ミドルアイアンリシャフト後の飛距離測定

先日、リシャフトした2016年モデルCALLAWAY APEX PROのミドルアイアン(7I、6I、5I)の飛距離測定を行いました。新型コロナウイルスの自粛期間が長く体力低下が顕著で、ロフト角も異なるので以前のデータとの比較はあまり参考にならない可能性もありますのでご了承下さい。


打ってみた感想としては、ショートアイアンの流れでヘッドが小さめですが打ちやすくAPEX COMBOのミドルアイアンより好印象でした。ただし、飛距離が5yd程度落ち、スイートスポットを外すと飛距離低下が顕著でミスショットの許容度は低い感じでした。ラウンドではミスショットで想定外の距離が出るよりも良いかも知れません。

そして、抜いていた5Iもロフトが寝ていることもあり高さも出て使えそうな感触です。これは想定外の嬉しい誤算ですが5Uも捨てがたく飛距離もほぼ同じなので使い分けることになると思いますが、しばらくランドしてみて様子を観たいと思います。

少し前に入手したEPIC STAR(US)の3Uも飛距離測定をしていなかったので、5Iからの飛距離の流れを確認するために計測しました。EPIC FLASH 3Uよりロフトが角2度寝ており、シャフト長も0.5インチ短いので飛距離は5yd程落ちますがスピンが入り易い感じで打ちやすいです。

使用した計測器は旧型のユピテルATLASで、レンジボール補正などの機能はなく飛距離も推定キャリーのようですので過去のデータ同様に補正します。

リシャフトしたミドルアイアンの飛距離計測



7I: APEX PRO:ロフト 34度+N.S.PRO 850GH(S)
  長さ 37.0インチ 総重量:413.5g
①HS:36.5m/s、初速:46.5m/s、飛距離:140yd、ミート率:1.27
②HS:35.7m/s、初速:47.5m/s、飛距離:142yd、ミート率:1.32 
③HS:36.0m/s、初速:46.8m/s、飛距離:140yd、ミート率:1.30
補正キャリー:145~150yd+ラン:10yd=トータル:155~160yd 
参考:7I APEX COMBO:ロフト 31.5度+N.S.PRO 950GH(S) 長さ 37.0インチ
補正キャリー:145~155yd+ラン:10yd=トータル:155~165yd:

6I: APEX PRO:ロフト 30度+N.S.PRO 850GH(S)
 長さ 37.5インチ 総重量:407.0g
①HS:34.7m/s、初速:47.0m/s、飛距離:146yd、ミート率:1.35
②HS:36.2m/s、初速:48.0m/s、飛距離:149yd、ミート率:1.32
③HS:36.2m/s、初速:47.6m/s、飛距離:147yd、ミート率:1.31
補正キャリー:150~155yd+ラン:10yd=トータル:160~165yd 
参考:6I APEX COMBO:ロフト 27.5度+N.S.PRO 950GH(S)長さ 37.5インチ
補正キャリー:155~160yd+ラン:10yd=トータル:165~170yd

5I: APEX PRO:ロフト 27度+N.S.PRO 850GH(S)
  長さ 38.0インチ 総重量:400.5g
①HS:37.5m/s、初速:50.3m/s、飛距離:162yd、ミート率:1.34
②HS:36.9m/s、初速:48.9m/s、飛距離:157yd、ミート率:1.32
③HS:37.9m/s、初速:49.9m/s、飛距離:160yd、ミート率:1.31
補正キャリー:160~165yd+ラン:10yd=トータル:170~175yd 
参考:5I APEX COMBO:ロフト 23.5度+N.S.PRO 950GH(S)長さ 38.0インチ
補正キャリー:160~170yd+ラン:10yd=トータル:170~180yd

EPIC STAR(US)ユーティリティーの飛距離計測



5U:EPIC STAR(US):ロフト 26度+Tour AD HY-75(S)
 長さ 39.25インチ 総重量:371.0g
①HS:36.4m/s、初速:50.5m/s、飛距離:162yd、ミート率:1.38
②HS:36.5m/s、初速:51.0m/s、飛距離:164yd、ミート率:1.39
③HS:36.6m/s、初速:51.5m/s、飛距離:165yd、ミート率:1.40
補正キャリー:165~170yd+ラン:10yd=トータル:175~180yd
前回参考補正キャリー:165~170yd+ラン:10yd=トータル:175~180yd

4U:EPIC STAR(US):ロフト 23度+Tour AD HY-75(S)
  長さ:39.5インチ 総重量:366.5g
①HS:36.8m/s、初速:52.3m/s、飛距離:168yd、ミート率:1.41
②HS:36.1m/s、初速:51.5m/s、飛距離:166yd、ミート率:1.42
③HS:36.9m/s、初速:52.0m/s、飛距離:167yd、ミート率:1.40
補正キャリー:170~175yd+ラン:10yd=トータル:180~185yd
前回参考補正キャリー:170~180yd+ラン:10yd=トータル:180~190yd

3U:EPIC STAR(US):ロフト 20度+Tour AD HY-75(S)
  長さ:40.0インチ 総重量:359.5g
①HS:37.7m/s、初速:54.6m/s、飛距離:187yd、ミート率:1.44
②HS:36.1m/s、初速:52.9m/s、飛距離:181yd、ミート率:1.46
③HS:37.8m/s、初速:53.3m/s、飛距離:182yd、ミート率:1.41
補正キャリー:185~190yd+ラン:10yd=トータル:195~200yd 
前回未計測。
参考:EPIC FLASH(US)3U ロフト 19度(+1)+TOUR AD HY-65(S)長さ 40.5インチ
補正キャリー:190~195yd+ラン:10yd=トータル:200~205yd

関連記事


スポンサーリンク



ユピテル ゴルフスイングトレーナー GST-5 GL

YUPITERU



amazon.co.jpで買う

Amazonアソシエイト









【国内正規品】FlightScope mevo(フライトスコープ ミーボ)

FlightScope(フライトスコープ)



amazon.co.jpで買う

Amazonアソシエイト






ミドルアイアンを入替てDIYでリシャフトしてみた

現在使用中のアイアンセットは2016年モデルのCALLAWAY APEX COMBOで、ミドルアイアンとショートアイアンが異なるヘッドが装着されています。PW、9I、8IのショートアイアンがForgedのPROモデルで7I、6I、5Iのミドルアイアンがカップフェース構造のスタンダードモデルになっています。

ショートアイアンが非常に打ちやすく気にいっているのですが、7Iから振り感が変わり同じ力感で打つとミスショットが出ていました。カップフェース構造の比較的易しいヘッドなので意外ですが、人間が打つ場合はやはりゴルフセットというのは流れが影響するのかも知れません

そこで、ミドルアイアンもForgedのPROモデルを探していたのですが、オークションでも7I単品は見かけるものの6Iは殆ど見かけることがありませんでした。先日、偶然7I、6I、5Iのミドルアイアン3本セット9千円というものを見つけ落札しました。装着されていたシャフトがダイナミックゴールドS300とかなりクラブ総重量が重くなるもので、簡易秤で測定した結果は以下の通りでした。

リフャフト前

7I: APEX PRO:ロフト 34度+DG S300(S)長さ 37.0インチ
総重量:442.0g

6I: APEX PRO:ロフト 30度+DG S300(S)長さ 37.5インチ
総重量:440.0g

5I: APEX PRO:ロフト 27度+DG S300(S)長さ 38.0インチ
総重量:430.5g

ショートアイアンのシャフトが軽量スチールのNS-Pro950(S)ですので、このままでは重量フローが非常に悪くなってしまいます。丁度ミドルアイアン用NS-Pro850(S)の3本セットが3千円で出品されていたので落札し、リシャフトすることにしました。


この他、リシャフトにあたりグリップとスリーブを入手したので1本当たり約5千円ということになり、かなりコストを抑えることができました。シャフト抜き器や接着剤などのリシャフトに必要な道具は既存のものを利用しているのでコストに含めていません。

前後のクラブを含めてリシャフト後のクラブ総重量は以下の通りで重量フロー的にも想定通りになりました。 クラブバランスをD1~D2にするため7Iと5Iのシャフト先端にバランス調整の鉛を入れています。

8Iと7Iのロフト角が1度しかないので、飛距離差によってはロフト角調整をするかも知れません。あとは実際打ってみてどうなのかですが、練習場で飛距離測定したので振り感や感想を別記事にする予定です。

ショートアイアン 

PW:APEX COMBO:ロフト 45度+N.S.PRO 950GH(S)長さ 35.75インチ
総重量:438.0g

9I:APEX COMBO:ロフト 40度+N.S.PRO 950GH(S)長さ 36.0インチ
総重量:434.0g

8I:APEX COMBO:ロフト 35度+N.S.PRO 950GH(S)長さ 36.5インチ
総重量:424.0g

ミドルアイアン 

7I: APEX PRO:ロフト 34度+N.S.PRO 850GH(S)長さ 37.0インチ
総重量:413.5g

6I: APEX PRO:ロフト 30度+N.S.PRO 850GH(S)長さ 37.5インチ
総重量:407.0g

5I: APEX PRO:ロフト 27度+N.S.PRO 850GH(S)長さ 38.0インチ
総重量:400.5g

ユーティリティー 

5U:EPIC STAR(US):ロフト 26度+Tour AD HY-75(S)長さ 39.25インチ
総重量:371.0g

4U:EPIC STAR(US):ロフト 23度+Tour AD HY-75(S)長さ 39.5インチ
総重量:366.5g

3U:EPIC STAR(US):ロフト 20度+Tour AD HY-75(S)長さ 40.0インチ
総重量:359.5g

ミドルアイアンのDIYリシャフト



関連記事


スポンサーリンク

洗面所の新型コロナウイルス対策(ソープディスペンサー他)

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらずワクチンの普及まで対策を継続する必要がありそうです。住宅メーカもコロナ対策を考慮した間取りや設備を売りにする新タイプを出してきているようです。

玄関横に紫外線ライト付きクロゼットや屋外に排出する据え付け掃除機を付けたり洗面所や風呂にリビングなどを通らないでアクセスできる動線にした間取りにしたものが出ていますが、費用対効果を考えるとそこまでの対策はなかなか手が出せないのが現状です。

そうはいっても少しでも家庭内感染リスクを低くするために何が出来るか考えて出来る所から対策をしてみました。とりあえずは外出先から帰宅後の動線を考えて、手洗い脱衣をする洗面所の対策から始めることにしました。

消毒用アルコールも少し流通しはじめたようですが手指用のものはまだ高価なものが多く洗面所の手洗い環境を改善してみました。ハンドソープは、結構流通しており価格も手ごろなので泡タイプのキレイキレイを入手したのですが泡対応容器入りのものが品薄で詰め替え用しかありませんでした。


そこで、電動で手をかざすだけで泡状のハンドソープを適量出してくれるソープディスペンサーなるものを導入してみました。入手したのはAmazonで2千円強の電池式のもので赤外線感知センサーで手を感知してから0.26秒で泡だしするとのものです。サイズ的にも幅9.8cm、奥行(上)11.2cm、奥行(下)7.8cm、高さ20.8cmと洗面器の蛇口付近に設置できるサイズです。

生活防水で駆動用電池は単三電池3本で3か月程度持つようです(電池は本体に付属していませんでした)。ソープの容量は340mlで泡タイプのキレイキレイの詰め替え容器が450mlなので1度に全量は入らりきらない容量です。

使用してみた感想としては、センサーの検知も早く泡立ちも良いので家族にも好評です。電池の持ちがどの程度なのかはこれから検証です。まあ、単三電池は充電式のもがかなり安価になっているので、6個を充電しながら使い回すのも良いかも知れません。

ついでに、洗面所の白熱球型のLEDがかなり暗くなってきたので、アイリスオーヤマの人感センサー付きのものに交換してみました。Amazonで40Wタイプのもので千円強とかなり安価なものですセンサーもキチンと機能し明るさも洗面所には明る過ぎる位です。 

唯一、人がいなくなってから消灯までのタイマーが2分と長めなところが気になりますが消灯までの時間は調整できないようです。それと電球を覆うような傘が付いている場合はセンサーが機能しないようなので注意が必要です。自宅洗面所は下側が解放されている傘でしたので大丈夫でした。

これで、除菌用アルコールが手ごろな価格で入手出来れば、玄関に設置することで洗面所までの動線上のドアノブやスイッチへの菌の付着を防いで洗面所で手洗い着替えをすることで、玄関のドアノブ以外に菌が付着するリスクを大幅に減らすことができそうです。

洗面所の新型コロナウイルス対策(ソープディスペンサー他)



関連記事


スポンサーリンク


大活躍!オフグリッドソーラー蓄電の充電自動化

先日、車の古バッテリーを利用したオフグリッドソーラー蓄電のバッテリーが寿命を迎え100ahのディープサイクルバッテリーを導入しました。100Wのソーラーパネル1枚で充電してしているのですが晴れ日中で5~6A(60~70W)程度の充電量で曇りが続くと充電不足になります。

24時間、防犯カメラの電源供給をしているため、夜間に電圧低下でインバーターのアラームが鳴ることがあり、その都度商用電源への切替えが必要でした。そのため、充電不足を補うため室内にバッテリーに直結した電線を引き込み、電圧計を付けて電圧低下時に手持ちのバッテリーチャージャーで充電していました。

手持ちのバッテリーチャージャーはモデルチェンジがあったようで、形状が変わっていますが新型をスポンサーリンクに貼っておきます。バッテリーの活性化、脱硫化、修復、パルス電流充電 、CC、CV、浮動充電、安定充電、解析バッテリー、補償充電の10段階全自動充電とのことでバッテリーにも良さそうです。

不在時などにバッテリー電圧が低下することもあり、電圧低下を自動検知してバッテリーチャージャーの電源を入れることが出来ないか調べました。Amazonで、12V電源の電圧計測と切替リレー付きのものを見つけ、その利用ケースを確認すると下限と上限の電圧を設定してリレーで100V電源を入切り可能です。


100V電源のリレーが想定した動作をするのか半信半疑でしたが2千円強とそれほど高価なものではないので入手してみました。手持ちのバッテリーチャージャーの充電電流が4Aなので12V換算で約50Wですので、100V電源に流れる電流は0.5A程度と計算できるのでリレーの容量的には問題なさそうです。

届いた物には説明書などはなく本体のみでしたのでAmazonの製品説明の配線図を見ながら配線してみました。配線が完了すると電圧が表示され本体下側のボタン2つで電圧の設定ができるようです。
SETボタンを押すと下図のように切替わるのでENTERボタンで値を設定していきます。 動作確認のため狭い範囲で上限、下限電圧を設定してバッテリーチャージャーの電源が入切りするか確認した所、想定通りに動作するようです。


とりあえず上限13.7V、下限12.5Vに設定して運用していますが、梅雨の長雨で毎晩バッテリーチャージャーが動作して大活躍しています。鉛バッテリーは容量の30%程度減った状態から満充電にすることで寿命が長くなるようなので、早目にバッテリーチャージャーから充電するようにしています。

日中のソーラーパネルからの充電とバッテリーチャージャーによる充電を繰り返すことになり本当にバッテリー寿命に良いのか疑問も残りますが、ディープサイクルバッテリーといえども深い放電を繰り返さないほうが良さそうです。

大活躍!オフグリッドソーラー蓄電の充電自動化



関連記事


スポンサーリンク


オフグリッドソーラー蓄電のインバーター電源スイッチ増設他

先日DIYで作成した18650リチウムイオン電池48本の12V蓄電池に正弦波400Wインバーター経由で24時間稼働の防犯カメラを駆動しています。 約50ahの容量で、100Wソーラーパネルからの充電では曇りが続くと充電不足となるため100ahのディープサイクルバッテリーを増設しました。

ディープサイクルバッテリーも同じソーラーパネルから充電してソーラチャージャーの12V出力から24時間リチウム電池へ電源を供給するようにしてあります。これで充電不足は解消する予定でしたが、曇りが続くとディープサイクルバッテリーの電圧も降下してインバーターのアラームが鳴ることがありました。

インバーターのアラームが鳴ると蓄電ボックスの蓋を開けてインバーターの電源をOFFにしてから防犯カメラの電源を商用電源に切替える必要があり、室内からインバーターの電源を切れるようにスイッチを蓄電ボックスの外に増設してリレーでインバーター電源を切れるようにしました。



スイッチは20A対応のものなので、インバーターロスと合わせて240Wまではリレー無しで行けそうですが、非常時には冷蔵庫に電源供給を想定しており、ディープサイクルバッテリーに1000Wインバーターを接続しているので、こちらも合わせてリレー経由でスイッチを増設しました。

インバーターとバッテリーの間にリレーを挟むことになるので大容量のリレーを探して80Aのものを入手しました。80Aあれば12V電源で960Wまで対応できることになり、1000Wインバーターでもギリギリ耐えられるる計算です。

蓄電ボックスにスイッチを取り付けるには直径20mmの穴を開ける必要がありドリルビッドを入手しました。ドリルで下穴を開けてドリルビッドに切替て穴を広げていくのですが、蓄電ボックスは強化プラスチック製なので比較的簡単に広げることができました。

次にスイッチにリレーの動作電流用の細い方の電線をスイッチのプラス側に配線し、スイッチのLED電源用にマイナス側にも配線します。あとはリレーの通電用の太い電線をバッテリーとインバーターのプラス側の配線に割り込ませることでスイッチに電流が流れるとバッテリーとインバーターにも電流が流れるようになります。

負荷を掛けた状態でスイッチON/OFFの動作確認してOKです。その他、バッテリー充電不足を補うため室内にバッテリーに直結した電線を引き込み、電圧計を付けて電圧低下時に手持ちのバッテリーチャージャーで充電可能にしました。


手持ちバッテリーチャージャーは、バッテリーの活性化、脱硫化、修復、パルス電流充電 、CC、CV、浮動充電、安定充電、解析バッテリー、補償充電の10段階全自動充電とのことでバッテリーにも良さそうです。 このバッテリーチャージャーはモデルチェンジがあったようで、形状が変わっていますが新型をスポンサーリンクに貼っておきます。

バッテリー電圧チェックのため、室内側にもバッテリーモニターを設置しました。小数点2桁までの電圧表示で充電状態をENPTY/LOW/MEDIUM/HIGHTの4段階のLEDで表示してくれます。また、オルタネーター(充電)側もGOOD/HIGHTの2段階での表示になっており、DEAD(バッテリー寿命)やREVERSE(逆接続)のアラームも付いています。

あとは、20Aスイッチが余ったので非常時に2つの蓄電ボックスを切り離すために取付けたMC4コネクターの代わりにスイッチを増設する予定です。増設するのはディープサイクルバッテリーからリチウムイオン電池側に12V電源を供給しているラインとソーラパネルからリチウムイオン電池に分岐させているラインの2か所です。

これにより、非常時も含めて蓄電ボックスへの操作は室内側から窓を開けて雨天や夜間でも簡単に行えるようになります。

オフグリッドソーラー蓄電のインバーター電源スイッチ増設他



関連記事


スポンサーリンク


洗車用の純水(軟水)器を2連結にしてみた

車の洗車でウオータースポット防止のために導入している純水(軟水)器の陽イオンフィルターを半年程前に再生しました。再度、硬度指示薬で確認した所ほとんど水道水と同じ状態になっていました。

車2台ということもありますが半年持たないということになります。そこで、同じ純水(軟水)器をもう1台入手して2連結にしてみました。単純にフィルターの寿命が2倍になることを期待してのことです。

実際は2台のフィルターに毎回水道水が流れることになるので2倍にはならないかも知れませんので経過を観てみます


コストコの洗車用純水器も考えたのですが、本体がAmazonで2万円以上することと交換用フィルター1セット(2個入り)で約8千円するようなので、コスパを考えて既存のものを利用することにしました。ご参考にコストコのものもスポンサーリンクに貼っておきます。

入手したのは、サンエイ化学という会社のものでハウジング(ケース)とフィルター、取付ブラケットがセットになったもので約8千円です。2台で約16千円、ホームセンターで入手した連結用3/4インチネジなどの必要部品で約17千円で、交換用フィルターも1個3千円位で販売されています。

連結させるためにホームセンターで入手したものは、両側3/4インチネジの他、水漏れ防止用のテープとゴムパッキンです。3/4インチネジの両側にゴムパッチンを入れて、さらにテープを巻いて2台の純水(軟水)器を固定したので連結部の水漏れはありませんでした。

既存の純水(軟水)器はフィルターを再生してから連結しましたが、性能が落ちている可能性があるので新しい純水(軟水)器を出口側に連結しました。取付け用ブラケットも付属しているので、既設のタイヤラックの金属製バーに穴あけして固定しました。省スペースで高さもホース脱着し易くなります。

余談になりますが、コストコの洗車用純水器には硬度計が付属しているようです。代わりに不純物濃度の計測可能なTDSメーターという水質計測器も入手しました。ただし、この計測器は硬度計ではないので陽イオンフィルターの性能低下の目安としての使用になり正確には硬度指示薬を併用することになります。

というのは、この純水(軟水)器はウオータースポットの原因になるカルシウムやマグネシウム成分を陽イオンフィルターで除去するものですので、純水器とは異なり他の種類の不純物は残ると思われるので、入手した計測器では正確に硬度を計測できる訳ではないようです

洗車用の純水(軟水)器を2連結にしてみた



関連記事


スポンサーリンク





イオン交換カートリッジ 陽イオン交換タイプ ブラケット付き IRC-10FC-B

水処理用品オンライン

【型番】IRC-10FC-B【規格】出入口径:3/4インチ、ブラケット付き【簡易説明】内容量:672





楽天市場












カクダイ メタルネジニップル 567-041

カクダイ(KAKUDAI)



amazon.co.jpで買う

Amazonアソシエイト












マイナポイントを申込みしてみた

2020年7月1日からマイナポイントの申込み可能になりましたので申込みしてみました。以前にマイナポイントの予約をしておいたので、キャッシュレスサービスを選択して申込みするだけです。


キャッシュレスサービスは1つのみ選択可能で、1度選択すると変更できないようですので事前に決めておいたほうが良さそうです。各社ポイントアップのキャンペーンをしているようですが、選択したのは使用頻度の高い「PayPay」です。

「PayPay」の場合は抽選で1当100万円相当(10人)のPayPayボーナスが付与されるキャンペーンを実施しています。1当以外に、2当5万円相当(150人)、3当5千円相当(1500人)4当500円相当のPayPayボーナスが付与されます。 


それと「PayPayにチャージでもらう」を選択するとチャージしたタイミングでマイナポイントが付与されるようです。つまり、9月1日以降に2万円チャージするとその時点で5千円のPayPay残高を付与とのことですので2万5千円の残高になるようです。 

注意点としては、9月1日以降のチャージが対象であることです。6月末で終了となった5%還元の第2段的な政府の消費増税対策のようですが、新型コロナによる景気低迷には期間限定でも消費税の軽減を求める声が多いですね。

申込み方法はパソコンかスマホですが、マイナポイント予約をパソコンで行ったので申込みもパソコンで行いました。パソコンで申込む場合はマイナンバーカードを読み取るのでカードリーダライターが必要です。スマホもカードリーダ対応ですがこちらは未検証です。

またパソコンで申込にの場合、ブラウザは「IE(インタネットエクスプローラー)11」に限定されており「GoogleCrome」や「MicrosoftEdge」で対象ページにアクセスでするとIE11で開き直すようガイドが表示されました。セキュリティを考慮してのことだと思いますがこの辺りも改善して欲しいところですね。

7月1日の9時頃に申込み用ホームページが表示されるようになり、この時点では比較的空いていたようで1回目で接続できました。新型コロナウイルスの特別定額給付金の時はアクセス集中で繋がり難い状況でしたが今回は比較的スムースに申込みできました。

事前予約や申込みの手続きを随分早めに可能としているのは、やはり多くの人の利用を想定してアクセス分散のためだと思いますが、申込みから2か月後に実際にマイナポイントが付与されるというのは長すぎるように感じるのは小生だけでしょうか?

追記(2020/9/8)

2020年9月に入り、申し込んだマイナポイントが付与されました。「PayPayにチャージしてもらう」を選択したので、クレジットカードから2万円をチャージして5000円のPayPayポイントがその場で付与されました。


パソコン版マイナポイント申込み



関連記事

ふるさと納税
スポンサーリンク

VWポロ(6R)ユーザ車検一発合格★費用48千円

嫁のVWポロ(6R)が車検時期になり、走行距離少なくどこも不具合はないので愛車のBMW X3に続きユーザ車検にトライしました。


結果は1回目であっさり合格しました。この車両は重量税が減免されている事もあり費用は約48千円で済みました。 

掛った費用
・自賠責保険:21550円(前回より若干安くなっていました)
・重量税:  24600円(印紙、省エネ認定車で減免あり)
・検査登録:    400円(印紙)
・審査:    1300円(証紙 最近1400円→1300円に見直し)
      合計: 47850円

 ディーラにお願いすると交換部品等無しでも12万円程度しますので、7万円以上の節約になります。

別の車両で民間車検場の立会車検をしたことがあるのですが、下回り特にブレーキ関係の目視点検・清掃が中心でしたので、 タイヤ交換の時にDIYで行える範囲ですので、ユーザ車検でも全く問題ないと思います

これなら自動車税と合わせても車検の有る年の固定費が9万円以下(駐車場は自宅車庫で無料)ですので、愛車の自動車税と合わせても12万円程度、任意保険と合わせて年間20万円強です。2台持ちは贅沢ですが車弄りが趣味でもありますので、しばらくは維持していこうと思います。

用意する物

事前に用意する書類は以下の4種類です。
・自動車検査証
・自動車税納税証明書(登録自動車は提示の省略が可能)
・点検整備記録簿
・自賠責保険(共済)証明書

そして、ネットで管轄の車検場に車検予約(継続)をしておきます。
※必要ないようですが、車両所有者が嫁名義なので念のため委任状を持っていきました。 


自賠責保険

車検場近くの行政書士の事務所等で自賠責保険の更新をします。 用意した書類を渡して「自賠責お願いします」と言うだけです。待ち時間も短く10分程度で終わりましたので車検前でも十分間に合います

車検受付

車検場事務所のユーザ車検の受付け窓口で更新した自賠責保険と用意した書類を渡しで確認していただきます。 以下の書類を渡されますので、車検証などを見ながら記入して、再度窓口へ提出します。

・自動車重量税納付書
・継続検査申請書(3号様式)
・自動車検査票
・手数料納付書

印紙、証紙を別の窓口で購入して再度窓口に提出します。重量税は印紙窓口で確認していただけます。 2回目のユーザ車検である旨伝えると検査ラインを見学してから検査場に行くように言われました。

検査

ホイールボルト(ナット)の確認があるので、ホイールキャップ付きの場合はキャップを外しておきます。

いよいよ検査です。検査ラインに入る前に外観やライト類、ウオッツシャー液、ワイパー、ホーン等の検査があります。係員の方の指示に従って操作して確認していきます。ボンネット開けての確認はありましたが、発煙筒の確認はありませんでした。

 ・排気ガス検査
  検査ラインに入ると始めに排気ガス検査です。ガソリン車の場合は自分で検査機器をマフラーの中に入れて暫らくすると検査モニターに検査結果が表示されます。
  検査OKです。記録用紙を機械に入れて検査結果を印刷します。因みにディーゼル車の場合は係員の方が別の機器で確認します。

・スピードメータ、ヘッドライト(光軸)、フットブレーキ、サイドブレーキ検査
  係員の指示に従ってマルチ検査装置に車体を進めます。検査モニターの表示に従い操作して検査を受けます。 最初にアクセルを開けて、40kmで安定した所でハイビームを点灯するのですが、ハイビームが短かったようで、2回目でOKとなりました。
 タイヤをローラの上に載せるので一度ギアをニュートラルにしてローラとタイヤの当たりを出してから検査した方が良さそうです。
 光軸は事前調整していますが、右側は2回目の検査でOKでした。測定器により若干誤差がありそうです。全てOKとなり、記録用紙に印刷します。

・下回り、サイドスリップ検査
  検査員が車体の下を確認するため、検査用の穴の開いた所に車体を進めます。モニターの指示に従い操作します。 サイドスリップ検査で車体を揺さぶられます。
  ここはあっという間に検査が終わりました。 検査終了後、検査票を記録用機器に入れて検査結果を印刷て出口近くの窓口に検査票と用意した書類全てを提出します。
 検査ラインに入ってから15分程度で検査終了です。 NGがあった場合はNGか所を車検場近くの整備工場で観ていただき再度検査になります。
 検査費用は当日中のみ有効なので、 1日当たり4ラウンドありますので、当日中に再検査できるように早めの時間に予約した方が良いです。

車検終了

検査結果を記入された書類一式を受付に提出して、新し車検証とステッカーをいただき検査終了です。 検査中に車検証を用意しているようでここでも待ち時間は殆どありませんでした。

帰宅後、ステッカーを車のフロントウインドウに貼っておきました。めでたしめでたし。


関連記事

VWポロ(6R)車検前点検整備⑤最終点検とサービスインターバルリセット

今年7月に車検を迎える嫁のVWポロ(6R)の車検前点検と整備を少しずつ始めました。24か月点検その5です。ユーザ車検を朝一番の時間枠で予約したので、前日に最終点検とサービスインターバルのリセットを行いました。


ライト関係の点灯確認です。車検時に偶然球切れになるケースもまれにあるようで直前の点検です。フォグライトとテール・ブレーキライト以外はLEDに交換しているので問題ないと思いますが念のため目視確認してOKです。 

ヘッドライトはHIDユニットに換装しており配線関係をチェックしておきました。ヘッドライトユニットを何度か取外しているので、光軸調整を近所の整備工場にお願いしました。光軸調整のみですので料金は1500円でした。

ウインドウオッツシャー液とワイパーの点検です。これは必ずチェックされるので確認しておきます。普段の運転で確認できる内容ですが点検OKです。ワイパーゴムは1年前に交換しており、拭き残しや切れもなく今回は無交換です。

因みに交換したワイパーゴムはPIAAの撥水シリコンコートの替えゴムです。700mmのブレードが2本入っており、フロントワイパーの2本とリヤワイパー分のブレードを交換できます。ご参考にスポンサーリンクに貼っておきます。

発煙筒をチェックします。前回のユーザ車検ではチェックされませんでしたが車検対応の電池式のものにしているので、電池が切れていないか確認しました。普通の発煙筒は使用期限があるので期限が切れていないか確認しておきます。

24か月点検項目すべてのチェック終了したので、サービスインターバルのリセットを行いました。イグニッションONしばらくメータ内センターのディスプレイにスパナマークが表示されているのがサービスインターバルのアラームです。

コーデイングなどの専用ツールが無くてもメータ内のボタン2つの操作でリセットできます。右ボタンを押しながらイグニッションONでリセットモードになるので、右ボタンを離してから20秒以内に左ボタンを短く押すだけです。(この方法で実行される方は自己責任でお願いします

最終点検



・ライト関係(スモールライト、ヘッドライト、ウインカー、バックランプ他)の灯火確認全てOKです。
※動画でフォグライトを省略していますが、車検でチェックされるので確認しておきました。
・点灯確認の前にフロントヘッドライトユニットの配線確認です。
・ウインドウウオッツシャーとワイパー拭き取り状態の確認です。これも車検でチェックがあります。
※ワイパーブレードは1年前に交換しており破れや拭き残しもなく今回は無交換です。
※今回を含め何度かフロントヘッドライトユニットの脱着をしているので光軸調整を近所の整備工場に依頼しました。

サービスインターバルリセット

イグニッションONでメータ内センターのディスプレイにスパナマークが表示されています。メーターの操作ボタンを使用して、サービス インターバル ディスプレイをリセットします。(この方法で実行される方は自己責任でお願いします



・ イグニッション スイッチをオフにし、メーター内右ボタンを押す。
・メーター内右ボタンを押した状態で、イグニッション スイッチをオンにすると、サービス インターバル ディスプレイはリセット モードになります。
・メーター内右ボタン を放し、20秒以内にメータ内左ボタンを短く1回押す。しばらくすると標準表示モードに戻ります。スパナマークが消えていることが確認できます。

関連記事

VWポロ(6R)車検前点検整備④エンジンルーム点検

今年7月に車検を迎える嫁のVWポロ(6R)の車検前点検と整備を少しずつ始めました。24か月点検その4です。エンジンルームルームの点検とスパークプラグの清掃・接点メンテンスを行いました。


スパークプラグ点検以外は触手・目視点検ですのでスムースに行えましたがスパークプラグを外すのに一苦労しました。いかにも触るなと言わんばかりの狭い部分にプラグがあり、本来は専用工具がないと脱着が難しい作りになっています。

この車を含めて現在は白金やイリジウム、ニッケル合金のロングライフのプラグになっています。10万km程度は無交換でOKのものが多く、点検も必要ないように思いますが走行3.5万Kmを越えているので一応焼け具合や接点ギャップを点検しました。 

点火プラグのキャプは引き抜くだけですがかなり力を入れないと抜けません。キャップの金属部分に引っ掛ける専用工具がAmazonで5千円強で販売されていますが使用頻度が少ないので他の方法で行いました。

挟んで固定できるプライヤーでキャップの金属部分の先端を挟んで左右に捩じりながら引く事でようやく外すことができました。1番右側(助手席側)のプラグはキャップ廻りのスペースが狭く、結局プラグコードを全て外してようやく外すことが出来ました。

断線や接触不良を起こす可能性があるのでコードを引くことは止めたほうが良いです。この固さでコードを引いた場合は恐らくコードが切れることになると思われます。プライヤーで挟む方法もお勧めはしませんので専用工具をスポンサーリンクに貼っておきます。

次にスパークプラグを外すのですが、固着しておりプラグレンチをいくら回しても緩みませんでした。手持ちの長いパイプレンチをプラグレンチの柄の部分に挟んで回すことでようやく緩めることが出来ました。

プラグ自体は4本とも均一に焼けており、電極の摩耗も殆どなくブレーキクリーナと金属ブラシで掃除をしておきました。プラグコードを外したついでに接点部分を点検しましたが錆や汚れもなく一応、接点復活剤を塗布しておきました。

エンジンルーム点検項目

・パワーステアリング
 ベルトの緩み・損傷、他→対象外(電動パワステのためベルト無し)
・点火装置
  スパークプラグの状態、他→点検・清掃 
・バッテリ、電気配線
  ターミナル部の緩み、腐食による接続不良→目視点検。異常無し
  電気配線の接続部の緩み、損傷→目視点検。異常無し
・エンジン
  排気ガスの色→目視点検。異常無し
  CO、HCの濃度→問題なしとしてチェック(車検NGの場合は対応)
  エア・クリーナ・エレメントの汚れ、詰まり、損傷→目視点検。異常無し。清掃
・冷却装置
  ファンベルトの緩み、損傷→異常なし。
  冷却水の漏れ→リザーバタンクのMAXレベルまで補給
・燃料装置
  燃料の漏れ→異常なし
・公害散防止装置等
  この点検項目は問題なしとしてチェック(車検NGの場合は対応)
・排気ガスの状態
  エキゾーストやターボ回りからの排気ガス漏れなし。
  マフラーからの排気ガスも異常なし。
・オイル漏れ
  エンジン、ミッション回りの目視点検。異常なし

エンジンルーム点検



・ラジエーター冷却水の液量が少し下がっていたのでMAXまで蒸留水を補充しました。
・ウオッツシャー液も補充しておきます。ウオッツシャーは車検時チェックされます。
・ベルト、ホース関係の触手・目視確認OKです。
・バッテリー端子チェックOKです。状態をバッテリーチェッカーで点検OKです。
・エアクリーナ点検OKです。5万km程度で交換推奨です。 汚れや詰まりは殆どありませんが、一応エアガンで掃除しておきました。
・ついでにブレーキパッドの厚さとタイヤの溝をチェックして点検記録簿に記入しておきました。

スパークプラグ点検・清掃



関連記事