テーマ:DIY

VWポロ(6R)オートライトをDIYで取付けてみた

今年2020年4月から新型車両に義務化されたオートライトを嫁のポロ(6R)にDIYで取付けてみました。 最近になり明暗センサーがライト操作スイッチと一体化されたもので、配線やコーデイングが必要ないものが販売されていることを知りました。入手したのはAmazonでも7千円程度で販売されているものですが、同等品を約半額でAliExpre…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VWポロ(6R)クルーズコントロールの配線とコーデイング

嫁のポロ(6R)にクルーズコントロールをDIYで取付けました。取付け後、BCMコンピュータとエンジンルーム内のエンジン制御コンピュータへの配線とコーデングが必要です。クルーズコントロールユニットの取付については別記事にしていますので、そちらをご参照下さい。  <注意事項>  ・配線追加やコーディングは、オリジナルの状態に変更を加えるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VWポロ(6R)クルーズコントロールをDIYで取付け

嫁のポロ(6R)にクルーズコントロールをDIYで取付けました。BCMコンピュータとエンジンルーム内のエンジン制御コンピュータへの配線とコーデングが必要で難易度高めです。  AliExpressで入手したクルーズコントロールはMY2012-2013のポロ(6R)対応の純正クルーズコントロールレバーで取付け用ワイヤーハーネス付きです。 中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BMW X3(F25)格安スピードセンサーの動作検証

先日、愛車のBMW X3(F25)でブレーキシステムエラーが発生し、原因と思われる左フロントのスピードセンサーを交換しました。国内輸入業者から入手した社外品のスピードセンサーを使用しましたがブレーキシステムエラーは発生しなくなりました。 スピードセンサーは4輪全てに使用されており、ご存知の通りABS(アンチロック・ブレーキ・システム)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電動化したシャッターの防水対策他

先日、システムデザインさんの「スマートガレージシャッター電動化KIT」で電動化したガレージシャッターの防水化対策をしました。 自宅前の道路は坂になっており、ガレージの出入り口も傾斜が付いているため雨がガレージ内に入り易い構造になっています。ガレージ内に排水溝とポンプが付いているので、多少の水は問題ないのですが台風の大型化やゲリラ豪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BMW X3(F25)スピードセンサーをDIYで交換

先日、愛車のBMW X3(F25)で走行中、突然ブレーキシステムエラーのアラートが表示され、左フロントスピードセンサーを清掃して様子見としましたが、同じエラーが再発してしまい、スピードセンサーを交換することにしました。 スピードセンサーはAmazonで3千円程度で入手できるのですが、中国からの配送のようで3週間程納期が掛るので在庫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BMW X3(F25)ブレーキシステムのエラー

先日、愛車のBMW X3(F25)で走行中、突然ブレーキシステムエラーのアラートが表示され、タイヤ空気圧モニターも同時にエラーが表示されました。ABSが効かない状態のようで、急ブレーキを避けて慎重に運転し最寄りのディーラーへ入庫するようメッセージが出ていました。 走行モードも強制的に「コンフォートモード」に切替わりましたが普通に走…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ディーゼルウエポン」をBMW X3(F25)に入れてみた

愛車のBMW X3(F25)は2リッター4気筒のクリーンディーゼル車です。ディーゼルエンジンは圧縮比が高く高圧のインジェクターから軽油を燃焼室に吹いて爆発させるため振動やカラカラ音がガソリン車より大きくなる傾向があります。 インジェクターは精密部品で特にガソリン車でも直噴の場合は定期的な洗浄をしたほうが良く、ハイオクガソリンには洗浄剤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

15年前のエアコンをDIYで修理

先日、2005年製で15年前のエアコンがリモコンに反応しなくなり、リモコンの電池を交換してもダメで原因を調べました。この機種は全面カバーを開けると強制運転スイッチがあり、強制運転すると冷風が出てくるので室外機の故障ではなさそうです。 メーカホームページを確認すると、故障時は全面パネルのLEDランプの点灯パターンが何種類か出ていましたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

停電対策の追加(UPSのバッテリー容量増強)

台風の大型化や地震による停電リスクが高まっている状況なので、我が家では2段階の停電対策をしています。1段階目は数時間の停電時に必要最低限の電源確保のためUPS(無停電電源装置)を設置しています。 2段階目は半日を超えるような長期停電への対策で、ソーラー発電(オン・オフグリッド)と発電機の使用を想定しています。今回は1段階目のUPSによ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発電機の消音BOX改良★排気熱対その3★

台風10号で被災された方々にお見舞い申し上げます。前情報より勢力が弱まったようで事前の避難などにより大災害は避けられたようで良かったですが停電は避けられない所もあったようです。大型化する台風や地震による停電対策で導入した発電機の消音ボックスを改良しました。 先日、本格的に排気室の見直して消音ボックス内に漏れる排気ガスの排出と吸気効…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガレージ電動シャッターの防水リモコンと停電対策

先日、DIYで施工したシステムデザインさんの「スマートガレージガレージシャッター電動化KIT」のブログ投稿などのお礼として専用防水リモコンをいただきました。いただいた専用防水リモコンを購入する場合は1chタイプが税込み8.8千円、2chタイプが税込み11千円です。 当然ですが、この専用防水リモコン単体では動作しません。「スマートガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガレージシャッターをDIYで電動化

システムデザインさんの「スマートガレージガレージシャッター電動化KIT」を購入してDIYで電動化に成功しました。 別記事にも記載しましたが、シャフト直径が合わず昨年断念したのですが、48mm対応を始められたとのご連絡があり適合可能とのことで再トライです。 電動シャッターを新設する場合は20万円以上掛るようで、ガレージ用の大型だと30万…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガレージシャッターの電動化前メンテナンス他

1年程前にシステムデザインさんのスマートガレージガレージKITの導入をトライしましたが、センターシャフト径が合わずに断念しました。シャフト直径が34mmと43mmに対応となっており、自宅のガレージシャッターのシャフトは直径が大きく適合しませんでした。 先日、システムデザインさんから当方ブログに48mm対応はじめられた旨のご連絡をいただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外階段タイルの目地入れ、ブリックタイルの補修他

20年以上前に外階段の滑り止めにDIYでタイルを貼っています。タイル用接着剤で貼付けていますが剥がれや割れの不具合はありません。目地を入れていなかったのでゴミが溜まり易く、見た目も良くないので目地入れを行いました。 目地入れ前に、外階段の鉄部分の錆が出ていたので、錆を落としてから錆転換剤を塗布して錆止め塗料で上塗りしておきました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酷暑日に発電機でエアコンが起動できるか検証してみた

猛暑、熱帯夜が続き浜松で41.1度の歴代最高気温を記録し関東でもエアコンが欠かせない状況となっています。この状況で長期停電となると家の中でも熱中症の危険が高くなり、何等かの対策が必須になると思います。 追記:2020/8/19酷暑日という表現は気象庁の用語定義にないようです。最高気温がセ氏35度以上の日を「猛暑日」という定義で40度を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発電機の消音BOX改良★排気熱対その2★

先日、空き缶を利用して発電機の消音ボックスの排気室を改良したのですが、排気室の容量が少なく排気効率に問題がありそうでした。そこで本格的に排気室を見直して消音ボックス内に漏れる排気ガスの排出と吸気効率を上げるための電動ファンの増設を行うことにしました。 排気室用に用意した材料は、厚さ0.5mmと0.8mmのアルミ板(300mm×40…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガレージの防犯カメラをUPSに接続(期待バックアップ時間12H)

通信機器の落雷サージ対策と停電時のバックアップ用UPSを見直したのに伴い、従来使用していたAPCのRS550と解放型の自動車用鉛バッテリーをガレージに移設しました。 ガレージは日中シャッターを開けた状態なので風通しは確保されるので解放型バッテリーを設置しても大丈夫だと思います。念のため、風通しの良さそうな既設ラックの比較的高い場所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通信機器バックアップ用UPSの見直し(期待バックアップ時間10H)

光インターネット回線の終端装置やWIFIモデム他の通信機器の落雷サージ対策と停電時のバックアップ用にUPSを設置しています。APCのRS550というUPSを使用してバッテリーを車用の安価な5時間率28ahの鉛バッテリーに交換していました。 使用していた車用の鉛バッテリーは開放型のものですが、通常は殆ど充放電が無く約1年以上利用して劣化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BMW X3(F25)オートリアゲートの動作不良をDIYで修理できた

先日、愛車のBMW X3(F25)に久々に乗った時にオートリアゲートが動作しないことに気づきヒューズを調べましたが切れていませんでした。 リアゲートの開閉スイッチはカチカチ音がするので、コントロールユニットが怪しいと思いトランクルーム内の場所を探してみました。 E70型X5の場合は、リアフューズBOXのすぐ傍にありアクセスしやすい場所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発電機の消音BOX改良(排気熱対策)

先日、発電機の消音BOXについて製作方法を動画で解説しました。先延ばしになっていた排気熱対策の改良をしたので対策部分を説明します。 排気側のガラリが排気熱で少し変形していたので、ガラリを外して内部を確認してみました。どうも排気ボックスの位置が発電機のマフラーからずれていたようで、直接ガラリに排気ガスが当たっていたようです。 1時間位…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発電機の消音BOXをDIYで製作する方法

発電機の消音BOXについて、製作方法を知りたいとのコメントを頂きましたが製作時に撮影した動画がなく製作済の動画で解説します。 2年程前に製作したもので、細かな部分は現物合わせで対応しているので覚えている範囲での説明となりますのでご了承下さい。 発電機は発熱するので熱対策が必要ですが、不十分な状況で冷却ファンを増設する計画中です。撮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミドルアイアンリシャフト後の飛距離測定

先日、リシャフトした2016年モデルCALLAWAY APEX PROのミドルアイアン(7I、6I、5I)の飛距離測定を行いました。新型コロナウイルスの自粛期間が長く体力低下が顕著で、ロフト角も異なるので以前のデータとの比較はあまり参考にならない可能性もありますのでご了承下さい。 打ってみた感想としては、ショートアイアンの流れでヘ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミドルアイアンを入替てDIYでリシャフトしてみた

現在使用中のアイアンセットは2016年モデルのCALLAWAY APEX COMBOで、ミドルアイアンとショートアイアンが異なるヘッドが装着されています。PW、9I、8IのショートアイアンがForgedのPROモデルで7I、6I、5Iのミドルアイアンがカップフェース構造のスタンダードモデルになっています。 ショートアイアンが非常に打ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大活躍!オフグリッドソーラー蓄電の充電自動化

先日、車の古バッテリーを利用したオフグリッドソーラー蓄電のバッテリーが寿命を迎え100ahのディープサイクルバッテリーを導入しました。100Wのソーラーパネル1枚で充電してしているのですが晴れ日中で5~6A(60~70W)程度の充電量で曇りが続くと充電不足になります。 24時間、防犯カメラの電源供給をしているため、夜間に電圧低下でイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オフグリッドソーラー蓄電のインバーター電源スイッチ増設他

先日DIYで作成した18650リチウムイオン電池48本の12V蓄電池に正弦波400Wインバーター経由で24時間稼働の防犯カメラを駆動しています。 約50ahの容量で、100Wソーラーパネルからの充電では曇りが続くと充電不足となるため100ahのディープサイクルバッテリーを増設しました。 ディープサイクルバッテリーも同じソーラーパネルか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洗車用の純水(軟水)器を2連結にしてみた

車の洗車でウオータースポット防止のために導入している純水(軟水)器の陽イオンフィルターを半年程前に再生しました。再度、硬度指示薬で確認した所ほとんど水道水と同じ状態になっていました。 車2台ということもありますが半年持たないということになります。そこで、同じ純水(軟水)器をもう1台入手して2連結にしてみました。単純にフィルターの寿命が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VWポロ(6R)ユーザ車検一発合格★費用48千円

嫁のVWポロ(6R)が車検時期になり、走行距離少なくどこも不具合はないので愛車のBMW X3に続きユーザ車検にトライしました。 結果は1回目であっさり合格しました。この車両は重量税が減免されている事もあり費用は約48千円で済みました。  掛った費用・自賠責保険:21550円(前回より若干安くなっていました)・重量税:  2460…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

VWポロ(6R)車検前点検整備⑤最終点検とサービスインターバルリセット

今年7月に車検を迎える嫁のVWポロ(6R)の車検前点検と整備を少しずつ始めました。24か月点検その5です。ユーザ車検を朝一番の時間枠で予約したので、前日に最終点検とサービスインターバルのリセットを行いました。 ライト関係の点灯確認です。車検時に偶然球切れになるケースもまれにあるようで直前の点検です。フォグライトとテール・ブレーキラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VWポロ(6R)車検前点検整備④エンジンルーム点検

今年7月に車検を迎える嫁のVWポロ(6R)の車検前点検と整備を少しずつ始めました。24か月点検その4です。エンジンルームルームの点検とスパークプラグの清掃・接点メンテンスを行いました。 スパークプラグ点検以外は触手・目視点検ですのでスムースに行えましたがスパークプラグを外すのに一苦労しました。いかにも触るなと言わんばかりの狭い部分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more