VWポロ(6R)前後撮影ドラレコのリプレース

今年7月に車検を迎える嫁のVWポロ(6R)の気になっていたドラレコのリプレースを行いました。既設のドラレコも前後撮影のものですが、リアカメラの画像が粗く周囲の動きが分かる程度でナンバープレートの読み取り難いレベルでした。


そのため、以前にフロントカメラとして使用していたドラレコを後方用に併設していたのですが吊り下げ式でルームミラーでの後方確認時に気になる大きさでした。また、衝突検知などの機能もないため、いざという時に上書きされてしまうリスクもありました。

そこで、格安アクションカメラで撮影品質を確認済のAPEMANの前後撮影ドラレコにリプレースすることにしました。丁度、Amazonでセール価格で販売されており7千円弱で入手しました。国産品に比べて半値以下でとてもコスパが高いですね。

このドラレコのリアカメラはコンパクトで後方視界の妨げになりません画素数もフロント1440P、リア1080Pのフルハイビジョン同時録画可能です。フロントはMAX 2000万画素に設定可能ですが、撮影した画像を見るとフルハイビジョンで十分です。

前後とも170度の広角レンズになっており、ソニー製センサーにより映像の明るい部分と暗い部分のバランスを自動的に調整し、低照度環境での夜間視野を大幅に向上するとの製品説明です。

内蔵Gセンサーにより車の周りの衝突または突然の加速を自動的に検知し万が一の瞬間を自動的に記録してロックする衝突映像ロック機能も付いています。マイクロSDカードは128GBまで対応で、ビデオコードをH265に設定し前後同時に録画する場合、約10時間の常時録画が可能との事です。

実際に取付けて撮影した動画は鮮明でリアの動画は若干画素数が少ないものの接近した後方車両のナンバープレートの読み取りも可能です。GPS未対応で位置情報の記録ができないので、念のため既存のドラレコのフロントのみ併設することにしました。

ドラレコ開封確認



開封確認しました。
・リアカメラ接続ケーブル。
・取付け用の内張り剥がし。
・シガーソケットプラグ付きの電源ケーブル。
・取付け用両面テープ予備、他。
・ユーザマニュアル。日本語表記ありです。
・フロントカメラ固定用ステー。吸盤式です。
・リアカメラ。
・フロントカメラ。

ドラレコ取付け確認



・リアカメラをリアガラス上側中央に両面テープで貼付けました。
・接続ケーブルをリアゲートから内張に入れて天井の内張を通してフロントカメラに接続しています。
・電源ケーブルは運転席足元のシガーソケットから運転席側Aピラーに入れて天井の内張を通して配線しています。
・フロントカメラは吸盤式の取付けステーで固定しています。
・電源を入れて動作確認OKです。

新旧ドラレコ撮影画像比較



・動画右上が別日時に撮影した旧ドラレコのリアの動画です。
・動画左上が旧ドラレコのフロント、左下が新ドラレコのフロントの画像です。
・動画右下は新ドラレコのリアの動画です。大分鮮明になり後続車のナンバープレートもなんとか読み取れます。

関連記事

"VWポロ(6R)前後撮影ドラレコのリプレース" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント