ガレージ作業用LEDワークライトの再購入

2年程前にガレージで車弄り用に入手したLEDラークライトのバッテリーが充電不可となり、18650バッテリーの再生を行いました。原因は、消灯忘れで過放電したためと思っていたのですが、充電用USBポートの接触不良で何度か差し直しても充電出来ない状態でした。 

試しに接点復活剤をUSBポートの接点に吹きかけてみましたがダメで、USBポートの接点部分を軽く触れるとグラグラした状態で断線しているようです。USBポート内部のこの部分は部品単体での入手や修理は難しそうなこともあり、価格も2千円程度ですので再購入することにしました。 
Amazonで再購入したものは、以前に購入したものと若干色が異なりますが(赤→オレンジ)、形状や機能は同じもので価格が若干安いものです。届いた、LEDワークライト底面の黒いプラスネジを外し、蓋をスライドして18650バッテリーを確認した所、以前に購入したものと同じでした。 

内蔵されていた18650バッテリーは、1個で表記容量は2000ahとなっていました。18650バッテリー2個使用できるようですので、使用可能時間の延長を期待して、以前に購入したワークライトの内蔵バッテリーを取り外して再生後、バッテリー2個で使用してみることにしました。 

1週間程度、使用してみた感想としてはガレージ作業用途では照度も問題なくバッテリーの持ちも長くなり、照度中間位い(照度調整可能です)で3時間程度の連続点灯後でもバッテリーモニターのLEDが1個消灯する程度です。これだけバッテリーが持てば、通常のガレージ作業では問題なく使用できそうです。

製品説明(出所:Amazon)

・作業灯にも懐中電灯にもなる2way点灯:懐中電灯の様に遠くまでスポットで照らせるトップLEDライトと作業灯やデスクライトの様に周囲全体を広く照らす側面COBライトの2種類の点灯を切り替えることができる。COBによる面発光でワイドな照射:側面ライトはCOB高輝度ライト採用。COB(チップオンボード)とはLEDの光を1つにまとめることで、均一なひとつの面で発光し、光のバラつきやムラのない白色光を実現した発光方式。LED特有のつぶつぶ感を抑え、高反射、高放熱、低劣化が特徴です。 
・明るさ調整:トップLEDライトは3Wの電球が2つ、最大240ルーメンの明るさを放つ。側面COBライトは5WのCOBが付いており、最大400ルーメンの明るさを放つ。明るさの調整もボタン一つで可能。最大4.5時間連続で照射することができる。充電式で電池不要!:わずらわしい電池交換は不要。長い目で見ると、経済的にもありがたい。USB充電なので、モバイルバッテリーやパソコンから充電することも可能。電池が空の状態からでも最長4時間でフル充電できる。充電残量がひと目でわかる:「充電を忘れた」などのトラブルを防ぐことができるように、電池残量表示が付き、背面の緑色のライトが、充電残量を5段階で表示するので、充電残量が一目でわかります。 
・モバイルバッテリーとして使える:モバイルバッテリーとしても使用でき、スマートフォンなどの機器に充電が出来ます。(スマートフォンのフル充電1回分 ※機種による)停電などの緊急時、キャンプや釣りなど電源を確保できないアウトドアではとても役に立ちます。microUSB対応機器へは付属のケーブルで充電可能です。 
・全方向を照らすことができるマルチアングル:ヘッド部分が270度可動するので、照らしたい方向を無駄なく的確に照らす事ができます。可動箇所が2か所あるので、細かい微調整をすることができストレスがありません。使わない時は折りたたんでコンパクトに持ち運べます。 
・強力磁石で色々な場所に固定できる:本体底部分は強力なマグネットになっているので、金属製の棚や車のボンネット、プレハブ倉庫の壁や天井など様々な場所に貼り付けることが可能。作業中にライトを持つことなく、両手が使えるので便利です。フック付き:本体底部分にフックが付いているので、吊り下げることが可能。部屋やテントで室内灯としても使ったり、デスクライトにして読書することが可能。

ガレージ作業用LEDワークライトの再購入




関連記事

VWポロ(6R)クルーズコントロールをDIYで取付け

スポンサーリンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント