BMW X3(F25)DIYガラスコーティング再施工

車検後のメンテナンスが一通り完了したので、外装コーティングを行いました。DIYメンテナンスをすると愛着が高まります。一昨年の年末にDIYでガラスコーティングをしたのですが1回塗布のみで2回塗布した方が良いようなので再施工しました。


下地処理は前回行っているので、シャンプーと鉄粉取りをしてから施工しました。艶が戻り綺麗になりました。艶が戻るということはコーティング表面が劣化していたということだと思いますので、やはりガラスコーティングと言えども年に1回程度は再施工したほうが良さそうです。

後は予防メンテナンスとしてATFとデフ(センターとリア)を行うか検討して必要な油脂類と工具を調べたので防備録としてスポンサーリンクに貼っておきます。

ロックアップ付き8速ATですので機構が複雑なことは容易に想像できるので、ATFはこの8速ATミッションメーカのZF製OEM品を使って交換した方が良さそうです。交換時は樹脂製オイルパンとストレーナ(1体になっているようです)を合わせて交換した方が内部の異物が詰まるリスクが低くなるようです。

メーカではATFは無交換で良いとの指定ですが、走行距離が延びると交換リスクが高まるようなので交換するなら今のタイミングが良さそうですが、まだ変速ショックなどの症状は出ておらず、弄り壊すリスクを考えて7万km程度までこのまま行くか思案中です。

デフオイルの方は内部の機構は歯車のみでオイル交換も難易度は高くないようですが、内圧が高くなっている場合があり注入口を緩めてからドレンを外した方が良いようです。何れにしてもATF交換は、油温を40~50度にして液量を調整する必要があるとの事と、デフオイルも粘度が高いので暖かくなってからの方が良さそうです。

ガラスコーティング再施工



・水を掛けて、砂や異物を洗い流します。
・シャンプで汚れを落とします。
・水でシャンプーを落として軽く拭き上げます。
・鉄粉取りクリーナをスポンジに付けてボデー全体に伸ばしていきます。
・水で鉄粉取りクリーナを落として、拭き上げます。
・ガラスコーティング剤をスポンジに適量付けてパネル毎にコーティング剤を塗り伸ばしていきます。
・固く絞ったマイクロファイバークロスでムラが出ないように良く拭き伸ばします。
・乾いたマイクロファイバーでムラが無いか確認しながら仕上げて施工終了です。
完全硬化に3日程度掛るようなので、その間水が掛からないようにする必要があります。

・硬化後、ガラスコート層保護と仕上げで簡易コーティング剤を施工しました。
・水洗いして砂などを落としてから軽く水を落とします。
・コーティング剤をマイクロファイバークロスに吹きかけてからボデーに塗り伸ばします。
・最後にセーム皮でふき取りして施工完了です。

関連記事

BMW X3(F25)20Dの燃料フィルター交換
SSD化したBMW CICナビのマップ2020年版に更新成功
BMW X3(F25)ブレーキパッドDIY交換


スポンサーリンク