VWポロ(6R)車検前点検整備①エアコンフィルター交換他

今年7月に車検を迎える嫁のVWポロ(6R)の車検前点検と整備を少しずつ始めました。定期交換部品から始めます。エアコンフィルターは2年間交換していないので車検に合わせて交換します。ディラー車検では毎年交換を推奨される部品です。


新型コロナウイルス対策で常時外気導入で車内換気しているのでフィルター性能が落ちるリスクを解消することも出来そうです。ついでに家庭用エアコンクリーナーでエバポレーターの掃除もしておきました。エアコンの効きも良くなるような気がします

無臭タイプなので気になるような臭いが噴き出してくることもありません。家庭用のものですが昨年も施工しており特に不具合は発生していません。自動車への使用は控えるよう注意書きがあります。使用する場合は自己責任でお願いします。

24か月点検の室内点検の項目は以下の通り、通常運転中も確認できるもので特に問題なしです。ブレーキフルード交換後、車検直前に車内掃除して問題なければ「分解整備記録簿」に点検良好としてチェックする予定です。

24か月定期点検の室内点検項目

①ハンドル:操作具合、遊び、ガタ
②ブレーキ・ペダル:遊び、踏み込んだときの床とのすき間、ブレーキの効き具合
③パーキング・ブレーキ・レバー:引きしろ、パーキング・ブレーキの効き具合
④クラッチ・ペダル:AT車の為、対象外

エアコンフィルター交換とエアコンクリーニング



・助手席グローブボックス下のエアコンフィルターカバーの爪2個を中央方向にずらします。
・下方向に引き抜くとエアコンフィルターが出てきます。
・エアコンフィルターを外した状態でエアコンクリーナーを車両中央側に噴射します。
※奥の方に注入できるように長いチューブの付いたノズルに交換しています。
※エアコンファンを回した状態でエアコンクリーナーを吸い込ませた方が良いかも知れません。
・新しいエアコンフィルターを下から上に挿入してカバーを元に戻します。
※エアコンフィルターの側面に矢印が印刷されているので、車両中央側に矢印を合わせます。
・エアコンをONにして風量最強にしてエバポレーターに付着したエアコンクリーナーを除湿した水で社外に流します。
・古いエアコンフィルターです。かなり汚れが詰まっていてフィルターの繊維も毛羽だっています。

関連記事

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント