BMW X3(F25)ワイパー点検・DIYでメンテンス他

GWの天候不順で突然雨が降ることがあり、愛車のBMW X3(F25)のワイパーゴムは3年以上無交換ですので、梅雨に向けて拭き残しが出ていないか点検しました。洗車中にオートワイパーにしてフロントガラスの雨滴センサー当たりにに水を掛けてみましたが、引きずりやビビりも無く問題なさそうです。 


 念のため、PIAAの欧州車用撥水ワイパーゴムを入手しておきましたが、まだ使用できる状態でしたのでメンテンスして次回車検前に交換することにしました。

メンテナンスに当たり、スタートスイッチをON、OFFしてワイパー作動レバーを一番上側に長押ししてワイパーアームをメンテナンスポジションに移動します。 ワイパーアームを手前に立てて、ブレードを90度回転させて手前に引き出すだけでブレードを外すことができます。

ワイパーゴムを点検しても切れやヒビ割れは見当たらず、ワイパーゴム用のビビり防止剤をペーパータオルに適量付けてワイパーゴムを拭き上げるようにして塗布します。 

ビビり防止剤を乾燥させる間に、ガラス撥水剤(レインXを愛用しています)を再施工しておきました。塗布用スポンジがキーキー音がしている場所は撥水コートは剥げているようです。縦横にスポンジで塗り広げて、5分程度乾燥させてから固く絞ったマイクロファイバークロスで拭き上げて施工完了です。 

ガラス撥水剤を施工後、ワイパーアームを元に戻してウオッツシャー液で試運転してみましたが、ビビりもなく拭き上げがスムースになりました。ガラス撥水剤を施工すると新品ワイパーゴムでもビビりが発生する場合があり、ワイパーゴムはカーボン配合ゴムを使用しているPIAAの撥水ワイパーゴムを愛用しています。

因みにPIAAの撥水ワイパーゴムには長さと断面形状の異なるものが沢山ありますが、欧州車のワイパーゴムは骨をワイパーブレードに付いているものを再利用する作りになっており、断面形状を良く確認した方が良いです。嫁のポロ(6R)で使用している700mmのものが2本入っているものでAmazonで3.5千円程度です。ブレード毎交換よりコストも抑えることが出来ます。 

ついでに内窓も無水アルコールで掃除しておきました。無水アルコールは乾燥が早く拭き筋やムラになりにくく、内窓の掃除には最適だと思います。曇り防止剤はべたつくものが多く、汚れ易くなるので使用せず、エアコンをONにしてデフロスター位置にして除湿するようにしています。

BMW X3(F25)ワイパー点検・DIYでメンテンス他



関連記事

BMW X3(F25)ブレーキシステムのエラー
SSD化したBMW CICナビのマップ2020年版に更新成功
BMW X3(F25)ブレーキパッドDIY交換

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント