでご了承下さい。


大分前に試行錯誤してやったのでコーディング詳細は忘れてしまいましたが、「COMBOX Retrofits」等でネット検索するとやり方が分かると思います。

F25の場合MY2013のLCIからiDriveのバージョンが通称CICからEVOに変更になり、EVOからはヘッドユニットに機能が追加されて当たり前の機能ですが、CICの場合はCOMBOXというパーツをメーカオプション(ディラー後付けオプション設定無し)でトランク左側面に追加しないと実現できない機能です。



ハンズフリー電話


「6VC」というオプションをコーデイングでアクティベーションするとハンズフリー電話が使えます。
COMBOXにブルートゥースアンテナを接続して、助手席足元にアンテナを設置してスマホと同期できるようになります。

iDriveメニューに「電話」の項目が追加され、ハンズフリー電話機能が使えます。通話するためには運転席上のマイクに配線を追加する必要があります。

電話帳も同期されますので、誰からの電話か分かるのと、電話をかける時も電話帳から選択できるので非常に便利ですね。

その他にブルートゥース接続で、スマホの音楽再生が可能になりますが、音楽再生は iPodを使用でいているのでプリアンプ配線を省略しているので、音が小さくなっています。

6NRと呼ばれる別オプションやBMW APPSなどを使用する場合、インターネット接続を使うのですが、オプション追加は有償なので設定OFFにしています。

iPodコントロール


「6NF(Smatphone Integration)」「6FL(iPod and USB adapter)」をコーデイングでアクティベーションするとiPodの音楽、ビデオ再生が出来るようになります。センターコンソールBOXにUSBとAUXのコネクターを追加して、COMBOXにオーディオ信号を配線します。

本来の6NFオプションはセンターコンソールBOXのスマーフォンアダプターに接続するのですが、延長USBケーブルを使用して助手席足元を通して、iPodのAVケーブルで接続しています。

動画再生には前述の「6NRオプション」も必要になるのですが、愛車の場合はAVインタフェースを接続していたので、メニューボタンの長押しで切り換える事ができます。

因みにセンターコンソールBOXに設置したUSBにiPodやUSBメモリを接続する場合は音楽再生のみになります。

iDriveおよびステアリングのダイヤルスイッチで選曲やボリュームコントロールができます。これが一番欲しかった機能で、動作した時は感動ものでした。

ご参考:COMBOXの26ピンコネクター関連ピンアサイン


1:Power+10A
2:Power+5A
10:AUX-GND
11:MIC Shield
12:MIC(neg)
22:Shield
25:MIC(pos)

COMBOX品番 9257153 ※米国ebayで26ピンコネクター付きの物を入手しました。
コネクター品番 61136913644、61136913626

関連記事


Bluetooth他DIY追加
コーディング

SUAOKIポータブル電源レビュー

以前、車中泊用に入手したSUAOKIのポータブル電源S270がポイント獲得分を合わせて約8千円で特売していたので、追加購入しました。

前回は簡単な動作確認程度しかしなかったので、災害時(停電時)や車中泊を含めた車での使用を想定した動作確認をしたので、ご参考になればと思います。

開封確認





取扱い説明書は日本語での記載もあります。本体は片手に楽に持てる大きさです。付属品は、①シガーソケット充電器、②12V電源出力用シガーソケットアダプター、③ソーラーパネル充電アダプター、④ACアダプター充電器の4点です。

LEDライトが付いており、上部のボタンを押すと点灯します。もう一度ボタンを押すと点滅します。もう一度押して消灯です。

停電時の利用想定


災害で停電中の電源としての利用を想定した動作確認です。



①スマホ充電(USB電源)
USBコネクターに充電コードを接続して、ポータブル電源上部のボタンを押すと問題なく充電開始しました。

電源容量が40500mAhなので、スマホのバッテリーによりますが5回以上は充電できそうです。災害時の情報収集や連絡手段としてスマホは非常に役立つので、モバイルバッテリーより大容量で助かりそうですね。

②ノートPCと小型TV(AC電源)
ポータブル電源のAC電源にコンセントを繋いで、コンセント上部のボタンを押すと100V電源が使えます修正正弦波ですがノートPCの充電と小型TV(19インチモニター)ともに問題なく動作します。

このポータブル電源のAC出力は定格100W最大150Wで、小型TVの消費電力が50~60Whなので、満充電で2時間程度使用できる計算です。

車での使用想定


次に、車中泊を含めた車での利用を想定した動作確認です。



①USB5V電源ファン
USBコネクターにコードを接続して、問題なく動作します。

②12V電源炊飯器
たける君という12V電源炊飯器で1.5合まで炊飯できるるもので、炊飯時電流8.5A、保温時電流2.2A、最大電力量110Wのものです。

電源にシガーソケットアダプターを装着して、保温、炊飯ともに電源が入ります。炊飯で使用すると8.5A×12Vで102Wの消費電力なので、炊飯時間が約30分として、1回は使えそうです。
保温は2.2A×12Vで26.4W、満充電時で4時間程度の計算になります。

③12V湯沸かし器
次にメルテックの12V湯沸かし器です。消費電流12A×12Vで144W、満充電時で40分程度の計算になります。

やはり電熱機器は消費電力が多いので、走行時にシガーソケットから電源をとったほうが良さそうです。

④車載用冷蔵庫
SUAOKIの12V電源車載用冷蔵庫です。COOL:38~60W、HEAT:36~62Wなので、満充電で2時間程度の使用時間になりそうです。

⑤シガーソケットからの充電
付属のシガーソケットアダプターを接続して、ACC電源を入れます。ポータブル電源上部のインジケーターが点灯し、問題なく充電しています。

⑥ソーラーパネルからの充電
手持ちの60Wソーラパネルに接続しています。日光に当てるとポータブル電源上部のインジケーターが点灯し、問題なく充電しています。

⑦セルスターター
車のバッテリーが上がってしまった場合のセルスターターとして使用を想定して手持ちのワニ口クリップのアダプターを12V電源に接続してみました。

簡易テスターで電源供給を確認しました。セルスタート時、実際は結構な電流が流れるようなので、大型車では厳しいかもしれません。

⑧車載充電ケーブル作成
常時満充電状態とする為、リヤドラレコ用にフロントから引いたACC電源から分岐してシガーソケット付きのコードを作成してトランク内にポータブル電源を設置しました。

関連記事


車中泊装備(電装品)

スポンサーリンク










直流炊飯器 タケルくん DC12V専用 JPN-JR001
ジェーピーエヌ
2013-08-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト








DIGA DMR-BWT510 大容量HDD(2TB) 換装成功

パナソニックのDVD・ブルーレイレコーダー DIGA DMR-BWT510の内蔵HDDから異音がするようになり、HDDが故障するまえに換装することにしました。

内蔵HDDは500GBですが、大容量HDDに換装できるとの情報があり、比較的安価に入手できる2TBに換装しました。試しに手持ちのHDDで換装した所、容量は増えるのですが録画時にエラーが出てしまい、AV用のHDDを入手して換装し直しました。

画像


入手したのはWesternDigitalのAV-GP WD20EURXでAMAZONで約8.4千円です。パナソニック以外に東芝のレコーダでも換装実績があるようです。スポンサーリンクに入手したものを掲載しますので、ご参考にして下さい。

HDDの他、プラスドライバー、3.5インチHDDのUSB変換機器、PC(バイナリデータ編集に使います)が必要です。

ご注意


・改造を行うことによって、メーカーのサポートや修理が受けられなくなります。
・換装に失敗しても当方は責任を負いかねますので、あくまで自己責任でご覧下さい。

録画データのバックアップ


・内蔵HDDの録画データを全て、外付けHDDまたはDVDにコピーしておきます。
※今回は内蔵HDD換装後、外付けHDDの録画データは読めましたが、外付けHDDも読めなくなる可能性があり、DVDにコピーした方が確実です。
内蔵HDDは一度取り外すと録画データが読めなくなるようですので、確実にバックアップする必要があります。


レコーダからHDD取外し





・背面のネジ3本と側面の大き目なネジ2本をプラスドライバーで外します。
・フロントパネルは側面2か所と背面3か所、内部1か所に爪でとまっているので、爪を折らないように注意して外します。
・HDDマウンターのネジ4本をプラスドライバーで外します。
・HDDのコネクタ2本を外します。
・HDDマウンターを裏返してネジ4本をプラスドライバーで外してHDDを取り外します。
※取り外したHDDはWesternDigitalのAV-GP WD5000AVCSでした。

クローン作成


今回は手持ちの玄人志向HDDスタンドを利用しました。
動画ではクローン元HDDはテスト用に作成した手持ちの2TBのHDDです。
※2TBのクローン作成時間は約5.5時間も掛かりました、500GBの場合は2時間強です。



・取り外したHDDをクローン元ドライブ(ドライブ1)へ、換装するHDD(2TB)をクローン先ドライブ(ドライブ2)へセットします。
・クローンボタンを4秒以上長押しして4つのインジケータが点滅したらボタンを離します。
・あとは、インジケータが全て点灯しするまで放置します。500GBのクローンで約2時間掛かりました。
・クローンが終了したらHDDを取り外します。

バイナリ編集


換装するHDDを2TBでレコーダに認識させるため、バイナリデータ編集が必要です。
・フリーソフト「HxD」をPCにインストールしておきます。
・換装するHDDを3.5インチHDDのUSB変換BOXに接続します。
・USBをPCに接続します。
・HxDのアイコンを右クリックして、管理者権限でHxDを開きます。
・エクストラ→ディスク開く→ドライブ選択(ここで読込みのみのチェックボックスを外します)
・検索で51 BA 80 0Eを探して44 E9 02 3A(2TBの場合。8か所)に置き換えます。
・編集終了したら上書き保存します。
・3.5インチHDDのUSB変換BOXからHDDを取り外します。

HDDをレコーダに組付け、動作確認


取外しと逆の手順でHDDをレコーダに組付けます。
※動作確認のため、最初は仮組しておきます。



・レコーダの電源コードを接続し、HDMIケーブルをTVに接続します。
リモコンの「スタート」ボタンでレコーダを起動します。
・初期設定メニューのHDD管理機能でHDDをフォーマットします。
フォーマット終了後容量が約183H(DRモード)になっていたら成功です。(2TBの場合)
・終了後一旦電源を切ってコードを抜いて入れ直します。
・録画テストして動作確認して下さい。

EPIC 4Uのクラブバランス調整

EPICユーティリティの4UをバランスD2でリシャフトしたのですが、5Uとヘッドの重さが違う感じがしたので、クラブバランスを確認したところ、4UがD2.6、5UがD2.0でした。

オリジナルのクラブバランスはD1ですが、グリップが40gのものになっており、他の番手とグリップを同じもの(50g)に変更したためバランスが変わっていました。ブリップ交換の際は、重さを合わせないとクラブバランスが変わるので注意が必要です。

振り感を合わせるため、ウエッジを除いたクラブバランスはD1~D2に統一しており、ソールウエイトを変更して調整することにしました。標準10gのウエイトを4U:7gに変更して、4UのクラブバランスをD1.0に調整できました。

画像


ソールウエイトで調整した画像です。取り外してあるウエイトがオリジナルの10gのものです。

調整後の飛距離測定したところ、5Uと4Uの飛距離差が約10~15ydとなり、振った時のヘッドの重さの違和感も無くなりました。ユーティリティはヘッドが小さく鉛を貼る場所がないのでウエイトで調整できるのは良いですね。

因みにEPICユーティリティ用ウエイトは、2g4g6g7g10g12g14gのものがAMAZONで1個1500円程度で販売されています。

クラブバランスは、バランス計測器が無くても、簡易はかりでクラブ重量(W:オンス)と、グリップエンドから重心点(三角状の支点でクラブが水平になる所)までの長さ(L:インチ)を調べて、以下の計算式で求めることができます。

クラブバランス計算



①単位換算
W(オンス)=W(グラム)× 0.035274
L(インチ)=L(cm)×0.393701

②バランス計算
X=(L-14)× W
Y=X × 0.57-97

③バランス換算
計算値Y バランス
15   C0
16  C1
17  C2
18  C3
19  C4
20  C5
21  C6
22  C7
23  C8
24  C9
25  D0
26  D1
27  D2
28  D3
29  D4
30  D5
31  D6
32  D7
33   D8
34  D9

バランス調整後の飛距離測定





Before ※ソールウエイト10g
4U GBB EPIC:ロフト 20度+Tour AD HY-85(S)長さ 40.0インチ 
HS:38.3m/s、初速:52.5m/s、飛距離:169yd、ミート率:1.37
HS:38.2m/s、初速:54.4m/s、飛距離:175yd、ミート率:1.42
HS:38.7m/s、初速:54.7m/s、飛距離:176yd、ミート率:1.41
HS:38.9m/s、初速:53.5m/s、飛距離:172yd、ミート率:1.37
補正キャリー:175~180yd+ラン:10yd=トータル:185~190yd

after ※ソールウエイト7g
4U GBB EPIC:ロフト 20度+Tour AD HY-85(S)長さ 40.0インチ
HS:39.7m/s、初速:55.1m/s、飛距離:177yd、ミート率:1.38
HS:39.7m/s、初速:55.9m/s、飛距離:180yd、ミート率:1.40
HS:38.9m/s、初速:53.8m/s、飛距離:173yd、ミート率:1.38
補正キャリー:180~185yd+ラン:10yd=トータル:190~195yd

参考
5U GBB EPIC:ロフト 23度+Tour AD HY-85(S)長さ 49.5インチ
HS:38.1m/s、初速:52.8m/s、飛距離:164yd、ミート率:1.38
HS:38.1m/s、初速:52.5m/s、飛距離:163yd、ミート率:1.37
HS:37.8m/s、初速:53.6m/s、飛距離:166yd、ミート率:1.41
補正キャリー:165~170yd+ラン:10yd=トータル:175~180yd

関連記事


EPICユーティリティのリシャフト
EPICユーティリティの追加
EPIC FLASHフェアウエーウッドのシャフト交換
キャディーバッグの入替
GOLFクラブのNEWフルセット完成
ユーティリティの入替
アイアンセットの入替
ウエッジを3本にしてみた
ウエッジ3本化計画
GOLFクラブの番手別飛距離測定
EPIC FLASH 5Wレビュー
EPIC FLASH 3Wレビュー
EPIC FLASH衝動買い
ノーメッキウエッジの黒染め他のゴルフクラブメンテナンス
ゴルフクラブのDIYグリップ交換
ホームコースとゴルフスイング
クラブセッティング(ウッド編)
クラブセッティング(アイアン編)