格安電動インパクトレンチで140Nmのホールボルトを緩められる?

毎年、愛車のBMW X3(F25)と嫁のVW POLO(6R)2台の冬タイヤと夏タイヤの交換でホールボルト緩めとジャッキアップをエアインパクトレンチを使用しています。 ホイールボルトは2台とも17mmでジャッキアップ用のソケットは21mmですので、タイヤ1か所当たりでソケットの付け替えを4回行う必要がありました。 

電動インパクトレンチの性能も良くなり、AliExpressで520Nmのトルク表示(怪しいです)のものが18Vバッテリー2個、専用充電器付きで8千円以下で入手しました。このインパクトレンチはドリル用の穴も付いており、電源コードを取り廻す必要がなく、タイヤ交換以外にも使用用途がありそうです。 
製品説明によるとタングステン鋼シャフト高硬度耐摩耗性、ブラシレスモーターで作動中にスパークを生成せず、モーターは摩耗しない。とのうたい文句でした。DIYでの使用ですので、プロユースのような耐久性は必要なく、バッテリーも急速充電は出来ませんが2個あれば十分使用に耐えそうです。

いわゆるマキタの互換バッテリーというもので、中のリチウムイオン電池セルは急速充電や大電流放電には対応していないものと思われます。
急速充電器用のコネクターはついていないので、うっかりミスも防止できますね。 

専用充電器は1.2A表示で充電時間は掛かりますが発火・爆発事故などのリスクも低いと思われますが、念のため、発火しても問題ないコンクリート床で回りに物がない場所で充電・保管するようにします。バッテリー発火以外にも不意な発火に備えて、消火器もガレージに置いておいたほうがよさそうですね。 

本題のタイヤ交換時のホイールボルトを緩められるかの検証です。嫁のポロのホイールボルト締付規定トルクが120Nm、愛車はBMW X3が140Nmです。2台とも17mmのホイールボルトですので、インパクト用のロングソケットを入手して、トルクレンチで140Nmで締付け直してから電動インパクトレンチで緩められるか試してみました。 

結果は少し時間が掛かることもあるものの問題なく緩められました。タイヤ1本当たり5本、1台で20本のボルトですが、途中でバッテリー交換の必要もなく、エアインパクトレンチのようにホースの取り回しもなく、タイヤ交換時はとても重宝しそうです。 

因みに、ポロの方も念のため緩めてみましたが問題なく緩められました。ポロのホイールボルトはアルミ製でネジ山が舐めやすいので、締付けはトルクを一番低くして締付けすぎないようにした方が良さそうです。締付トルクは3段階調整可能ですが、緩め側はトルク調整がなく、緩むと回転が止まるオートストップの機能が付いています
 

格安電動インパクトレンチで140Nmのホールボルトを緩められる?


関連記事

BMW X3(F25)ブレーキシステムのエラー
SSD化したBMW CICナビのマップ2020年版に更新成功
BMW X3(F25)ブレーキパッドDIY交換

スポンサーリンク
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント