ネットワーク防犯カメラ(パナソニックKX-HJC100K-W)レビュー

先日、親族宅にモニターが付いているパナソニックのVS-HC105-Wという防犯カメラを設置しました。設置した感想としては、画素数が粗いもののカメラを設置していることで十分な防犯効果が得られると思いました。

自宅に宅配BOXを設置したことも有り、防犯カメラ設置を検討していたため玄関まわりの他、庭やガレージにもカメラを設置することを考えていたのでネットワーク接続型(パナソニックKX-HJC100K-W)にしました。 


画素数の高いものも検討しましたが、本体とカメラ間がWifi接続のものが多く屋外、特に鉄筋コンクリート製のガレージに設置するカメラとの通信が困難なことと海外製のものが殆どで、耐久性や信頼性の面で見送りました。ネットワーク型でない単体設置の場合は画素数優先でもよいかも知れません。

ネットワーク接続型は4台までカメラを接続可能で、スマホアプリで外出先からも確認したり、カメラを経由して声を掛けることも可能なようです。 画素数が粗いのは動画を外出先から観る場合のレスポンスや通信パケット削減のためかも知れません。

また、カメラとホームネットワークの間は1.9GHz DECT準拠方式という無線です。Wifi接続のものは鉄筋コンクリートのガレージは中継器などがないと接続困難ですがこの無線は問題なく通信できています。ご参考に、スポンサーリンクに今回設置したモニター付きのもと、ホームネットワーク付きのものを掲載しておきます。

導入後、10日程度運用した感想としては、想定通りに安定動作しておりセンサー感度も問題ないです。やはり画素数が粗いのが難点で特に夜間は赤外線で白黒画像になるため、顔認識は難しいため1階玄関にセンサーライトを併設しました。ガレージ、庭にもセンサーライトを設置しています。

家の周りの人や車の動きが時系列で手にとるように分かりダミーカメラよりは防犯効果は遥かに高いと思います。 ホームユニットに32GBのマイクロSDカード(別途購入)を入れて録画していますが、低解像度で0.7GB程度の使用率なので1か月以上の録画が可能になります。

解像度は320×240と640×480の2種類を選択できますが、640×480にするとセンサー反応後3秒位後から録画開始となります。屋外から確認することは少ないのでもう少し高い解像度を選択できるようになると良いですね。

開封確認・カメラ登録



・カメラ本体
・カメラ取付用ブラケット(+スクリューネジ4本付き)
・カメラ電源ケーブル、ACアダプター
・安全ワイヤー(+ネジ2本、ワッシャー2個)
・センサー範囲調整キャップ

・ホームユニット本体
・壁掛けアダプター
・ACアダプター

・取扱説明書他。カメラ撮影中のステッカーも入ってます。

マイクロSDカード(最大容量32GB)は別途入手する必要があります。 
カメラを設置する前にホームユニットに登録しておきます。
 ホームユニットの「登録B」ボタンを長押しします。カメラ本体のBボタンを長押しするとホームユニットに登録されます。動画はガレージ用の室内カメラです。この他に室外カメラ2個を登録しました。

カメラ設置



①1F玄関(屋外カメラ KX-HJC100-W)
・カメラ設置
 宅配BOXが映るように玄関横の壁に取付けました。
 ドリルで穴あけしてから+スクリューネジ4本で固定しました。
・カメラ配線
 この配線が難関です。室内にケーブルを引き込む必要があり、壁センサーで空洞部分を探してドリルで穴あけしました。
 コネクターが付いている状態では配線を通し難いので、一度切断して長さも調整してハンダ付けしました。
 手の届かない高さで配線してシリコンシーラーで穴埋めと配線の防水処理しました。

②2F玄関(屋外カメラ KX-HJC100-W)
・カメラ設置
 外階段の下の方が映るように玄関横の壁に取付けました。
 取付方法は1F玄関と同じです。
・カメラ配線
 2階リビングのエアコン配管の穴を通しました。
 ここは比較的大きな穴が開いているので室内の引き込みは容易でした。

③ガレージ(屋内カメラ KX-HJC200-W)
・カメラ設置
 鉄筋コンクリートに穴あけを避けるため、タイヤラックを固定している転倒防止部品との間に挟んだ木製の板外に両面テープで取付けました。
 この位置では鉄筋コンクリート越えになるので電波が届くか確認してから設置しましたが、まったく問題ありませんでした。
 WiFi接続では、この場所は無理だと思います。
・カメラ配線
 既設のコンプレッサー用に設置した電源から分岐させていたテーブルタップに接続しました。

④庭(屋外カメラ KX-HJC100-W)
・カメラ設置
 外から入る部分が映るように2階バルコニー下に設置しました。
 取付方法は1F玄関と同じです。
 ・カメラ配線
 ベランダーの窓の下を経由して、2F玄関カメラと同じエアコン配管用の穴を通して室内に配線しました。

スマホで動作確認



あらかじめホームユニットをWifiルータに無線接続してからスマホをホームユニットに登録します。
・スマホ画面には2台のカメラが表示されます。カメラを切り替えて確認することができます。
通話ボタンを押し続けることでカメラを経由して声を掛けることが出来、相手の声も聞こえます。
・カメラのセンサーが反応して録画された動画を確認します。 日付毎に録画されているので、確認したい日の動画を選択します。

関連記事


スポンサーリンク

 

雨戸がない窓の台風対策

今秋の台風で甚大な被害となり、被災地の方々にお見舞い申し上げます。 我が家も台風15号の進路に近く最大風速60m/s近くの暴風が吹き、ピーク時は屋根やソーラーパネルが飛ばないか心配になるほどでした。

自宅は幸い被害は無かったのですが、二階の雨戸の無い窓が気になりガラス割れの簡易対策をしました。温暖化の影響か定かではありませんが、異常気象が続いており今後も前例のない台風が襲来する可能性が否めず飛来物や風圧によるガラス割れの予防対策です。

以前に飛散防止フィルムを貼っておいたので、TV報道されていた養生テープ等の処置は必要ないのですが、ガラス割れ防止にはならないので、色々調べていましたがシャッター等の本格的なものは高価ですので、 本来の使用方法ではないのでお勧めは出来ませんが安価なパーテションとバスマットを流用してみました。


出来ればシャッターかルーバーを設置したい所ですが2階の窓で足場がないと施工できないのも断念した理由です。次回のリフォームは3年後の予定なので、その時に再度検討となりますのでそれまでの暫定対策です。

雨戸がない窓の簡易破損対策



通常、床と天井にテンションをかけて設置するパーテションを横にして窓枠の外側に固定しました。この窓は、雨戸を付ける予定でしたが窓の高さが低いため、転落防止用に窓の外側にプランター等を置ける建材を追加する設計変更をしたため、窓枠に雨戸のレールが付いていますので、そのレールの側面に固定することが出来ました

通常の窓枠に設置する場合、設置場所の窓サイズやサッシの固定できる部分があるかを良く確認した方が良いです。きちんと固定出来ないと暴風で落下や飛来してご近所に迷惑を掛ける可能性がありますので十分注意が必要です。

また、このパーテションは防錆処理されていないようですので、常設ですと錆が出る可能性が高く台風対策時に設置した方が良さそうです。通常は本来の用途であるパーテションとして使用できるのも良いですね。

動画ではバスマットを窓とパーテションの間に仮置きしているだけですが、バスマットには穴が開いているのでタイラップや紐でパーテションに固定することを想定しています。

窓全をカバーできず、隙間が空いてしまいますがガラス窓の端の方はサッシもありますので風圧や飛来物による破損はほぼ防げると思います。

関連記事



スポンサーリンク


JT(日本たばこ産業)株の配当と優待が凄い

米中貿易戦争の懸案が縮小したことで、国内株式市場も上昇して昨年10月の高値を回復しそうな状況になってきました。高配当株を中心にNISAで投資をしているのですが、その中でも突出して配当率の高いJT(日本たばこ産業)について記事にします。 

主力事業のタバコ事業は縮小しているものの、海外のタバコ事業と食品・医薬品などへの多角化を進めているJT(東証一部2914)。
ここの所、株価が安くなってますが配当性向が非常に高く(記事作成時点で何と約6.3%)株主優待も魅力です。

JTの場合、一株配当が154円の予定ですので、年間配当154千円に加え優待が約1万円相当ですので合わせて約25千円の利回りとなります。

つまり記事作成時点で株価2441円ですので投資金額241千円に対して25千円(税引き前)の利回りで年率10%以上という驚くべき高利回りです。

株式は下落リスクがあるものの低金利政策が続いており、中・長期所有で配当を含めて考えた場合、非常に高利回りの金融資産だと思います。

NISAで税制優遇されていることもあり、昨年末の株価暴落後にJT他の高配当銘柄を購入しました。別記事でも紹介しましたが、株式売買は手数料の安いネット証券(SBI証券、楽天証券等)がお勧めです。

配当


今年度の一株配当が154円の予定で記事作成時点の株価が2441円ですので、6.3%という高配当率です。 100株保有で年間15400円(税引き前)の配当です。

株主優待



1年以上継続所有の株式100株以上で2500円相当のJTグループ商品(カップ麺等)が貰えます。権利確定は12月末日時点なので、6月末時点では株主優待はないと思っていたのですが6月末の中間配当時にも優待がありました。

ただし、優待の商品を選択してはがきを返送する必要があります。8月下旬に投函して9月下旬に届きました(はがきを送らないと優待を受けられません)。


この他、今年発売された約5千円相当の新型電子タバコ(プルーム・テック・プラス スターターキット)も頂きました。たばこカプセルは別途入手する必要があります。純正品でカプセル5個、カートリッジ1個(カプセル5個分使用可能)のものが500円でした。

USB充電して、本体中央付近のボタンを押しながら吸うのですが以前のプルームテックより煙が少なく物足りない感じも少ないです。紙たばこのように1本吸い切る必要がないので減煙できそうです。

関連記事

EPIC FLASHユーティリティ(US仕様3H)のリシャフト

8月末に販売開始されたEPIC FLASHユーティリティ3U(US仕様)のリシャフトしました。リシャフトといっても、US仕様はアジャスタブルホーゼル(通称カチャカチャ)が採用されておりスリーブ付きのシャフトに組み替えるだけです。


交換したシャフトは他のクラブと振り感を合わせるため5U、4Uと同じグラファイトデザインのTOUR AD HYシリーズのHY-65(S)にしました。長さ40.25インチとユーティリティ用のシャフトとしては長めなのと3W(TOUR AD PT6(S))との重量フローを考慮しました。



このユーティリティのホーゼルは新設計のものでユーティリティ用の370チップのものは純正品のみの流通で約6千円とまだ高価なので、
今回は長さを指定できるグリップ付き純正スリーブ付きシャフトを入手しました。

約15千円ですので、スリーブ6千円、グリップ1千円としてシャフト代金は約8千円ですのでリーズナブルね。ご参考までに入手したショップのリンクをスポンサーリンクに貼っておきます。

オリジナルシャフトは三菱ケミカルのTENSEI AV SERIES 70のシルバー(S)です。リシャフト結果は飛距離は殆ど変わりませんがリシャフトの目的である他の番手と振り感が統一されました。オリジナルシャフトとほぼ同じ重量ですが、このシャフトは剛性感が高く、筒状の棒を感じさせない感じがします。

練習場で打ってみて頻度はかなり減ったのですが、ドロップ気味のボールが出ることがあり気温も低くなってきたのでアジャスタブルホーゼルでロフト角を20度(+1度)にして様子を観ようと思います。

合わせてUS仕様EPICユーティリティ(旧モデル)4Uのロフト角を23度(+1度)、5Uのロフト角を26度(+1度)にしました。

簡易飛距離測定器で計測



3U EPIC FLASH(US):ロフト 19度(+1)+TOUR AD HY-65(S)長さ 40.5インチ
①HS:36.9m/s、初速:55.7m/s、飛距離:190yd、ミート率:1.50
②HS:36.4m/s、初速:55.0m/s、飛距離:188yd、ミート率:1.51
③HS:39.7m/s、初速:55.8m/s、飛距離:191yd、ミート率:1.40
補正キャリー:190~195yd+ラン:10yd=トータル:200~205yd
※飛ばないレンジボールなのでコースボールの補正として約+5yd 

3U EPIC FLASH(US):ロフト 19度(+1)+TENSEI WHITE 70(S)長さ 40.5インチ
①HS:36.9m/s、初速:53.2m/s、飛距離:182yd、ミート率:1.44
②HS:36.6m/s、初速:54.1m/s、飛距離:185yd、ミート率:1.47
③HS:37.5m/s、初速:55.7m/s、飛距離:190yd、ミート率:1.48
補正キャリー:185~195yd+ラン:10yd=トータル:195~205yd

ご参考(以前に測定した4U、5W飛距離データ)


4U EPIC STAR(US):ロフト 23度(-1)+Tour AD HY-75(S)長さ 39.5インチ
①HS:38.0m/s、初速:53.1m/s、飛距離:171yd、ミート率:1.39
②HS:38.8m/s、初速:52.0m/s、飛距離:167yd、ミート率:1.33
③HS:37.6m/s、初速:53.7m/s、飛距離:173yd、ミート率:1.42
補正キャリー:170~180yd+ラン:10yd=トータル:180~190yd

5W EPIC FLASH:ロフト 18+1度+Tour AD PT6(S):長さ 42.5インチ
①HS:43.0m/s、初速:56.3m/s、飛距離:186yd、ミート率:1.30
②HS:43.0m/s、初速:56.3m/s、飛距離:186yd、ミート率:1.30
③HS:40.7m/s、初速:57.3m/s、飛距離:191yd、ミート率:1.40
補正キャリー:190~195yd+ラン:15yd=トータル:205~210yd

関連記事

PGA TOUR「ZOZO CHAMPIONSHIP」開催コースのメンバー解説(QUEENコース編)

PGA TOUR「ZOZO CHAMPIONSHIP」の興奮冷めやらない内に、トーナメント開催コースのアコーディア・ゴルフ 習志野カントリークラブのQUEENコース情報をメンバーの視点で解説してみます。

プレーしてみたいと思われた方も多いと思いますので、各ホールの特長や攻め方などを、トーナメント使用ホールを中心にエピソードを交えて記事にします。

 「ZOZO CHAMPIONSHIP」の最終日のタイガー、松山の大凡のプレー軌跡をホールレイアウトに記録しましたのでプレーの際に参考にはならないかも知れませんがご参照下さい。また、TV放送でコースが改修された部分があれば、追って記載していく予定です。

概要・歴史・アクセスなどはアコーディア・ゴルフのホームページをご参照下さい。

追記:2019/11/2
印刷用にPDFファイルを作成しました。A4用紙に印刷後、縦中央の線で山折りして5枚バラバラにしてから重ねて左上にホチキス止めしてから上下に折るとA4の四つ折りになりポケットに入ると思います。



印刷後A4用紙の折り方などの動画


 

QUEENコースOUT コース図出展:ShotNavi、ホール情報出展:アコーディア・ゴルフ

HOLE No.1 Par4 HDCP3 YARDS RED:360/WHITE:385/BLUE:405


ZOZO CHAMPIONSHIP HOLE No.1 Par4 YADS 405 
Tiger Woods:Birdie
Hideki Matsuyama:par 

殆どの選手がフルバックから左クロスバンカーを軽々と越えてくるのは圧巻でした。
レギュラーティからナイスショットでもバンカー越えはなかなか難しいと思います。 

・ティショットはフェアウエー右狙い
レギュラーティから左クロスバンカーに約200ydで入る。
・セカンドはグリーン手前から













HOLE No.2 Par4 HDCP9 YARDS RED:305/WHITE:328/BLUE:350

ZOZO CHAMPIONSHIP HOLE No.2 Par4 YADS 363
Tiger Woods:par
Hideki Matsuyama:Birdie

松山のティショットはセカンド地点右側の木を超えていた
レギュラーティからでもこの木を超えることは殆どない。 

・距離は短いがセカンド地点で左右に木がある。
レギュラーティから約230ydで左のクロスバンカーに入る
・ティーショットは無理せず中央狙い。













HOLE No.3 Par5 HDCP15 YARDS RED:475/WHITE:514/BLUE 535






・ティショットはフェアウエー右目狙い
・レギュラーティから約220ydで左右のクロスバンカーに入る。
・砲台なのでグリーンに直接のせる必要がある。















HOLE No.4 Par3 HDCP7 YARDS RED:136/WHITE:175/BLUE 191








・ウネリのきついグリーン。
・手前から攻めたい。















HOLE No.5 Par4 HDCP13 YARDS RED:321/WHITE:345/BLUE:361







・ティショットはフェアウエー左狙い。
・セカンド地点が右傾斜している。
・ガードバンカーがあるのでグリーンを直接狙いたい。














HOLE No.6 Par4 HDCP5 YARDS RED:316/WHITE:342/BLUE:356








・ティショットはフェアウエー右狙い。
・レギュラーティから中央の木まで約200yd。
・砲台グリーンなのでセカンドの距離感が求められる。













HOLE No.7 Par3 HDCP17 YARDS RED:130/WHITE:157/BLUE 167

ZOZO CHAMPIONSHIP HOLE No.7 Par4 YADS 167
Tiger Woods:par
Hideki Matsuyama:par 

右奥のピンに対してタイガー、松山共に縦距離はピッタリで右側に付けていた。
8番か7番アイアンだと思うが精度が桁違い。 

・池のある谷越えのショートホール。
・昔は池の周りに狂暴なアヒルがいたが、最近見かけなくなった。
・グリーンは見た目よりうねっているのでセンター狙い。













HOLE No.8 Par4 HDCP1 YARDS RED:353/WHITE:379/BLUE:395

ZOZO CHAMPIONSHIP HOLE No.8 Par4 YADS 395 
Tiger Woods:par 
Hideki Matsuyama:Boggy

タイガー、松山ともフルバックから右クロスバンカーを軽々越えていた
松山のセカンドは右の林の中から強烈なフェードを掛けてグリーン手前まで届き唖然

・緩めの右ドッグレックの右ミドルホール。
・ティショットはフェアウエー左目狙い。
レギュラーティから約210ydで右クロスバンカー越え
・グリーンは奥から早く手前から攻めたい。












HOLE No.9 Par5 HDCP11 YARDS RED:467/WHITE:503/BLUE 529

ZOZO CHAMPIONSHIP HOLE No.9 Par4 YADS 486
Tiger Woods:par
Hideki Matsuyama:par 

通常ロングホールをトーナメントではミドルホールとして使用。
タイガー、松山とも左クロスバンカーを軽々と越えていた。 

・左ドッグレックのロングホール。
・ティショットはフェアウエー右狙い。
レギュラーティから左クロスバンカー越えは約220yd
・セカンドは無理せず中央狙い。
・砲台グリーンなので距離感が必要。











QUEENコースIN コース図出展:ShotNavi、ホール情報出展:アコーディア・ゴルフ

HOLE No.10 Par4 HDCP10 YARDS RED:322/WHITE:353/BLUE 381






・右ドッグレックのミドルホール。
・ティーショットはフェアウエー左目狙い。
レギュラーティから約230ydでコーナのラフ
・セカンドでグリーンが見えない場合は無理せずフェアウエーへ。














HOLE No.11 Par4 HDCP16 YARDS RED:320/WHITE:345/BLUE 358





ティーイングエリア右奥に飯合プロの自宅があったが、最近引っ越しされたようで、売りに出された模様。

・右がOBなのでティショットはフェアウエー左狙い。
レギュラーティからフェアウエー左の木まで約180yd
・グリーン奥はワンぺナ。














HOLE No.12 Par5 HDCP2 YARDS RED:474/WHITE:532/BLUE 574

ZOZO CHAMPIONSHIP HOLE No.6 Par5 YADS 587
Tiger Woods:Birdie
Hideki Matsuyama:Birdie

タイガーは右ドッグレックコーナの木の左ギリギリからフェードで池のほぼ先端まで飛ばしていた
松山はフェードが掛かりきず、奥のラフへ。力むと池に入ることもありプロのコントロールはやはり凄い。 

・右ドッグレックのロングホール。
・ティーショットは奥のバンカー狙い。
レギュラーティから約230ydで奥のバンカーに入る。
・セカンドはフェアウエー右目狙い。












HOLE No.13 Par4 HDCP12 YARDS RED:317/WHITE:344/BLUE 360







・ティーショットはフェアウエー中央の木狙い。
レギュラーティから約230ydで左クロスバンカーに入る。
・木越になることが多いので、木に近づきすぎないように注意が必要。














HOLE No.14 Par4 HDCP14 YARDS RED:314/WHITE:342/BLUE 357








・フェアウエー右クロスバンカーに注意。
・レギュラーティから約210ydでバンカーに入る。
・グリーンが横長なので、セカンドの距離感が必要。













HOLE No.15 Par3 HDCP6 YARDS RED:131/WHITE:163/BLUE 180

ZOZO CHAMPIONSHIP HOLE No.3 Par3 YADS 180
Tiger Woods:par
Hideki Matsuyama:Par

約180ydのショートホール。タイガー、松山とも縦距離は殆ど合っていた。
6I位だと思うが、やはりアイアンの距離感が素晴らしい。 

・谷越えのショートホール。
ガードバンカーはアゴが高いので出すのが難しい
・グリーン奥はOBなので、距離感が必要。













HOLE No.16 Par5 HDCP8 YARDS RED:454/WHITE:522/BLUE 554

ZOZO CHAMPIONSHIP HOLE No.4 Par4 YADS 505
Tiger Woods:Boggy
Hideki Matsuyama:Boggy

通常ロングホールをトーナメントではミドルホールとして使用。ティーショットは左の池、セカンドも池がありプレッシャーになるが軽々木越えで池に入れる選手は殆どいなかった。 

・ティーショットはフェアウエー右目狙い。
レギュラーティから正面の木まで約235yd
・セカンドは残り距離により池越えを狙えるが無理は禁物。
・グリーンはうねっており手前から攻めたい。












HOLE No.17 Par3 HDCP4 YARDS RED:119/WHITE:155/BLUE 191

ZOZO CHAMPIONSHIP HOLE No.5 Par3 YADS 191 
Tiger Woods:Birdie
Hideki Matsuyama:par 

距離があるショートホールでグリーン手前まで池があるが、タイガーがピン手前に付けた
池に入れる選手は殆どいなかった。190ydのアイアンショットの精度に関心するしかない。

・池と左OBがあるショートホール。
・池を恐れずピンを狙いたい。
・左グリーンの場合は奥のバンカー方向狙い。













HOLE No.18 Par4 HDCP18 YARDS RED:306/WHITE:324/BLUE 335







・比較的短いミドルホール。
・ティーショットはフェアウエー左目狙い。
レギュラーティから約240ydで右クロスバンカーに入る。
セカンドは打ち上げになるので距離感が必要














関連記事



スポンサーリンク