純水(軟水)器の陽イオンフィルター再生成功

半年程前に洗車用に導入した純水(軟水)器の軟水の硬度を調べた所、殆ど効果がなくなっていたので、陽イオンフィルターを再生しました。

どの程度、陽イオンフィルターの効果が持続するのか調べた所、1Lフィルターの場合、75,000 ÷ 硬度 = 作られる軟水の量(リットル)の目安とのことです。

地域により水道水の硬度が異なり、水道水質データーベースで調べた所、平均硬度73でしたので、75,000 ÷ 73= 1027Lです。使用しているフィルターは800mlですがイオン交換樹脂が500mlとして約500L使用できる計算です。

一回の洗車で10L使用するとして、約50回洗車できる計算ですが30回程度でかなり効果が落ちています。洗車の頻度にもよりますが3か月~半年に1回程度はフィルターの再生をした方が良さそうです。

再生方法は精製塩(スーパーなどで一番安い塩(1kgで100円、5kgで500円くらい))を使用して10~15%濃度の食塩水をフィルターに流すだけです。精製塩の見分け方は、製造工程に「イオン膜」という表示があることで、ミネラル分を含んだ天然塩は価格が高めです。


再生に当たり用意したもの

・精製塩1kg
・水10L
・バケツ(食塩水を作り、処理水を受けるのに使用)
・ポリタンク(食塩水を軟水器に流し込むのに使用)
・ショウゴ(食塩水をポリタンクに移すために使用)
・ホース(ポリタンクと軟水器を接続するのに使用)
・硬度指示薬(硬度を確認するために使用)

再生手順



・最初に水道水と軟水器の処理水の硬度を調べます。
 紫色に近く殆ど硬水になっていました。再生後と比較するため再生前の処理水はとっておきます。
・10~15%の食塩水を作ります。
 バケツの約10Lの水に1kgの精製塩を入れて良く攪拌します。
・食塩水をポリタンクに移します。
 作った食塩水をジョウゴを使ってポリタンクに移します。
・ポリタンクと軟水器をホースで接続します。
 軟水器に接続するためホースコネクタを使用しました。
・ポリタンクの蛇口を開けて軟水器に食塩水を流し込みます。
 高低差を利用して少しづつ流れるように調整します。1時間程かけて流しました。
・ポリタンクと軟水器を分離後、水道水を接続して食塩水を洗いながします。
 食塩水がフィルター内に残らないように注意します。
・再生出来ているか確認するため、軟水器の処理水を硬度指示薬で調べます。
 再生前のものと比較すると分かり易いです。
・処理水の廃棄など後片付けして終了。
 再生に使った食塩水には高濃度の硬度成分が含まれているので、再利用はできません。 

関連記事


スポンサーリンク




イオン交換カートリッジ 陽イオン交換タイプ ブラケット付き IRC-10FC-B

水処理用品オンライン

【型番】IRC-10FC-B【規格】出入口径:3/4インチ、ブラケット付き【簡易説明】内容量:672





楽天市場








カクダイ メタルネジニップル 567-041

カクダイ(KAKUDAI)



amazon.co.jpで買う

Amazonアソシエイト








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント