PGA TOUR「ZOZO CHAMPIONSHIP」開催コースのメンバー解説(KINGコース編)

日本初のPGA TOUR「ZOZO CHAMPIONSHIP」3日目が無事終了し、マスターズに続き復活したタイガーの優勝大変嬉しく思います。また、強靭なPGAメンバーの中で2位に入賞した松山プロも善戦しその実力を日本のファンの前で発揮してくれてたのもとても良いですね。

プレーしてみたいと思われた方も多いと思いますので、開催コースのアコーディア・ゴルフ 習志野カントリークラブのコース情報をメンバーの視点で解説してみます。 各ホールの特長や攻め方などを、トーナメント使用ホールを中心にエピソードを交えて記事にします。

「ZOZO CHAMPIONSHIP」の最終日のタイガー、松山の大凡のプレー軌跡をホールレイアウトに記録しましたのでプレーの際に参考にはならないかも知れませんがご参照下さい。また、TV放送でコースが改修された部分があれば、追って記載していく予定です。

情報量が多いので、まずはキングコースです。クイーンコースも後日記事にする予定です。習志野CCの概要・歴史・アクセスなどはアコーディア・ゴルフのホームページをご参照下さい

追記:2019/11/2
印刷用にPDFファイルを作成しました。A4用紙に印刷後、縦中央の線で山折りして5枚バラバラにしてから重ねて左上にホチキス止めしてから上下に折るとA4の四つ折りになりポケットに入ると思います。


印刷後A4用紙の折り方などの動画


 

KINGコースOUT コース図出展:ShotNavi、ホール情報出展:アコーディア・ゴルフ

HOLE No.1 Par4 HDCP3 YARDS RED:279/WHITE:279/BLUE 393





・左ドッグレッグのミドルホール。
・フェアウエイセンターからやや右目狙い。
・レギュラーティから約270ydでコーナ奥のラフに突き抜けるので飛ばし屋は注意。
グリーン奥がOBなのでセカンドのクラブ選択要注意















 

HOLE No.2 Par4 HDCP12 YARDS RED:310/WHITE:347/BLUE 362





・ストレートなミドルホール。
・ティーショットは正面の木の左右に打っていくが左の林奥がOBなので引っ掛け要注意。 
木の右だとグリーン手前の高い木とバンカー越えになるので右グリーンの場合は木の右狙い
・左グリーンの場合は木の右の方が狙い易いがティショットで木を越えるのが前提となる。
















HOLE No.3 Par3 HDCP9 YARDS RED:136/WHITE:159/BLUE 174



ZOZO CHAMPIONSHIP HOLE No.13 Par3 YADS 141
Tiger Woods:par
Hideki Matsuyama:par


・砲台グリーンのショートホール
・ティショットでピン位置によっては、木がプレッシャーになる。
・砲台で手前のバンカーも深くキャリーでグリーンに乗せたいが奥にこぼれるとボギーになり易い。














HOLE No.4 Par5 HDCP1 YARDS RED:533/WHITE:583/BLUE 608



ZOZO CHAMPIONSHIP HOLE No.14 Par5 YADS 608
Tiger Woods:Birdie
Hideki Matsuyama:par


・距離が長いロングホール
・フェアウエーが馬の背状にうねっているのでクラブ選択に注意が必要。
グリーン手前約100Ydが谷になっているので、セカンドショットはその手前に置いておくのが良い
・右グリーンは3段グリーンになっており、ピン位置によってはパットの難易度が高くなる。













HOLE No.5 Par4 HDCP7 YARDS RED:315/WHITE:420/BLUE 444



 

・穏やかな右ドッグレックのミドルホール

・ ティショットはフェアウエー右側の2本の木の間狙い。

・左にOBがあるため、木の左だと突き抜け注意。












HOLE No.6 Par3 HDCP13 YARDS RED:135/WHITE:159/BLUE 171




・谷越えのショートホール

・グリーンがガードバンカーで囲まれており、キャリーでオンさせる必要がある

・ 左OBなので、左グリーンの場合はティショットは要注意


 




 





HOLE No.7 Par4 HDCP5 YARDS RED:283/WHITE:377/BLUE 399




・ストレートなミドルホール

・右側にクロスバンカーと木があり、ティショットは左目狙い

・グリーン左と奥がOBなので、手前から攻めたい。
















HOLE No.8 Par5 HDCP15 YARDS RED:413/WHITE:498/BLUE 520



ZOZO CHAMPIONSHIP HOLE No.12 Par4 YADS 490
Tiger Woods:par
Hideki Matsuyama:par



・トーナメントではPar4。通常は距離が短めのロングホール。

・ティショットは真ん中狙い

・レギュラーティから約240ydで左奥のクロスバンカーに入る。

・セカンドは打ち下ろして、グリーンが打ち上げになるのでクラブ選択に注意が必要。









HOLE No.9 Par4 HDCP11 YARDS RED:342/WHITE:377/BLUE 393











・左ドッグレックのミドルホール

・ティショットは左狙い。

・レギュラーティからティショットで左クロスバンカーを超えるにはキャリーで約220yd必要

・グリーン左と奥がOBなので、セカンドのクラブ選択要注意。








KINGコースIN コース図出展:ShotNavi、ホール情報出展:アコーディア・ゴルフ

HOLE No.10 Par4 HDCP4 YARDS RED:306/WHITE:366/BLUE 376



ZOZO CHAMPIONSHIP HOLE No.10 YARDS 376
Tiger Woods:par
Hideki Matsuyama:par



・ZOZO CHAMPIONSHIP初日、タイガーが5Wで引っ掛けて池に入れたホール

正面に習志野カントリークラブのロゴ「NCC」の植木があるホール。

・左ドッグレック、ティーショットは打ち下ろしで左の池がプレッシャーになる。

・飛距離が出る方は池越えも狙えるが、レギュラーティーから250yd位で奥のラフに入るのでフェアウエイセンターからやや右目狙い。あまり右に逃げるとセカンドの距離が残る。

セカンドはかなりの打ち上げになるので、残り距離+10~15ydの番手となるがグリーン奥がOBなのでクラブ選択には注意が必要。






HOLE No.11 Par5 HDCP18 YARDS RED:466/WHITE:511/BLUE 529




ZOZO CHAMPIONSHIP HOLE No.11 Par4 YADS 486
Tiger Woods:Par
Hideki Matsuyama:Birdie



・穏やかな左ドッグレッグホール。通常はpar5。

・ティーショットは右目狙い

・レギュラーティーから右クロスバンカー越えは約230ydのキャリーが必要

・グリーン周りはバンカーが多く、キャリーでオンさせる必要がある。







HOLE No.12 Par4 HDCP10 YARDS RED:345/WHITE:392/BLUE 405






・距離が長めのミドルホール 

・ ティショットはフェアウエー左目狙い

フェアウエーが右に傾斜しているので右目だとラフに入り易い。

・レギュラーティから約240yで右のクロスバンカーに入る。












HOLE No.13 Par3 HDCP16 YARDS RED:118/WHITE:151/BLUE 166







横長グリーンで正確な縦距離が求められる

・ガードバンカーが多く、キャリーでオンさせる必要がある。

奥はOBなので、クラブ選択要注意。













HOLE No.14 Par4 HDCP8 YARDS RED:315/WHITE:415/BLUE 425





・左のOBラインが浅いのでフェアウエー右狙い。

・レギュラーティから左クロスバンカー越えが約190yd

・左側はOBに向かって傾斜している。

・グリーン奥もOBがあるのでセカンドのクラブ選択要注意。












 

HOLE No.15 Par4 HDCP2 YARDS RED:303/WHITE:409/BLUE 429







・距離の長いミドルホール

・ティショットはフェアウエーやや左狙い。

・レギュラーティから約240ydで右クロスバンカーに入る。

・グリーン周りは大きいバンカーがあるので、センター狙いで。











HOLE No.16 Par3 HDCP14 YARDS RED:136/WHITE:164/BLUE 183



ZOZO CHAMPIONSHIP HOLE No.16 Par3 YADS 183
Tiger Woods:par
Hideki Matsuyama:Birdie


・大きな池がプレッシャーになるショートホール

池に向かって傾斜しているのでグリーンセンター右目狙い

・サントリーオープンでは池の水が増やされ、グリーンまで池が広がっていた。

金子忠憲プロがミケルソンに池にソールを指摘され、更に水切りショット失敗で13打った伝説のホール。










HOLE No.17 Par4 HDCP6 YARDS RED:384/WHITE:439/BLUE 461



ZOZO CHAMPIONSHIP HOLE No.17 Par4 YADS 491
Tiger Woods:par
Hideki Matsuyama:par



・距離のある穏やかに左ドッグレックしているミドルホール

・ティショットは右目狙いだが、セカンド地点が右傾斜しているので左の木の右側がベスト

・セカンドは手前から攻めたほうが良い。











HOLE No.18 Par5 HDCP12 YARDS RED:460/WHITE:532/BLUE 573



ZOZO CHAMPIONSHIP HOLE No.18 Par5 YADS 562
Tiger Woods:Bogey
Hideki Matsuyama:Birdie



石川遼プロがプロアマトーナメントで初アルバトロスを出した距離のあるロングホール。

林越えで、セカンドの残りが200ydを切ったPGA選手がいたのは本当に驚き。

・左ドッグレックのロングホール

・フェアウエー右目狙い。距離の出る人はコーナ狙いになるがレギュラーティから約250ydで奥のクロスバンカーに入る。

横峯さくらプロがスプーンでコーナに約240ydでショートカット成功したのが鮮明に記憶に残っている。

セカンドは右が崖になっているので、センターからやや左目に狙いたい。

・グリーン奥からの寄せは難しいので手前から攻めたい。




関連記事



スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント