VWポロ(6R)DIYで12ヵ月点検とエンジンオイル交換

嫁のポロ(6R)が12ヵ月点検の時期になりましたので、点検のついでにエンジンオイル交換をDIYで行いました。約1年前にエンジンオイル交換後、約3千km走行で距離的には少し早めですが、街中走行メインのシビアコンディションに相当しますのでエンジンにも過酷な夏前に交換です。
 因みにVWポロ(6R)のエンジンオイルのメーカ指定は「VW:504/100%化学合成/5W-30」というロングライフオイルの規格指定で30,000kmまたは2年まで交換不要となっています。前回交換したエンジンオイルはカストロールのC3規格 0W-30のもので日本では市販されておらず、業者からオークションで入手したものです。

VWポロ(6R)DIYでエンジンオイル交換



今回も同じエンジンオイルに交換するので、オイルフィルターの交換は見送りました。交換前にオイルレベルゲージを確認しましたが、MAXレベルを維持しておりオイル漏れ等は有りません。 前回同様に上抜き交換でオイルフィルターに残るオイルがありますので、約3.5L抜けました。エンジンオイルの色はかなり黒くなっていますね。 

新しいエンジンオイルをペール缶から2Lのオイルジョッキに移すのに、電動ドリルを動力にする水用のポンプを利用してみました。 ATFやデフオイル交換時に利用するために入手したものですが、エンジンオイルでも問題なく使用でき、ポンプの速度も電動ドリルで調整できるのでかなり便利です。

後は、オイルジョッキでエンジンオイルを抜いた量と同量エンジンに注入して、数分アイドリング後にオイルレベルを確認して交換終了です。
続いて12ヵ月点検を行いましたが、特に問題なしです。足回り点検で先日入手した電動インパクトレンチが大活躍しました。

VWポロ(6R)DIYで12ヵ月点検



エンジンルーム点検 

・パワーステアリング ベルトの緩み・損傷→対象外(電動パワステのためベルトなし)
   エアコンのコンプレッサー駆動用ベルトの目視・触手点検、問題なし 
・スパークプラグの状態 点火装置関係を点検するため、カバーを外します。 
 点火時期、ディストリビューターの状態→問題なし。
   プラグコード・接点の触手確認、緩みなどの問題なし。
 (接点復活剤を塗布しておきました)プラグ自体は車検時に点検。 
・排気ガスの状態 エキゾーストやターボ回りからの排気ガス漏れなし。
   マフラーからの排気ガスも異常なし。 
・オイル漏れ エンジン、ミッション回りの目視点検。異常なし 
・ファンベルトの緩み・損傷 電動ファンのため対象外。 
・冷却水の漏れ リザーバタンクの冷却水MAX位置で問題なし。
   エアクリーナ・エアクリーナエレメントの状態→問題なし。
   そろそろ交換時期なので、後日交換する予定です。 

室内点検

 異常があれば走行時に気づきます。全て問題なし。省略します。

足廻り点検

  最近入手した電動インパクトレンチとエアインパクトレンチを併用してタイヤを外します。 
・タイヤの溝、異常な摩耗→目視点検問題なし。溝は4本とも5ミリ以上。 
・ホイールナット・ボルトの緩み→点検後にトルクレンチで増し締め。 
・ディスクとパッドのすき間→目視点検問題なし。 
・パッドの摩耗→目視点検問題なし。(4輪とも5mm以上) 
・液漏れ→目視点検問題なし。ブレーキフルードタンクのフルード位置もMAX。 

下廻り点検

 (エンジンオイル交換時に点検済)省略します。 

日常点検項目も省略しますが、バッテリーチェックとウオッチャー液の補充をしておきました。

関連記事

VWポロ(6R)クルーズコントロールをDIYで取付け


スポンサーリンク

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント