マスクの除菌にも使えるUV-C除菌ケース

新型コロナウイルスの収束がなかなか見えない中、マスク不足が解消されない状況が続いており不織布マスクを再利用しています。 アルコールや除菌スプレーを吹きかけたり、部屋干ししたりするのですが十分除菌出来ていないマスクを再利用せざるを得ないのはリスクが高いですね。

マスクに付着した新型コロナウイルスは2,3日は活性状態を維持しているとの情報があり次亜塩素酸ナトリウムの希釈水などで水洗いしたい所ですが、不織布マスクを水洗いすると、不織布の繊維が粗くなってしまいマスク効果が落ちてしまうので止めた方が良いようです。

歯科医院などで見かける紫外線除菌装置はかなり高価ですが、スマホ用のUV-C除菌ケースなら比較的安価に入手可能です。ハンディタイプのものもありますが、十分除菌するためにはケース状のものの方が良さそうです。

紫外線(UV-C)の除菌効果を調べた所、波長275nm(ナノメートル)の深紫外線発光ダイオード(LED)製品で、大腸菌や黄色ブドウ球菌などの細菌とインフルエンザウイルス、ノロウイルスの不活化は検証済みで、新型コロナウイルスの不活性化も検証中との情報があり効果が期待できそうです。

因みに、UV- C波とは200~280nmの波長のものですが、入手したスマホ用のUV-C除菌ケースは除菌効果の最も高い波長253.7nm付近の波長を作り出せるUV-C照射チップ内臓により、除菌力は直射日光にも含まれている波長350nmの約1,.600倍にも達し、ウイルス·ダニ· PM2.5など有害物質の無効化に最も有効な波長で照射できるとの触れ込みです。

メーカ不明のこの手の製品は説明通りの効果があるのか疑問もありますが何もしないよりは良いのではと思い、除菌とスマホのワイヤレス充電を同時に行えるものを入手してみました。使用する予定はないですが、アロマディフューザーとしても使用することもできるようです。

使ってみた感想としては、普通サイズの不織布マスクを広げた状態で数枚入れることが出来、18分のクイック消毒と30分の完全消毒モードがあり、殺菌・消毒完了後は自動でオフになるオートシャットダウン機能も付いているので電源の切り忘れがなく安心です。 

スマホのワイヤレス充電の問題なく行えることができました。除菌ケースの上にスマホを載せて充電するので除菌と同時に充電もOKです。typeCのUSBケーブルが付属しており、10W,7.5W,5Wに対応しているので、対応モデルは高速充電を利用することができます。

スマホ除菌ボックス開封・動作確認



・本体の中にTypeCのUSBケーブルとアロマディフューザー用のスポイト2本が入っていました。
・取扱説明書は表裏で日本語と英語表記です。
・本体の中に普通サイズの不織布マスクを広げた状態で入れることができます。
・蓋を締めて上部のボタンを押すことで、除菌モードを切替えます。緑と赤の点灯が18分のクイック消毒とワイヤレス充電です。
・動画に映っていませんが、もう1度ボタンを押すと30分の完全消毒モードに切り替わります。ボタン長押しで電源ON・OFFです。
・蓋を開けると紫外線ランプが消える仕様になっており、少し開けた状態で紫外線ランプ点灯していることを確認しました。
・本体上部にワイヤレス充電対応スマホ(iPhone11)を置いて充電可能なことを確認しています。

関連記事


スポンサーリンク



iPhone/iPadの外部ストレージ(USBメモリ)レビュー

ご存知の通りiPhoneやiPadは本体にマイクロSDカード等でメモリ増設が出来ないので、撮影した動画が増えると容量不足になり易いです。また撮影した画像や動画をPCに取込む際にUSBケーブルでPCに接続してコピーする手間が掛かることもあり、USBメモリの外部ストレージを入手しました。

入手したのは、Apple認証(MFI取得 iOS 13 対応)の128GBフラッシュドライブで、LightningとUSB 3.0の端子が両側についているものです専用アプリでiPhoneやiPad内のファイルをコピー(移動)、バックアップ可能で、殆どの動画ファイル形式(.WMV、.AVI、.MKV、.MP4、.MOV)に対応しています。

ストレージ本体が金属製で見た目も良く、耐久性や放熱性も問題なさそうです。LightningとUSB 3.0の端子の入替えもスムースです。日本語の取扱説明書も付属しています。端子がむき出しでキャップは付属していませんのでした。

使用してみた感想としては、事前に専用アプリ(iDiskk MAX)をインストールしておけば、iPhone/iPadのライトニングコネクタに刺すと専用アプリが自動起動ファイルコピー速度も問題ないです。

USB 3.0側の端子をWindowsPCに刺してコピーしたファイルにアクセスできることも確認できました。但し、iPhoneのカメラ設定の初期設定フォーマットは「高効率」になっているようで「互換性優先」に設定しておかないとWindowsPC側で動画のファイル形式エラーとなる場合があるようです。

iPhoneのカメラはどんどん高性能になっており、十分デジカメの代わりになるので動画で容量不足になる場合にこの外部ストレージはとても便利です。これでiPhoneで撮影した動画を編集するときにPCに取込む手間が減らせ、未検証ですが、車のオーディオにUSB端子がある場合はiPhoneからコピーした音楽や動画を再生することも出来そうです。

iPhone/iPad USBメモリ開封・動作確認



・取扱説明書の後半が日本語になっています。
・ストレージ本体が金属製で見た目も良く、耐久性や放熱性も問題なさそうです。
・LightningとUSB 3.0の端子の入替えもスムースで、カチ音がして固定できます。
・App Storeで「iDiskk MAX」をインストールします。
・iPhoneにUSBメモリを刺すと「"iDiskk MAX"が通知を送信します」の表示があるので許可します。
・アプリでiPhoneのファイルを表示します。
・右上の「複数選択」をタップすると、ファイルの左側に選択マークが表示されます。
・コピーしたいファイルを選択して左下の「コピー先」をタップします。
・「外部ストレージ」が表示されるので、右下の「貼付け」をタップするとコピーしたファイルが表示されます。
・コピーしたファイルをタップして再生できることを確認しています。
・iPhone内の音楽ファイルにアクセスできることを確認しています。
・バックアップ設定画面を確認しています。
・設定項目を確認しています。
・iPhoneのカメラ設定のフォーマットを「互換性優先」に設定しています。
・iPhoneで撮影した動画をWindowsPCで再生可能なことを確認しています。

関連記事


スポンサーリンク



BMW X3(F25)ホイールのガラスコーティング再施工

先日、愛車BMW X3(F25)の夏タイヤ交換時にホイール清掃をしておいたのですが、時間の関係でガラスコーティングを分けて行いました。一昨年末にガラスコーティングしていますが、ブレーキパッドを低ダストタイプに交換したので再施工することにしました。


コーティング前の下地処理にあたり、鉄粉落としスプレーとトラップ粘土も使用しましたが塗装の中まで刺さった鉄粉までは落とし切れませんでした。恐らく、表面に付着した鉄粉がブレーキの熱でホイールの塗装と密着した状態になるのだと思います。

この状態になると一度、塗装ごと研磨して再塗装するしかなさそうです。遠目には殆ど分からないので今回はこの状態で良しとしました。塗装やこの手のメンテナンスはDIYで深追いするとかえって状態を悪くすることが多いです。

ホイールは形状が複雑なのでお薦めはしませんが、塗装をチャレンジする場合はホイールは高温になるので、耐熱性の高い専用のものを使用した方が良さそうです。ご参考にスポンサーリンクにホイール用クリア塗料を貼っておきます。 

欧州車の純正のブレーキパッドはメンテナンスを怠ってしまうとこのような状態になりかねないので手入れが大変ですね。特にドイツ車は速度制限のないアウトバーンでも制動力を確保するため、ブレーキの制動性能重視になっておりブレーキディスクも削れるのでダストが非常に多いです。

別記事の通り、サーキット走行などハードな使いかたをしない場合は、ダスト低減タイプのブレーキパッド「DIXCEL M-Type」等に交換した方が、ブレーキディスクの摩耗も少なくなり、初期コストは掛かるもののメンテナンスの手間とコストが削減出来るので、出来れば早目に交換しておいた方が良いですね。

ガラスコーティング再施工



・最初に水垢クリーナで塗装面を掃除します。鉄粉も少し落とすことができるようです。
・次に鉄粉落としスプレーと粘土を使用しましたが塗装の中まで刺さった鉄粉までは落とし切れませんでした。遠目には殆ど分からないので今回はこの状態で良しとしました。
・コーティング前にシリコンオフを吹きかけてキッチンペーパーでふき取りながら脱脂します。
・ガラスコーティング剤を付属スポンジに数滴付けてホイールに塗り伸ばしていきます。
・角の部分などスポンジでは塗り難いので、マイクロファイバークロスで塗り伸ばしました。
・最後に乾拭きしてコーティング終了です。完全硬化まで3日程度掛るようです。

関連記事

BMW X3(F25)足廻りゴム部品の劣化防止
SSD化したBMW CICナビのマップ2020年版に更新成功
BMW X3(F25)ブレーキパッドDIY交換

★Rakuten UN-LIMIT★iPhone6SとXperiaZ4で動作検証

楽天モバイルから2020年4月4日に発送連絡のメールが届き、事前に届くのかと思いましたが運送会社止めになっていたようで、2020年4月8日のサービス開始日にRakuten UN-LIMITのSIMカードが届きました。SIMカードの他、初期設定のマニュアルが同梱されていました。

手持ちのiPhone6SとXperiaZ4(ドコモ版をSIMフリー化したもの)にSIMカードを刺して動作検証してみました結果は下記の通りでした。既に、ネット上で多くの情報が出ていますが、同一機種をお持ちの方に参考になれば幸いです。

①iPhone6S(iOS 13.4.1) 

楽天の電波を掴むものの、暫らくすると通信不可になります。設定を色々試してみましたが通信NGです。
・手持ちのiPhone7plusでも同様に通信NGでした。
※ネットの情報ではiPhoneXR以降ならLTE通信できるようです。
未確認ですが、eSIM対応のiPhoneXR以降では物理SIMとRakuten UN-LIMITのeSIMのデュアルSIM化が可能なようです。
※無料通話はそもそも「Rakuten Linkアプリ」のiOS版がリリースされていないのでNGです。

②XperiaZ4(Android 6.0) 

LTE通信はモバイル通信他の設定変更で動作し、楽天の4G電波を掴んでいます
・楽天回線エリアでのSPEEDTEST結果も下り:40.8Mbps、上り:6.36Mbpsと特に下りは問題ない速度が出ています。
デザリングも問題なく動作しましたので、WIFIルーター代わりにも使用可能です。
・無料通話が可能となる「Rakuten Linkアプリ」はメモリ不足のためか起動後すぐに落ちてしまいます
※因みに通常の電話アプリで使用する場合は30秒20円の通話料金が掛かります。
※XperiaZ4の設定変更内容

a)アプリ「MTK Engineering Mode」をインストールして起動し「Android Setting」→「携帯電話情報」
※未検証ですが電話アプリで「*#*#3646633#*#*」にダイヤルしても同じ画面が表示されるようです。
 優先ネットワークを設定→LTE only
※電話設定(XperiaZ4では表示されませんでした)
 IMS→VOLTE Setting→CMW500 Setting

b)設定→その他の設定→モバイルネットワーク→アクセスポイント名
 APN:rakuten.jp
 MCC:440
 MNC:11
 APNタイプ:default,supl,tether
 APNプロトコル:IPv4/IPv6
 APNローミングプロトコル:IPv4/IPv6
 ベアラー:LTE

※ims電話設定(XperiaZ4では設定しても「Rakuten Linkアプリ」起動しませんでした)
 APN:ims
 MCC:440
 MNC:11
 APNタイプ:ims
 APNプロトコル:IPv4/IPv6
 APNローミングプロトコル:IPv4/IPv6
 ベアラー:LTE

小生の場合は、メインスマホは別キャリアで通話はそちらを使用するので、サブスマホはLTE通信のみの使用想定なので問題ありません車載でCarPlay利用するのが主な利用想定でしたのでXperiaZ4のLTE通信をiPhoneにデザリングして使用可能です。今後iPhone対応などのサービス拡充もされていくと思われるので、様子を観たいと思います。

また、本日2020年4月16日に発表されたiPhoneSE(iPhone8の後継)がeSIM対応のようですので、大型モデルiPhoneSEplus?が発売されればメインスマホのiPhone7plusから機種変更してデュアルSIM化によりLTE通信を通信制限なしの楽天回線にしてみたいと画策しています。

Rakuten UN-LIMITをiPhone6Sで動作検証



・電源が落ちた状態でiPhone6SにRakuten UN-LIMITのSIMを差し込みます。
・SIMの金属接点部分に触れないように注意します。
・起動したら、モバイル通信のAPN設定を変更します。
・次に、楽天の回線を選択します。
・アンテナが一瞬立ちますが暫くすると切れてしまいます。iPhone7plusでも同様にNGでした。

Rakuten UN-LIMITをXperiaZ4で動作検証



・電源が落ちた状態でXperiaZ4にRakuten UN-LIMITのSIMを差し込みます。
・SIMの金属接点部分に触れないように注意します。
・APNに通信設定を追加登録します。
・電話接続用のAPNを追加登録します。注意。XperiaZ4では通話NGでした。
・次に、アプリ「MTK Engineering Mode」をインストールして起動します。
・Android Setting→携帯電話情報→優先ネットワークを設定→LTE only
・通話用アプリ「Rakuten Link」はメモリ不足のためか、起動後、直ぐに落ちてしまいます。
・アンテナの左横に「LTE」が表示されています。
・「SPEEDTEST」で通信確認します。動画では省略していますが、デザリングONにしてiPhoneから接続OKでした。
・楽天回線エリアで下り:40.8Mbps、上り:6.36Mbpsでした。特に下りは問題ない速度が出ています。

関連記事


スポンサーリンク


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Rakuten UN-LIMIT(楽天モバイルSIM)

価格:3300円(税込、送料無料) (2020/3/5時点)









BMW X3(F25)足廻りゴム部品の劣化防止

新型コロナウイルス対策で緊急事態宣言が出て外出自粛となっており車での外出も控えていますが、夏タイヤへの交換時期ですので嫁のVWポロ(6R)に続き自宅ガレージでタイヤ交換と足廻りゴム部品の劣化防止対策を行いました。

まず、タイヤを外してドライブシャフトブーツやサスペンションアームのブッシュ他のゴム部品のひび割れがないか目視点検します。昨年末に車検を通しており、破れがあると下回り検査でNGになるので、車検前にも事前に点検しており破れや劣化は無いです。 

ゴム部品の経年劣化は避けられず交換となると、かなり大掛かりなメンテナンスになります。足廻りの交換作業はブッシュの圧入などの特殊工具が必要になる場合が多いです。

ゴムに浸透して本来の弾力を保つとともに、表面にコート層を形成して劣化を防止するラバープロテクタントは、足回りのゴム部品に塗布することで20年以上無交換でもまったく問題なかったとのレビューもありましたので、劣化予防にもかなりの効果がありそうです。

ドライブシャフトブーツやブッシュ他のゴム部品の劣化防止に効果のあるラバープロテクタントを塗布していきます。フロントのショックアブソーバーのアッパーマウントに真下にあるバンプラバーにひび割れがありましたので念入りに塗布しておきました。

バンプラバーのひび割れはあるものの、崩れは無くまだ柔軟性もある状態ですのでショックアブソーバー交換時に同時交換で様子見としました。因みにバンプラバーは段差を乗り越えた場合などにショックアブソーバーが縮み過ぎて底付きを防ぐ部品ですので、大きな上下の入力が無ければ走行上の問題はなさそうです。

ついでに、ホイールの純正ロックボルト入手したので取付けました。以前のロックボルトはキーとの接点が丸みのある星形のような溝のある形状で、緩めと締付を繰り返す内に溝が舐めてしまう場合があり、取付けを見送っていたのですが、最新のものは接点が縦のギザギザが噛み合う形状に変更されており舐め難そうです。

足廻りゴム部品の劣化防止



・エアガンでブレーキ周りを含めて汚れを吹き飛ばしておきます。
・シャフトブーツやサスペンションアームのブッシュ他のボム部品のひび割れがないか目視点検します。
・ゴム部品にラバープロテクタントを塗布していきます。
・暫らくすると浸透するのでベタツキもなさそうです。
・ついでに、純正ロックボルト入手したので取付けました。

関連記事

BMW X3(F25)DIYガラスコーティング再施工
SSD化したBMW CICナビのマップ2020年版に更新成功
BMW X3(F25)ブレーキパッドDIY交換

スポンサーリンク



フェアウエーウッド(Epic Flash US仕様)DIYリシャフト

ドライバーやフェアウエーウッドのシャフトは過去に一番感触が良かったグラファイトデザインのPTシリーズを愛用しています。癖のないシャフトで、左へのミスが出にくいことと適度な撓りで先端が暴れない印象があり、何よりコースで純正シャフトより安定感があります。

ドライバー、3W、5Wとも60g台のPT6を刺しているのですが、重量フローを改善するために5Wを70g台のPT7に変更してみました。アイアンセットがNS-950(S)の場合で、42.5インチの5Wの最適総重量は340gですがPT6では総重量は330gです。 


5g程度なら鉛を貼る方法もありますが、10gとなるとバランスや振り感が変わる可能性が高くシャフト重量を変えることにしました。ここまでクラブに拘るのは、特に苦手なフェアウエーウッドはミスが多く、スイング以外のミス要因を極力無くしたいからです。

リシャフトといってもUS仕様のアジャスタブルホーゼルなので、シャフトに専用スリーブを装着するだけなのでDIYでも簡単にできます。アジャスタブルホーゼルはロフト角やフェース向きも調整可能なので、セッティングの幅が広くなりメリットが多いです。

シャフトはヤフオクで約3千円の格安で入手できました。専用スリーブも安価な社外品がAMAZONで入手できるようになったのグリップ代を入れて5千円強のリシャフトです。このスリーブはEPIC FLASHから採用されたもので、発売直後は約6千円の純正品のみの流通でしたので大分安価にリシャフト可能になりました。

3W総重量が325gと若干軽めですが、あとは鉛で調整可能で3Wとのバランスを考えるとこの組合せの方が良さそうです。暫らく、このセッティングでラウンドして様子を観ようと思います。

リシャフト前後のクラブ総重量

Before
3W(PT6):325g→5W(PT6):330g(+5g) 

After
3W(PT6):325g→5W(PT7):340g(+15g)

前後クラブのスペック(ご参考)


3W Epic Flash(US):ロフト 15度
+TOUR AD PT-6(S)長さ43.0インチ バランス:D2 総重量:325g

5W Epic Flash(US):ロフト 18度
+TOUR AD PT-7(S)長さ42.5インチ バランス:D1 総重量:335g

3U EPIC FLASH(US):ロフト 19度(+1)
+TOUR AD HY-65(S)長さ40.5インチ バランス:D2 総重量:350g

Epic Flash US仕様のリシャフト



・シャフト長さを標準シャフトと同じ42.5インチにカットします。
※先端剥離部分がスリーブより長かったためチップ側もカットしました。
・バランス計測用のカット済グリップをバット側に装着してバランス計測します。
※バランス調整用の鉛などを使用しない状態でバランスD1なので許容範囲です。
・シャフト剥離部分を紙やすりで整えておきます。
・シャフトとスリーブの接着面を脱脂します。
・接着剤を練り混ぜて接着面の塗布します。
・スリーブにシャフトを挿入してはみ出した接着剤を拭き取ります。
・シャフトの向きを合わせて暫らく放置してからグリップを装着して終了です。

関連記事


スポンサーリンク


VWポロ(6R)足廻りゴム部品の劣化防止

新型コロナウイルスの状況が気になる所ですが、4月に入り、大分暖かくなってきたので気分転換を兼ねて冬タイヤを夏タイヤに交換しました。 タイヤ交換は何度か別記事にしていますので、そちらをご参照下さい。

タイヤ交換のついでにブレーキ点検と足回りのブーツやブッシュ他のゴム部品の劣化防止にラバープロテクタントを塗布しておきました。嫁のVWポロ(6R)は今年7月に車検となるのですが、足回りのゴム部品のヒビ割れや破れがあると下回り検査でNGとなるのでその対策です。


目視点検ではゴム部品も異常は見当たりませんでしたが、ゴム部品の経年劣化は避けられず交換となると部品購入と交換作業でかなり大掛かりなメンテナンスになります。足廻りの交換作業はブッシュの圧入などの特殊工具が必要になる場合が多いです。

ゴムに浸透して本来の弾力を保つとともに、表面にコート層を形成して劣化を防止するラバープロテクタントは、今までもドア廻りやボンネット、リヤゲートのウエザーストリップに使用していましたが、足回りのゴム部品にも塗布することで20年以上無交換でもまったく問題なかったとのレビューもありましたので、劣化予防にもかなりの効果がありそうです。

ついでにエンジンルームのベルトやゴムホースなどにも塗布しておきました。熱が発生するエンジンルームは特にゴム部品の劣化が進みやすいので点検のついでに塗布するようにしています。

冷却系のゴムホースは潰してみて弾力性が無くなっていると要注意です。また、ベルトの劣化はオルタネータの発電不足や鳴きが発生しやすく、ベルト駆動式ディストリビューター付きの車両の場合はプラグの点火タイミングにも影響するので注意が必要です。

足廻りゴム部品の劣化防止



・動画では省略していますが、エアガンで汚れを吹き飛ばしておきます。
・ブレーキパッドの摩耗具合も目視点検しました。1cm近くありそうなのでまだまだ大丈夫です。
・シャフトブーツやサスペンションアームのブッシュ他のボム部品のひび割れがないか目視点検します。
・ゴム部品にラバープロテクタントを塗布していきます。
→ショックアブソーバーのカバー部品。
→ドライブシャフトブーツ。ここが劣化すると内部のグリースが漏れてしまいます。
→ステアリングロッドの連結部分。
→ブレーキホースにも塗布しておきました。
→動画に映っていませんが、サスペンションアームやエンジンマウントのブッシュにも塗布しました。
・暫らくすると浸透するのでベタツキもなさそうです。

関連記事

ウエッジのクラブセッティング変更

昨年、ウエッジを3本にするセッティングをしたのですが、グリーン廻りで3本を使い分けるケースは殆どないことと、ロフト角45度のPWと50度のウエッジの距離差が少ないことが分かりました。

チッパーやフェアウエーウッドをコースに合わせて入れ替えることも可能になるので、52度と58度のウエッジ2本のセッティングに戻すことにしました。

50度のウエッジのロフト角を2度寝かすことも考えましたが、バウンスも2度増えることになりフルショットに影響が出そうなので中古品を入手しました。


入手したのは58度のウエッジに合わせて、キャロウエイの少し前のモデル(MD4)のSグラインドのものです。最新のJAWS(MD5)に比べてMD4はマークダウンで大分安くなっていますので、スポンサーリンクに貼っておきます。

MD4ではWグラインドが標準で、Sグラインドは特注になるらしく、ヤフオクでもなかなか出回らいのですが、ノーメッキタイプのものを比較的安価に入手することが出来ました。  Wグラインドはソール幅が広いタイプでバンカーショットには良さそうですがバウンスが12度と大き目で、52度はフルショットの使用頻度が高いのでSグラインドを探していました

45度のPWのフルショットが110yd~120yd、58度のウエッジのフルショットの最大で75ydですので、52度のウエッジで80yd~105yd当たりをカバーすることになりますので、アドレスのボール位置変更で想定距離が出せるのか簡易測定器で検証してみました。結果は、ほぼドンピシャで力感を変えることなく打ち分け可能なことが分かりセッティング変更成功です。

アプローチで、チッパーを入れない場合は52度のウエッジを基本にボールを上げる必要がある場合やエッジからピンが近い場合のみ58度を使用することで、迷いなく選択できるのも良さそうです。

ウエッジの飛距離測定




SW MD4:ロフト 58度+MODUS3 TOUR120(S):長さ 35.0インチ
①(右寄)HS:31.7m/s、初速:31.3m/s、飛距離:71yd、ミート率:0.98
②(右寄)HS:31.6m/s、初速:--.--m/s、飛距離:71yd、ミート率:--.--
③(右寄)HS:31.7m/s、初速:31.9m/s、飛距離:71yd、ミート率:1.00
補正:~75yd(右足寄りフルショット)

 AW MD4:ロフト 52度+MODUS3 TOUR120(S):長さ 35.5インチ 
①(右寄)HS:35.8m/s、初速:36.9m/s、飛距離:105yd、ミート率:1.03
②(左寄)HS:30.9m/s、初速:35.5m/s、飛距離: 86yd、ミート率:1.15
③(中央)HS:31.8m/s、初速:35.0m/s、飛距離: 90yd、ミート率:1.09
補正:90yd(左足寄りフルショット)~110yd(右足寄りフルショット)

関連記事