テーマ:資産運用

新型コロナウイルス暴落相場で学んだ教訓

総資産の約1/3を国内株式、約1/6を外貨定期預金で資産運用しているのですが、今回の新型コロナウイルス大暴落で瞬間的に投資総額の15%以上の含み損となり、反発後の3月末の期末配当権利落ち日の本日時点でも10%弱の含み損の状態です。 株式の投資方針は基本的に配当、株主優待の条件の良い銘柄をで現物で長期保有ですので、売却する予定はない…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

JT(日本たばこ産業)株の配当と優待が凄い

米中貿易戦争の懸案が縮小したことで、国内株式市場も上昇して昨年10月の高値を回復しそうな状況になってきました。高配当株を中心にNISAで投資をしているのですが、その中でも突出して配当率の高いJT(日本たばこ産業)について記事にします。  主力事業のタバコ事業は縮小しているものの、海外のタバコ事業と食品・医薬品などへの多角化を進めている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

期間限定!夏のボーナスキャンペーン定期預金

退職金特別金利の定期預金の期間が終わり、夏のボーナスキャンペーンで定期預金に預けました。国内株式、外貨定期、国債、投資信託もやっており、総資産の半分程度は元本保証の定期預金にすることにしました。 低金利が続いているので、少しでも条件の良いものを調べましたが、長期間預けてもほとんど利息が付かないのですね。世界経済の先行きが不透明な状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

退職特別金利の円定期満期と外貨定期預金

三井住友信託銀行の退職者向け特別金利(3か月物0.8%)の円定期が満期になりました。10月から年金定期便で資産プラン相談すると3か月もので+0.1%(0.9%)になるとのことでしたので、再度預けることにしました。新規資金限定のため、明日他行から振込み後、申込予定です(窓口申込のみ)。 https://www.smtb.jp/per…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

NISAとiDeCo

資産運用に当たり、金融商品の勉強をはじめました。まずは、銀行の退職金特別プランで定期金利優遇があり、2つの銀行に3か月定期で預けて、その間に満期後の運用について考えることにしました。ちなみに大手銀行の3か月定期の特別金利は、最大で0.8%。低金利時代とは言え、やらないよりましといった程度です。 NISA 次にNISA口座を開設し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more