格安ツイーターの増設で純正カーオーディオの音が激変!

愛車のBMW X3(F25)の最近での利用はゴルフ場への往復がメインになっており、車内では昔の好きな音楽でリラックスしています。この車両のオーディオシステムは標準仕様のもので、前後左右ドアの10cmスピーカーと前席左右シート下のウーハー2台の6スピーカーです。 

音源はUSB接続のiPodかbluetooth接続のiPhoneのAAC圧縮音楽で車内で聴くには十分な音質ですが、指向性の高い高音域の不足を感じていました。ミッドレンジの同軸にツイータが付いたコアキシャルタイプも比較的安価なものが販売されておりますが、ドアスピーカーの位置を考えるとあまり改善を期待できません。 

BMW工場オプションのオーディオシステムのツイータはドアパネル上方のドアノブ前方に設置する仕様で、この位置だとやはり高音域の指向性の面で難点がありそうです。どちらかというと低音のビートが効いた音が好みで、高音域が強調されたキンキンした音が強くなりすぎるのを敬遠してツイーターの設置は見送っていました。 

どうしたものかと考えていた時に、YOUTUBEで「創造の館」さんのツイータ比較動画を拝見し、純正スピーカーにツイータを増設する音質改善をしてみることにしました。ツイータの振動板の材質やカットオフ周波数のデータ分析などオーディオマニアらしい説得力のある内容で改善後の音も自然で好みに近いものでした。

小径スピーカの低音改善のため、純正スピーカのコーン紙に木工ボンドを塗布されていましたが、施工するBMW X3(F25)はサブウーファーが付いているので見送りました。比較されていたツイータの中でダッシュボード設置、自然な高音が出やすい材質のソフトドームで高能率という条件でツイータを選択しました。
選択したツイータはAliExpressで約1.5千円で直径2.5cmのソフトドームのものです。付属のハイパスフィルターは8KHzから上とかなり高音に絞ったものとなっているとの事でしたので、推奨されてるバイポーラ(無指向性)33㎌のコンデンサーで、1.6KHz当たりから上のカットオフにして指向性の高い中音域から上をツイータで補強するようにしました。 

因みにニチコンのバイポーラ(無指向性)コンデンサーはAmazonでは見当たらず、有極性のもを入手しましたがスピーカ片側4個を並列・直列して使用することになり、ハンダ付けした足がショートするリスクや配線が嵩張るので、結局、バイポーラ(無指向性)のもをヤフオクで2個送料込みで約5百円で入手しました。 

配線は、エーモンのオーディオ用ケーブルを使用してナビヘッドユニット背面のフロントスピーカ出力端子(クワッドロック)から分岐させて、プラス側配線に無指向性コンデンサーを直列接続しました。 
ツイータ設置場所はダッシュボード両端のエアコン吹き出し口の上に両面テープで固定し、ツイータのスピーカが出来るだけ着座した耳に向かうように微調整しました。この設置位置なら、スピーカ配線をダッシュボードのすき間からナビヘッドユニット背面に通して配線を隠蔽し易く、視界の妨げにもならないのが選択した理由です。 助手席側のツイータが運転席からみると正面とはなりませんでしたが、ドーム型スピーカのためか十分に高音が聴けるので、この位置で様子をみることにしました。 

ツイータを増設した感想としては中、高音がハッキリ聞こえるようになり、ステレオ音が鮮明になり懸念したキンキンした耳障りな感じもなく自然な高音で打楽器の打撃音のキレも良くなりました。 ツイータの増設前後でカメラ内蔵マイク(一応ステレオマイク)で、YOUTUBE無料音源(MP3圧縮音源)を空気録音したもでも主にドラムの高音や打撃音の違いが分かる程、激変しました。

格安ツイーターの増設で純正カーオーディオの音が激変!




関連記事

BMW X3(F25)NBT用iDriveコントローラ換装他

ラティスフェンスで庭の目隠し

先日、伸び放題になっていた我が家の庭木の剪定を行い隣接道路から敷地内が良く見えるようになり、防犯上の目的は達成しました。もともと目隠し用にラティスフェンスを設置していたのですが、庭木の枝がなくなることで腐食してボロボロになっていることが分かり撤去しました。 

ほぼ、新築時にラティスフェンスを設置しているので、何度か塗装はしていますが30年近く経過しているので木製にしては良くもったほうだと思います。古いラティスフェンスがなくなると、格子上のフェンスのみで隣接道路から家の中まで、まる見えに近い状態になってしまい、やはり目隠しはあった方が良さそうです。 
目隠し用に新しく用意したラティスフェンスは古いものと同じ60cm×150cmサイズのもので、CAINSで1枚2千円弱で腐食防止用に塗料を合わせて購入しました。ラティスフェンスは塗装済ですが、念のため腐食防止のために水ハジキ効果のある水性塗料を刷毛で2度塗りしてから設置しました。 

外構フェンスの格子の途中にラティスフェンス金具を蝶ネジで固定して、その上にラティスフェンスを載せて、上側はフェンスとタイラップで縛って固定しました。因みにこの金具はCAINSでは見当たらず既設のものを流用して、サビ付き防止のためネジのみ手持ちのステンレス製木ネジで固定しました。 

設置した感想としては、覗き込むようにしなければ部屋の中までは見えなくなり、程よい目隠しになったと思います。家側から見ても明るめの色にしたこともあり良い感じです。

使用した材料はCAINSのものですので、ご参考としてAmazonで見つけた人口木でより腐食しにくいと思われるラティスフェンス他をスポンサーリンクに貼っておきます。 

ラティスフェンスで庭の目隠し



蛇足になりますが、以前に庭の入り口に設置した格安監視カメラが1年以上問題なく稼働していたので、庭にも同じ監視カメラを設置しました。夜間の暗視モードでも動体感知時にLEDライトを点灯することができ、ハイビジョン映像で録画されるので非常にコストパフォーマンスが良いと思います。 

動体検知時にスマホに通知が来て、外出時もモバイル回線で映像確認することが出来ます。ガスメーターの検針の方がメータを探して庭に入った際に通知がきて映像も確認できました。アラーム音声を鳴らしたり、通話機能もあり防犯カメラとしての機能はまったく問題なしですが、電源の配線と無線LAN環境が必要です。

格安防犯カメラを庭に設置



関連記事


スポンサーリンク


格安電動鋸で庭木を剪定してみた

5年程前に剪定した我が家の庭木が伸び放題になっており、防犯上問題とされる隣接道路から庭が見えない状態でしたので、以前に入手した電動鋸で剪定してみました。
使用したのは、AliExpressで入手した18Vマキタ互換バッテリーで動作する電動鋸で複数種類の刃とセットで購入しました。 刃を電動鋸の固定部分を時計反対廻りに回して差し込んで固定部分を元の位置に戻して、バッテリーを取り付ければセット完了です。 付属していた刃は4種類で、伸び放題になっていた太い枝も切断できるように木用の一番大きなサイズのものをセットしてみました。 

使用してみた感想としては、直径3cm以上の太目の枝は切断しやすかったのですが、細めの枝は固定しないと切り難いと感じました。 細めの枝は電動鋸の刃と一緒に動いてしまい、根本の動かない部分は良いのですが枝の途中で切断するのは選定ハサミを併用した方が良さそうです。 

脚立で届く部分は1時間程で剪定でき、手鋸より遥かに効率的でした。隣接道路から庭が見えない状態は解消できたので防犯面ではこれでOKです。しかし最長部が4m近い高所で脚立で届かない部分が残ってしまい、この部分の剪定は造園業者に依頼するしかなさそうです。
   

格安電動鋸で庭木を剪定してみた




庭木剪定のついでに、1階の窓に簡易防犯対策で格安なサッシ補助鍵を付けてみました。クレセントの他、窓の下に出っ張る補助錠が付いていますので、窓の上側にもサッシ補助鍵を付けて、窓からの侵入時間を長くして侵入を諦めさせることが出来る?というものです。 

使用したのはAmazonで3個入りで約1300円で販売されているもので、固定箇所を脱脂して両面テープで窓サッシに付属の両面テープ貼り付けるだけです。両面テープで固定すればワンタッチでロックできるもので、引違い窓のサッシ中央付近の窓の合わさり隙間:4mm以上10mm以下であれば使用可能とのことです。

製品説明(出所:Amazon)

商品説明:両面テープで貼るだけで防犯できます。 
・サッシ、窓の防犯・換気にお使いください。 
・施錠も解錠も押すだけの簡単操作です。 

注意:換気用としてご使用の場合は8㎝以内の間隔でご使用ください。 
・取り付け後、粘着テープがサッシ枠に完全に接着されるまで、1日ほど放置してからご使用ください。 
・本製品は防犯向上を意図した製品ですが犯罪を完全に防止するものではありません。
   

格安なサッシ補助鍵で防犯対策




洗面化粧台をDIYでリフォーム

築30年を迎える我が家では来年30年目のリフォームを予定しており、DIYで出来る部分は極力自力でリフォームしています。前回、ユニットバスの混合水栓の水漏れをDIYで修理したのに続き、洗面化粧台をDIYでリフォームしました。
既設の洗面化粧台は新築から約30年間無交換で蛇口の水漏れを修理して使用していましたが、水漏れが完全に治まらずに使用中に蛇口の付け根から水が漏れている状態でした。また洗面ボウルのホーロー塗装が剥がれて錆が出ており、そろそろ交換時期と考えていました。 

ネットで調べた所、メーカー品が直送で格安で販売されており、交換作業も難易度は高くなくDIYで交換している方もいるようです。業者に依頼した場合、総額で10万円位になりそうです。交換工事は商品代金込で恐らく3万円程度と思われますが、交換工事のみの場合はどうなるか分かりません。 

既設の洗面化粧台の設置状態を確認したところ、化粧台はネジ4本で止まっており、洗面台は水道管2本と排水管1本を外せば取外しできそうです。寸法を確認したところ、高さ180cm、幅60cmとピッタリ合いそうですが、既設のものより奥行きが15cm程少なく、洗面ボウルも小ぶりになることが分かりました。 

既設の洗面化粧台の撤去がうまく行かない場合は業者に依頼する覚悟で、楽天市場で最安値と思われるもので31千円強と価格も手ごろでしたので思い切って購入してみました。メーカ直送のため商品到着時に不在にならないように注意する必要があり、軒下渡しとのことでしたが設置する2階の玄関まで運んでいただけました。 

洗面台と化粧台の2梱包で、取付用ネジや施工説明書なども同梱されており、メーカ品ですので流石に作りもしっかりしており問題なさそうです。既設の洗面化粧台が15cm程度奥まった状態で設置されており真横の洗濯機を撤去する必要があり手こずりましたが、半日程度で交換することができ使用可能になりました。 

ついでに洗面化粧台横の壁紙も水はね汚れ防止のため、防水性のある大理石調のカッティングシートに張り替えました。粘着補強のため手持ちの両面テープを使用しました。最後に壁とのすき間をコーキングしてリフォーム完了です。撤去した洗面化粧台は分解して外階段下に仮置きしました。後日、地域のゴミ処理場に持っていく予定です。

洗面化粧台をDIYでリフォーム




ユニットバス混合水栓の水漏れをDIYで修理

築30年を迎える我が家では来年30年目のリフォームを予定しており、DIYで出来る部分は極力自力でリフォームしています。ユニットバスは破損など大きな不具合もなく、まだまだ使用できそうなのですが、混合水栓の蛇口の付け根から水漏れがあり修理しました。 

混合水栓自体の交換も考えたのですが、点検口を開けてみると15cm程度の空間しかなく混合水栓へのアクセスが難しい状況でした。業者に依頼しても混合水栓が付いている奥側は外壁で奥側からのアクセスはできないので、ユニットバスごと交換となりそうです。 

そこで、同じ型番の混合水栓の蛇口やバルブ関係を入れ替えて様子をみることにし、ネットで調べたところ同じ型番のものは見当たらず生産終了しているようです。後継品と思われる似た形状のものはあるのですが、蛇口やバルブの形状が異なり水栓全体の交換が必要となりそうです。また、2~3万円程度と結構高価です。 

ヤフオクで探してみたところ、丁度、程度の良さそうな同一品番のものが出品されており、送料込みで5千円以下で落札することが出来ました。品物が到着して確認したところ、水垢の付着も殆どなく、既設のものに比較してプラスチック部分の変色具合も少なく良い感じです。 

まず、水漏れしている蛇口部分を交換してみます。既設のものが固着しており外すのに少し苦労しましたが無事交換することが出来、水漏れも治まりました。折角なので、シャワーと蛇口の切替バルブや水温調整用プラスチックレバー、水量調整用レバー、シャワーの取付け部分と交換できる部分は全て交換しました。 
混合水栓本体は、交換が難しそうなので見送りましたが水漏れは治まり、交換したレバーの節度感も上がったので使用上の問題はまったく無くなりました。交換した部分に比較して混合水栓本体の水垢汚れがあまりに酷く、クレンザーとピカールで磨いてある程度キレイになりました。これでしばらく様子見したいと思います。

別件ですが、水回りのリフォームの一環で、洗面化粧台のDIY交換にチャレンジする予定です。楽天で品物は発注済で到着待ちの状態です。
形状が若干異なるようなので、DIYで交換が上手くいくのか若干不安な部分があり、現物をみて無理そうなら業者に依頼するかも知れません。
 

ユニットバスの混合水栓をDIYで修理