ガソリン車6L対応ジャンプスターターの追加導入

少し前にジャンプスターターを入手したのですが、ピーク電流500Aでガソリン車5L、ディーゼル車2L対応で愛車のBMW X3(F25)は2Lディーゼル車ですのでギリギリです。

キャンペーン他で価格が手ごろになっていたので、ピーク電流600Aでガソリン車6L、ディーゼル車5L迄対応で強制始動も可能なジャンプスターターを追加導入しました。ピーク電流500Aの方は嫁のVWポロ(6R)に移設しました。


この手のものにお世話にならないようにバッテリーの充電には気を付けているのですが、最近の高性能バッテリーは突然死する場合があるとのことで外出時の保険と災害時の電源として導入です。

バッテリー容量は14595mAhですがUSB2ポート付いており5V/2.1Aで急速充電が可能です。またLEDライトが付いており緊急時の懐中電灯としても使用可能です。

ジャンプスターターとして使用する場合


①電池容量が50%以下でないことを確認
②付属のバッテリークリップを本体に接続してクリップの指示ライトが赤・緑点灯することを確認
③クリップを車のバッテリーに接続して指示ライトが赤・緑点灯することを確認
④エンジン始動
⑤クリップの指示ライトが緑点灯後、赤・緑が交互に点灯してからクリップを外して終了です。

※車のバッテリー電圧が2V以下の場合などに強制始動する場合は、③でクリップの強制始動スイッチを3秒長押しして指示ライトが緑点灯したら30秒以内にエンジン始動

開封確認



開封確認した動画です。しっかりしたケースに本体の他、100V充電用アダプター、12V充電用アダプター、USBケーブル、日本語ページのある取扱い説明書が入っています。 LEDライト点灯のみの動作確認ですが問題なさそうです。

走行充電



ジャンプスターターをケースに入れてトランクに入れておいたのですが、いざ使用する時に容量不足にならないようにポータブルバッテリーと同様に走行時に充電できるようにしました。動画はポロに移設した小型のものです。今回導入したものも同様にX3のトランク内で走行充電できるようにしてあります。

ポータブルバッテリーと合わせて約50000mahの容量ですので、駐車中の車載冷蔵庫への給電や車中泊等の際の電源としても使用できます。また災害時の避難先でも走行(停車)充電できるので色々と使い道はありそうです。

因みにポータブルバッテリーは150Wと使用できる電力は少ないですが、修正正弦波100Vインバーターが内蔵されているので消費電力の少ない家電も使用可能です。

関連記事