VWポロ(6R)車検前点検整備⑤最終点検とサービスインターバルリセット

今年7月に車検を迎える嫁のVWポロ(6R)の車検前点検と整備を少しずつ始めました。24か月点検その5です。ユーザ車検を朝一番の時間枠で予約したので、前日に最終点検とサービスインターバルのリセットを行いました。


ライト関係の点灯確認です。車検時に偶然球切れになるケースもまれにあるようで直前の点検です。フォグライトとテール・ブレーキライト以外はLEDに交換しているので問題ないと思いますが念のため目視確認してOKです。 

ヘッドライトはHIDユニットに換装しており配線関係をチェックしておきました。ヘッドライトユニットを何度か取外しているので、光軸調整を近所の整備工場にお願いしました。光軸調整のみですので料金は1500円でした。

ウインドウオッツシャー液とワイパーの点検です。これは必ずチェックされるので確認しておきます。普段の運転で確認できる内容ですが点検OKです。ワイパーゴムは1年前に交換しており、拭き残しや切れもなく今回は無交換です。

因みに交換したワイパーゴムはPIAAの撥水シリコンコートの替えゴムです。700mmのブレードが2本入っており、フロントワイパーの2本とリヤワイパー分のブレードを交換できます。ご参考にスポンサーリンクに貼っておきます。

発煙筒をチェックします。前回のユーザ車検ではチェックされませんでしたが車検対応の電池式のものにしているので、電池が切れていないか確認しました。普通の発煙筒は使用期限があるので期限が切れていないか確認しておきます。

24か月点検項目すべてのチェック終了したので、サービスインターバルのリセットを行いました。イグニッションONしばらくメータ内センターのディスプレイにスパナマークが表示されているのがサービスインターバルのアラームです。

コーデイングなどの専用ツールが無くてもメータ内のボタン2つの操作でリセットできます。右ボタンを押しながらイグニッションONでリセットモードになるので、右ボタンを離してから20秒以内に左ボタンを短く押すだけです。(この方法で実行される方は自己責任でお願いします

最終点検



・ライト関係(スモールライト、ヘッドライト、ウインカー、バックランプ他)の灯火確認全てOKです。
※動画でフォグライトを省略していますが、車検でチェックされるので確認しておきました。
・点灯確認の前にフロントヘッドライトユニットの配線確認です。
・ウインドウウオッツシャーとワイパー拭き取り状態の確認です。これも車検でチェックがあります。
※ワイパーブレードは1年前に交換しており破れや拭き残しもなく今回は無交換です。
※今回を含め何度かフロントヘッドライトユニットの脱着をしているので光軸調整を近所の整備工場に依頼しました。

サービスインターバルリセット

イグニッションONでメータ内センターのディスプレイにスパナマークが表示されています。メーターの操作ボタンを使用して、サービス インターバル ディスプレイをリセットします。(この方法で実行される方は自己責任でお願いします



・ イグニッション スイッチをオフにし、メーター内右ボタンを押す。
・メーター内右ボタンを押した状態で、イグニッション スイッチをオンにすると、サービス インターバル ディスプレイはリセット モードになります。
・メーター内右ボタン を放し、20秒以内にメータ内左ボタンを短く1回押す。しばらくすると標準表示モードに戻ります。スパナマークが消えていることが確認できます。

関連記事

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント