ラティスフェンスで庭の目隠し

先日、伸び放題になっていた我が家の庭木の剪定を行い隣接道路から敷地内が良く見えるようになり、防犯上の目的は達成しました。もともと目隠し用にラティスフェンスを設置していたのですが、庭木の枝がなくなることで腐食してボロボロになっていることが分かり撤去しました。 

ほぼ、新築時にラティスフェンスを設置しているので、何度か塗装はしていますが30年近く経過しているので木製にしては良くもったほうだと思います。古いラティスフェンスがなくなると、格子上のフェンスのみで隣接道路から家の中まで、まる見えに近い状態になってしまい、やはり目隠しはあった方が良さそうです。 
目隠し用に新しく用意したラティスフェンスは古いものと同じ60cm×150cmサイズのもので、CAINSで1枚2千円弱で腐食防止用に塗料を合わせて購入しました。ラティスフェンスは塗装済ですが、念のため腐食防止のために水ハジキ効果のある水性塗料を刷毛で2度塗りしてから設置しました。 

外構フェンスの格子の途中にラティスフェンス金具を蝶ネジで固定して、その上にラティスフェンスを載せて、上側はフェンスとタイラップで縛って固定しました。因みにこの金具はCAINSでは見当たらず既設のものを流用して、サビ付き防止のためネジのみ手持ちのステンレス製木ネジで固定しました。 

設置した感想としては、覗き込むようにしなければ部屋の中までは見えなくなり、程よい目隠しになったと思います。家側から見ても明るめの色にしたこともあり良い感じです。

使用した材料はCAINSのものですので、ご参考としてAmazonで見つけた人口木でより腐食しにくいと思われるラティスフェンス他をスポンサーリンクに貼っておきます。 

ラティスフェンスで庭の目隠し



蛇足になりますが、以前に庭の入り口に設置した格安監視カメラが1年以上問題なく稼働していたので、庭にも同じ監視カメラを設置しました。夜間の暗視モードでも動体感知時にLEDライトを点灯することができ、ハイビジョン映像で録画されるので非常にコストパフォーマンスが良いと思います。 

動体検知時にスマホに通知が来て、外出時もモバイル回線で映像確認することが出来ます。ガスメーターの検針の方がメータを探して庭に入った際に通知がきて映像も確認できました。アラーム音声を鳴らしたり、通話機能もあり防犯カメラとしての機能はまったく問題なしですが、電源の配線と無線LAN環境が必要です。

格安防犯カメラを庭に設置



関連記事


スポンサーリンク


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント