洗面化粧台をDIYでリフォーム

築30年を迎える我が家では来年30年目のリフォームを予定しており、DIYで出来る部分は極力自力でリフォームしています。前回、ユニットバスの混合水栓の水漏れをDIYで修理したのに続き、洗面化粧台をDIYでリフォームしました。
既設の洗面化粧台は新築から約30年間無交換で蛇口の水漏れを修理して使用していましたが、水漏れが完全に治まらずに使用中に蛇口の付け根から水が漏れている状態でした。また洗面ボウルのホーロー塗装が剥がれて錆が出ており、そろそろ交換時期と考えていました。 

ネットで調べた所、メーカー品が直送で格安で販売されており、交換作業も難易度は高くなくDIYで交換している方もいるようです。業者に依頼した場合、総額で10万円位になりそうです。交換工事は商品代金込で恐らく3万円程度と思われますが、交換工事のみの場合はどうなるか分かりません。 

既設の洗面化粧台の設置状態を確認したところ、化粧台はネジ4本で止まっており、洗面台は水道管2本と排水管1本を外せば取外しできそうです。寸法を確認したところ、高さ180cm、幅60cmとピッタリ合いそうですが、既設のものより奥行きが15cm程少なく、洗面ボウルも小ぶりになることが分かりました。 

既設の洗面化粧台の撤去がうまく行かない場合は業者に依頼する覚悟で、楽天市場で最安値と思われるもので31千円強と価格も手ごろでしたので思い切って購入してみました。メーカ直送のため商品到着時に不在にならないように注意する必要があり、軒下渡しとのことでしたが設置する2階の玄関まで運んでいただけました。 

洗面台と化粧台の2梱包で、取付用ネジや施工説明書なども同梱されており、メーカ品ですので流石に作りもしっかりしており問題なさそうです。既設の洗面化粧台が15cm程度奥まった状態で設置されており真横の洗濯機を撤去する必要があり手こずりましたが、半日程度で交換することができ使用可能になりました。 

ついでに洗面化粧台横の壁紙も水はね汚れ防止のため、防水性のある大理石調のカッティングシートに張り替えました。粘着補強のため手持ちの両面テープを使用しました。最後に壁とのすき間をコーキングしてリフォーム完了です。撤去した洗面化粧台は分解して外階段下に仮置きしました。後日、地域のゴミ処理場に持っていく予定です。

洗面化粧台をDIYでリフォーム