冬芝アプローチ対策でチッパーを試してみた

冬季のゴルフ場は芝が枯れて、アプローチでザックリミスをすることが多くなるので苦手意識があり、新兵器を導入しました。 夏合宿ゴルフの会長が昔から使用していて、前回ご一緒した時にお借りしてベタピンに寄ったので試してみたくなりました。

入手したのはオデッセイのX-ACTチッパーというもので、ロフト角度37°、シャフト長さ34.5インチです。フェース面にオデッセイ得意の白い樹脂が埋め込まれており、見た目はパターそっくりなのでそれほど違和感はありません


ランニングアプローチはボールをかなり右に置いて打つことになるので、ウエッジの刃が刺さりやすく特に冬季は芝が薄いので少しでもダフリ気味に入るとミスになりますが、チッパーはロフトを立てたウエッジに近い角度なので、パターのように払い打つ感じです。キャリー1/3、ラン2/3が目安のようなので、丁度ランニングアプローチのイメージですね。

バランス計測



バランスを計測してみるとD9とかなりヘッドが効いています。アプローチは振り幅が小さいので、バランスは重めの方が芝の抵抗に負けないイメージがあるのですがウエッジがD5位ですので更に重いです。

パターと同じように振るのでパターのタッチに影響が出ないか少し気になりますが、最近パターはクローグリップに変えているので、このチッパーは普通のグリップにして使ってみようと思います。

パターマットで試打



パターマットで打ってみた感想としては、パターと同じ打感でロフトなりにボールが上がってくれるのでグリーン廻りの逆目のラフからのアプローチ等でグリーンにキャリーしたい状況などで重宝しそうです。

ラウンドでの使用感


1月末の寒い日にホームコースで今年初のラウンドをした際に54度のウエッジを抜いて使ってみた感想としては、ザックリミスは出ないものの距離感が掴めず特にグリーン奥からのアプローチで想定外のランが出てしました。

下りのアプローチはスピンの入るウエッジの方が良さそうです。ライや状況により使い分ける必要があるという感想です。バランスがかなり重いことも関係しているかも知れませんが、もう少しラウンドしてみて距離感が掴めないようであれば、ウエッジに戻すかも知れません。


余談になりますが、このラウンドで昨年夏のゴルフ合宿でホールインワンを出された方から記念の刻印入りボールを頂きました。この方は2回目のホールインワンとのことで、やはり運を持っている人には出るのものなのですね。

それと、昨年秋のZOZOチャンピオンシップ開催後のラウウンドで、ホールスタッフが大幅に増員されていました。コースや設備の改修も進めるとのことで年会費の増額は痛い所ですが、ホームコースのサービスが良くなりそうなので良しとします

関連記事


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント