EPIC FLASHユーティリティ3U(2019年モデルのUS仕様)レビュー

8月末に販売開始されたEPIC FLASHユーティリティのUS仕様を入手しました。フェアウエーウッドが苦手なので5Wの代わりになりそうなロフト角18度の3Uです。


ドライバー、フェアウエーウッド同様にフェースがAI設計のFLASHFACEになっており、ROGEユーティリティでも採用されているフェース面後方に2本の柱がある「JAILBREAK TECHNOLOGY」が搭載され最新技術満載のユーティリティです。

US仕様はアジャスタブルホーゼル(通称カチャカチャ)が採用されておりロフト角+2度~-1度、ライ角D、Nの調整が可能です。オリジナルシャフトは三菱ケミカルのTENSEI AV Silver 70でフレックスはSにしました。 

US仕様EPICユーティリティ(旧モデル)4Uのロフトが22度(-1度で調整)なので、この3Uのロフトは+1度調整して19度にしました。シャフトが手元調子なのでライ角は捕まりがよくなるDにして様子を観ようと思います。

練習場で打ってみた感想としては、旧モデルより弾き感が大分強くなり打感は固くなった印象です。低スピンのためか弾道が低めでいわゆるボウダマ系で何度かドロップ気味の打球が出たことが気になりますが、スピン系のコース球でラウンドしてみて様子を観たいと思います。

同じロフト角でシャフト長が1インチ以上短いですが5Wの飛距離と殆ど同じなので飛距離性能は高いですね。5Wを抜いて、この3Uを入れてラウンドする予定です。距離を稼ぎたいセカンドショットで活躍しそうです。

また、オリジナルシャフトは手元調子で他のクラブと振り感を合わせるため5U、4Uと同じグラファイトデザインのTOUR AD HYシリーズにリシャフトしたいと考えています。リシャフト後のラウンドを含めたインプレッションは別途記事にしたいと思います。

簡易飛距離測定器で計測


3U EPIC FLASH(US):ロフト 19度(+1)+TENSEI AV Silver 70(S)長さ 40.5インチ
①HS:36.9m/s、初速:53.2m/s、飛距離:182yd、ミート率:1.44
②HS:36.6m/s、初速:54.1m/s、飛距離:185yd、ミート率:1.47
③HS:37.5m/s、初速:55.7m/s、飛距離:190yd、ミート率:1.48
補正キャリー:185~195yd+ラン:10yd=トータル:195~205yd 
※飛ばないレンジボールなのでコースボールの補正として約+5yd

ご参考(以前に測定した4U、5W飛距離データ)


4U EPIC STAR(US):ロフト 23度(-1)+Tour AD HY-75(S)長さ 39.5インチ
①HS:38.0m/s、初速:53.1m/s、飛距離:171yd、ミート率:1.39
②HS:38.8m/s、初速:52.0m/s、飛距離:167yd、ミート率:1.33
③HS:37.6m/s、初速:53.7m/s、飛距離:173yd、ミート率:1.42
補正キャリー:170~180yd+ラン:10yd=トータル:180~190yd

5W EPIC FLASH:ロフト 18+1度+Tour AD PT6(S):長さ 42.5インチ
①HS:43.0m/s、初速:56.3m/s、飛距離:186yd、ミート率:1.30
②HS:43.0m/s、初速:56.3m/s、飛距離:186yd、ミート率:1.30
③HS:40.7m/s、初速:57.3m/s、飛距離:191yd、ミート率:1.40
補正キャリー:190~195yd+ラン:15yd=トータル:205~210yd

関連記事

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント